English
慶應義塾大学 
医学部 
臨床薬剤学 

教授 
谷川原 祐介 
タニガワラ ユウスケ 
TANIGAWARA YUSUKE 

J-GLOBALへのリンク

経歴
京都大学医学部附属病院 助手(薬剤部)  1985/08-1990/06 
京都大学医学部附属病院 講師(薬剤部)  1990/07-1993/11 
文部省在外研究員(英国マンチェスター大学)  1991/12-1992/09 
神戸大学医学部附属病院 助教授・副薬剤部長(薬剤部)  1993/12-1998/03 
慶應義塾大学病院薬剤部長(併任)  1998/04-2007/09 
慶應義塾大学医学部 教授(薬剤部)  1998/04-2009/03 
慶應義塾大学大学院医学研究科修士課程 委員(薬剤学)  1998/05-現在 
慶應義塾大学医学部治験管理センター副部長(兼任)  1999/05-2007/09 
慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 委員(薬剤学)  2003/04-現在 
慶應義塾大学医学部 教授(臨床薬剤学教室)  2009/04-現在 
独立行政法人理化学研究所 客員研究員  2012/10-現在 

学歴
京都大学  薬学部  製薬化学科  1978/03  卒業 
京都大学  薬学研究科  修士  1980/03  修了 
京都大学  薬学研究科  博士  1983/03  単位取得退学 

学位
薬学博士  京都大学  1984/09/25 

学術受賞歴(賞、称号)
日本医療薬学会 学術貢献賞  TDMの学術的基盤と臨床適用拡大をめざした研究  2015/11 
JSSX Fellow  2011/11 
日本TDM学会 「TDM研究」優秀論文賞  2011/06 
日本薬物動態学会 優秀論文賞  2010/10 
日本薬剤学会 優秀論文賞  2009/05 
詳細表示...

免許・資格
薬剤師  1981/12 
日本臨床薬理学会 認定薬剤師  1998/01 
日本臨床薬理学会 指導薬剤師  1999/01 
日本医療薬学会 認定薬剤師  1999/01 
日本医療薬学会 指導薬剤師  1999/01 
日本病院薬剤師会 がん専門薬剤師  2006/04 
日本医療薬学会 がん指導薬剤師  2010/01 
日本医療薬学会 がん指導薬剤師  2016/01 

研究分野
医療系薬学 

研究業績(著書)
Therapeutic Drug Monitoring in Oncology: International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology Recommendations for 5-Fluorouracil Therapy  J.H. Beumer, E. Chu, C. Allegra, Y. Tanigawara, G. Milano, R. Diasio, T.W. Kim, R.H. Mathijssen, L. Zhang, D. Arnold, K. Muneoka, N. Boku, M. Joerger  Clin. Pharmacol. Ther  2018 
免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン2018[臓器移植編]  谷川原祐介,日本TDM学会・日本移植学会編  金原出版  2018/10/10 
医薬品開発の新しい潮流:ファーマコメトリクス  谷川原 祐介  54/5,387  ファルマシア  2018/05/01  2189-7026 
今日の治療指針2018年版:薬物治療モニタリング(TDM)  谷川原祐介,鈴木小夜  1793-1811  医学書院  2018/01 
今日の治療指針2017年版:薬物治療モニタリング(TDM)  谷川原祐介,鈴木小夜  1726-1742  医学書院  2017 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
共著  Pharmacodynamic analysis of eribulin safety in breast cancer patients using real-world postmarketing surveillance data  T. Kawamura, H. Kasai, V. Fermanelli, T. Takahashi, Y. Sakata, T. Matsuoka, M. Ishii, Y. Tanigawara  Cancer Science  Wiley  109, 2822-2829  2018/06/20 
Modeling and simulation of bone mineral density in Japanese osteoporosis patients treated with zoledronic acid using tartrate-resistant acid phosphatase 5b, a bone resorption marker  Y. Mori, H. Kasai, A. Ose, M. Serada, M. Ishiguro, M. Shiraki, Y. Tanigawara  Osteoporosis International  29/ 5, 1155-1163  2018/02/11  10.1007/s00198-018-4376-1 
共著  Clinical Factors Predicting Detection of T790M Mutation in Rebiopsy for EGFR-Mutant Non-small-cell Lung Cancer  T. Kawamura, H. Kenmotsu, S. Omori, K. Nakashima, K. Wakuda, A. Ono, T. Naito, H. Murakami, K. Omae, K. Mori, Y. Tanigawara, T. Nakajima, Y. Ohde, M. Endo, T. Takahashi,  Clin Lung Cancer  19/ 2, 247-252  2017/08/10  10.1016/j.cllc.2017.07.002 
共著  The effects of advanced age and serum alpha1 -acid glycoprotein on docetaxel unbound exposure and dose-limiting toxicity in cancer patients  H. Kenmotsu, C.K. Imamura, A. Ono, S. Omori, K. Nakashima, K. Wakuda, T. Taira, T. Naito, H. Murakami, T. Takahashi, Y. Tanigawara  Br. J. Clin. Pharmacol  83/ 11, 2416-2425  2017/07  10.1111/bcp.13354 
Population Pharmacokinetics of Diazoxide in Children with Hyperinsulinemic Hypoglycemia  R. Kizu, K. Nishimura, R. Sato, K. Kosaki, T. Tanaka, Y. Tanigawara, T. Hasegawa  Horm. Res. Paediatr.  88/ 5, 316-323  2017/07/14  10.1159/000478696 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  1-methylnicotinamideは大腸がん細胞LDL-1におけるトリフルリジン耐性の代謝マーカーとなりうる  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/27  大阪 
口頭発表(招待・特別)  The latest development and trend of international TDM  The 8th International Xiangya Clinical Pharmacy Forum And 2018 Training Courses on TDM Technology and Clinical Translation Agenda  2018/09/07 
ポスター発表  小児高インスリン性低血糖症におけるジアゾキシドの母集団薬物動態解析および曝露-応答解析  第38回日本臨床薬理学会学術総会  2017/12/09 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  薬物濃度モニタリング(TDM)に基づく投薬個別化  第55回日本癌治療学会学術集会  2017/10/21 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  PK/PDモデリング&シミュレーションの活用  第55回日本癌治療学会学術集会  2017/10/20 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  併用抗がん剤の感受性の判定マーカー(3130-JP)  2018-185142  2018/09/28 
特許  イリノテカンを含む抗がん剤療法の感受性判定マーカー(3047-JP-Y)  2018-185152  2018/09/28 
特許  抗がん剤の感受性判定マーカー(1897-EP-D2)  18190252.9  2018/08/22 
特許  併用抗がん剤の感受性判定マーカー(2104-JP-D2-D)  2018-140929  2018/07/27 
特許  併用抗がん剤の感受性判定マーカー(2104-JP-D2)  2018-140928  2018/07/27 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
学術貢献賞  TDMの学術的基盤と臨床適用拡大をめざした研究  2015/11 
JSSX Fellow  2011/11 
「TDM研究」 優秀論文賞  2011/06 
優秀論文賞  2010/10 
優秀論文賞  2009/05 
詳細表示...

社会活動
公益財団法人 日本感染症医薬品協会  2013/10-現在 
財団法人 がん集学的治療研究財団  2010/04-2011/03 
財団法人 薬学研究奨励財団  2007/07-2008/06 
財団法人 日本抗生物質学術協議会  2007/04-現在 
財団法人 国際医学情報センター  1998/07-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本小児臨床薬理学会  2011/10-現在 
Cancer Science Editor  2010/01-現在 
日本癌学会  2009/01-現在 
日本人類遺伝学会  2008/03-現在 
日本臨床腫瘍学会  2007/04-現在 
詳細表示...

委員歴
日本臨床腫瘍学会  協議員  2017/07-2021/07 
日本TDM学会  TDMガイドライン策定委員会・委員長  2016/12-2018/11 
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員  2016/12/01-2017/11/30 
厚生労働省  先進医療会議・技術専門委員  2016/10/01-2020/11/29 
The Japanese Journal of Antibiotics  編集委員  2016/10/01-2019/09/30 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら