小川 剛生 (オガワ タケオ)

Ogawa, Takeo

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(文学系) (三田)

職名

教授

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • '''''''中世和歌史の研究,中世古典学の研究,中世廷臣諸家蔵書の研究'''''''

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    熊本大学文学部講師

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

    熊本大学文学部助教授

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    国文学研究資料館文献資料部助教授

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    国文学研究資料館文学資源研究系助教授

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    国文学研究資料館文学資源研究系准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月

    慶應義塾, 文学部, 国文学専攻

    大学, 卒業

  • 1997年03月

    慶應義塾, 文学研究科, 国文学

    大学院, 退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学), 慶應義塾, 論文, 2000年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本文学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 摂関家と室町幕府, 

     

  • 歌道家と公家政権, 

    1997年
    -
    継続中

  • 宮廷行事を描いた仮名日記, 

    2002年
    -
    2004年

  • 禁裏蔵書の形成と伝来, 

    2003年
    -
    2008年

  • 戦国大名と文藝, 

    2008年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 二条良基

    小川 剛生, 吉川弘文館, 2020年02月,  ページ数: 328

  • 兼好法師—徒然草に記されなかった真実

    小川 剛生, 中央公論新社, 2017年11月,  ページ数: 258

  • 中世和歌史の研究─撰歌と歌人社会

    小川 剛生, 塙書房, 2017年05月,  ページ数: 722

     概要を見る

    勅撰作者部類の翻刻と索引を付す。

  • 徒然草をよみなおす

    小川剛生, 筑摩書房, 2020年10月,  ページ数: 191

  • 足利義満—公武に君臨した室町将軍

    小川 剛生, 中央公論新社, 2012年08月,  ページ数: 298

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 句題和歌と唐宋詩—出典から見た問題

    小川剛生

    芳澤元編『室町文化の座標軸 遣明船時代の列島と文事』 (勉誠出版)     201 - 229 2021年10月

    研究論文(その他), 単著

  • 詩に「和韻」する歌—駿河在国期の三条西実澄

    小川剛生

    日本文学研究ジャーナル(特集 室町戦国の文芸と史料) (古典ライブラリー)  19   86 - 102 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 氏康の教養と文芸

    小川剛生

    黒田基樹編『戦国大名の新研究2北条氏康とその時代』 (戎光祥出版)     82 - 107 2021年07月

    研究論文(その他), 単著

  • 称名寺における兼好—詠五十首和歌・和歌詠草(仮題)の考察

    小川剛生

    佛教文學  ( 46 ) 52 - 68 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 西行上人集の伝来

    小川剛生

    浅田徹・小川剛生・兼築信行・神作研一・田渕句美子・堀川貴司編『和歌史の中世から近世へ』 (花鳥社)     381 - 399 2020年11月

    研究論文(その他), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 尚侍藤原頊子(万秋門院)と後宇多院

    小川剛生

    『日本歴史』編集委員会編『恋する日本史』 (吉川弘文館)     100 - 113 2021年02月

    総説・解説(その他), 単著

  • 積翠寺蔵和漢聯句「心もて」注釈—天文十五年の武田晴信・三条西実澄・妙心寺派禅僧

    小川剛生

    三田國文 65   116 - 138 2020年12月

    研究論文, 単著

  • 《学界時評・中世》二〇一九年度

    小川剛生

    アナホリッシュ國文学 (響文社)  9   101 - 102 2020年11月

    書評,文献紹介等

  • 武士と和歌—題詠をめぐって

    短歌研究 77 ( 7 )  2020年07月

    総説・解説(その他), 単著

  • 歩む良基、走る師良—摂関たちの身体

    小川剛生

    本郷 (吉川弘文館)  147   11 - 13 2020年05月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 菟玖波集の全注釈による、古連歌古俳諧に見る中世社会の慣習風俗についての研究

    2021年04月
    -
    2026年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小川 剛生, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 郷土史料を活用した戦国大名文芸の注釈と研究―上杉氏・武田氏を中心に

    2017年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小川 剛生, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 『勅撰作者部類』校本作成による中世の人名表記原則の研究

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小川 剛生, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    鎌倉後期、藤原盛徳が編んだ、3000 人あまりの勅撰歌人の伝記を身分階層別に収める、勅撰作者部類の伝本調査と諸本の比較、本文批判の結果、宮内庁書陵部蔵御所本(後西天皇宸筆外題)を底本として翻刻、数本で校合して、現時点で信頼の置ける本文を復原した。
    さらに江戸前期に榊原忠次の手で勅撰作者部類を後補する形で成立した、続作者部類についても編者自らが修訂してかつ最善本である国立歴史民俗博物館蔵高松宮家伝来禁裏本の全文を翻刻した。以上の研究成果は2017年5月刊の著書『中世和歌史の研究 撰歌と歌人社会』に収録されて刊行、そこでは勅撰歌人索引をも併せて編纂し、利用の便宜を図った。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第25回日本古典文学会賞

    小川 剛生, 1999年06月, 財団法人日本古典文学会

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

     説明を見る

    「室町期の即位灌頂-東山御文庫蔵「後福照院関白消息」をめぐって」(熊本大学文学部論叢59 1998年3月)による。

  • 第28回角川源義賞

    小川 剛生, 2006年12月, 角川文化振興財団

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

     説明を見る

    『二条良基研究』(笠間書院 2005年)による。

  • 第3回西脇順三郎学術賞

    2018年06月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(中公新書 中央公論新社 2017年)による。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国文学研究Ⅵ

    2021年度

  • 国文学研究Ⅴ

    2021年度

  • 国文学特殊研究Ⅳ

    2021年度

  • 国文学特殊研究Ⅲ

    2021年度

  • 国文学演習Ⅵ

    2021年度

全件表示 >>