上枝 美典 (ウエエダ ヨシノリ)

UEEDA Yoshinori

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(哲学系) 哲学専攻 (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • トマス・アクィナスを中心とした西洋中世哲学研究および現代認識論研究

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2011年03月

    福岡大学 人文学部

  • 2011年04月
    -
    継続中

    慶応義塾大学 文学部

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    京都大学, 文学研究科, 西洋哲学史(中世)

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1996年12月

    フォーダム大学, 哲学研究科, 哲学

    アメリカ合衆国, 大学院, 退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士, 京都大学, 課程, 1987年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 哲学・倫理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • トマス・アクィナス

  • 現代認識論

  • 西洋中世哲学

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 現実性をめぐって ——トマスの方から

    上枝美典

    アルケー 関西哲学会年報  ( 25 ) 4 - 15 2017年08月

    研究論文(学術雑誌)

  • トマスにおける神の知の不変性と時間の認識

    上枝 美典

    中世思想研究 (中世哲学会)   ( 58 ) 17 - 30 2016年10月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • トマスの神はエッセのイデアか

    上枝 美典

    中世思想研究  ( 55 ) 96 - 106 2013年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 現実性としてのエッセ再考

    上枝 美典

    アルケー 関西哲学会年報  ( 21 ) 37 - 48 2013年06月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • トマスにおける存在と現実性

    上枝 美典

    中世における論理学、神学、心理学 (Belgium: Brepols)     245-259 2009年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Aquinas on Esse and Actuality

    Yoshinori Ueeda

    Philosophy Department Colloquium (Saint Louis University) , 2019年02月, 口頭(招待・特別), Philosophy Department

  • 現実性をめぐって −トマスとスピノザ

    上枝美典

    関西哲学会 (大阪大学) , 2016年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 関西哲学会

  • トマス・アクィナスにおける「光の形而上学」の可能性

    上枝美典

    慶應義塾大学言語文化研究所公募研究「西洋文化における光の形而上学と言語哲学の交錯をめぐる総合的研究」研究会, 2015年12月, 口頭(一般)

  • トマスにおける神の知の不変性と時間の認識

    上枝美典

    中世哲学会 (名古屋工業大学) , 2015年10月, 口頭(一般), 中世哲学会

  • トマスの神はエッセのイデアか

    上枝 美典

    中世哲学会 (文教大学) , 2012年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 哲学原典研究Ⅳ

    2020年度

  • 哲学原典研究Ⅲ

    2020年度

  • 哲学Ⅱ

    2020年度

  • 哲学Ⅰ

    2020年度

  • 哲学特殊研究演習Ⅱ

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 中世哲学会

     
  • 日本哲学会

     
  • 京大中世哲学研究会

     
  • 西日本哲学会

     
  • 関西哲学会

     

全件表示 >>