大串 尚代 (オオグシ ヒサヨ)

Ogushi, Hisayo

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(文学系) (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中

    文学部助手

  • 2004年04月
    -
    2004年07月

    お茶の水大学COE客員研究員

  • 2004年09月
    -
    2005年07月

    ブラウン大学アメリカ研究学部訪問研究員

  • 2005年09月
    -
    2005年12月

    ファイヴ・カレッジ女性学研究所研究員

  • 2006年04月
    -
    2013年03月

    文学部准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2001年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(文学), 慶應義塾, 課程, 1994年03月

  • 博士(文学), 慶應義塾, 課程, 2001年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 英米・英語圏文学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • アメリカ女性文学 ジェンダー研究 日本少女文化 

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『身体と情動−−アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス』

    大串 尚代, 流彩社, 2016年04月

    担当範囲: 「呪術師の杖−−リディア・マリア・チャイルド『フィロシア』における魂の再生手術」39-58

  • 『生命の教養学11−−性』

    大串 尚代, 慶應義塾大学出版会, 2015年09月

    担当範囲: 「文学とジェンダー−−女性が書くこと、女性が読むこと」215-38

  • 『越境する女−−19世紀アメリカ女性作家たちの挑戦』

    大串 尚代, 開文社, 2014年03月

    担当範囲: 「もうひとりの女性異端者−−エライザ・バックミンスター・リーの『ナオミ』における異端とリベラル・イマジネーション」23-45

  • 『アメリカン・ヴァイオレンス』

    大串 尚代, 彩流社, 2013年05月

    担当範囲: 「イヴの娘たちの不合意書−−ジョイス・キャロル・オーツ『レイプ−−ある愛の物語』における性暴力と主体の行方」93-120

  • 『文献学の世界−−書物の来歴と読者の役割』

    大串 尚代, 慶應義塾大学文学部, 2013年03月

    担当範囲: 「海を渡るヒロインたち−−日本における翻訳小説と少女マンガ」149-62

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • “Little Lord of Sutpen’s Hundred: Building up a ‘Family Plot’ in Absalom, Absalom!”

    大串 尚代

    The Geibun Kenkyu 113   108 - 120 2017年

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • “Little House in the Far East: The American Frontier Spirit and Japanese Girls’ Comics”

    大串 尚代

    The Japanese Journal of American Studies 27   21 - 44 2016年

    査読有り

  • 「小公子エティエンヌ−−『アブサロム、アブサロム!』における娘の選択」

    大串 尚代

    『フォークナー』  ( 18 ) 62 - 77 2016年

  • 「世界の真下で—ポーとボウルズのトラベル・ナラティヴ」

    大串 尚代

    『ポー研究』  ( 5-6 ) 28 - 37 2014年

  • 「子どもの作り方−−『女の子の本』と『トム・ソーヤーの冒険』における愛の規律」

    大串 尚代

    『マーク・トウェイン—研究と批評』  ( 12 ) 28 - 35 2013年

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • American Frontier Spirit and Japanese Girls’ Comics

    大串 尚代

    12th International Congress of Japanese Studies/ 25th National Meeting of University Professors of Japanese Language, Literature, and Culture (Campinas, Sao Paolo) , 2018年08月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「囚われたのは誰か—キャサリン・マリア・セジウィック『ホープ・レスリー』 におけるポカホンタス表象を中心に」

    大串 尚代

    日本アメリカ文学会東京支部12月例会, 2017年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • “American Heroines in Japan: American Domestic Novels and the Formation of Japanese Girls Culture.”

    大串 尚代

    Society for the Study of American Women Writers 2017 Conference, 2017年07月, 口頭(一般)

  • 「ワンダーウーマンとは誰か?−−スーパーヒロインと20世紀アメリカ」

    大串 尚代

    日本アメリカ学会, 2016年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • “Uncannily Cute Cats: Reconsidering Japanese Kawaii Culture in Shojo Manga and Animations.”

    大串 尚代

    Experience Japan Exhibition 2014 (London) , 2014年11月, 口頭(基調)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日本の少女文化におけるアメリカ表象の歴史的意義

    2017年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大串 尚代, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • アメリカン・モビリティの思想史

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大串 尚代, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では、19世紀から現代のアメリカ文学・文化におけるモビリティ(移動性)の歴史的経緯を繙きながら、モビリティの修辞的意義を再考しつつ、いかにこの概念がアメリカの国家的イデオロギーと連動していたかを再検討することを目的とし、「性差・セクシュアリティ」「人種」の批評的枠組みおよび「大陸」「諸島」の地理的概念を援用しながら考察を深めてきた。研究代表者の大串は主に移動が性差によって異なる意味を持つことを考察し、また研究分担者である新田は移動手段が進化したモダニズム期における人種と移動を分析し、同じく研究分担者の下河辺は島を中心に海洋という移動の場のもつ意味を再考察した。

  • 19世紀アメリカ東海岸におけるユニテリアニズムを中心とした宗教と性差の研究

    2008年04月
    -
    2012年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

Works 【 表示 / 非表示

  • 女だけが知っているーー女性にみる男性同性愛嗜好とセクシュアリティを考える

    大串 尚代

    2011年05月
    -
    継続中

    その他

  • Robert Hamblin, and Melanie Speight ed. Faulkner and Twain

    大串 尚代

    2011年04月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 新人小説月評「自分の世界のあり方を問う」

    大串 尚代

    2011年03月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 新人小説月評「書くこととはなにか」

    大串 尚代

    2011年02月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 亀井俊介監修『マーク・トウェイン文学/文化事典』

    大串 尚代

    2010年12月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 現代英米文学特殊講義Ⅱ

    2019年度

  • 現代英米文学特殊講義Ⅰ

    2019年度

  • 現代英米文学特殊研究演習Ⅱ

    2019年度

  • 現代英米文学特殊研究演習Ⅰ

    2019年度

  • 米文学演習Ⅷ

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Lydia Maria Child Society, 

    2015年09月
    -
    継続中
  • 日本アメリカ学会, 

    2009年04月
    -
    継続中
  • 日本英文学会関東支部, 

    2008年04月
    -
    2011年03月
  • 日本ポー学会, 

    2007年04月
    -
    継続中
  • 日本マーク・トウェイン協会, 

    2004年05月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    編集委員, 日本アメリカ学会

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    編集委員, 日本英文学会関東支部

  • 2007年04月
    -
    継続中

    編集委員, 日本ポー学会

  • 2004年05月
    -
    継続中

    編集委員, 日本マーク・トウェイン協会