English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
細田 衛士 
ホソダ エイジ 
HOSODA EIJI 

1953年生まれ  

経歴
大学助手(経済学部)  1980/04-1987/03 
大学学生部委員(三田支部)  1985/10-1987/09 
大学助教授(経済学部)  1987/04-1994/03 
大学学生部副部長(三田支部)  1993/10-1994/09 
大学院経済学研究科委員  1994/04-現在 
大学教授(経済学部)  1994/04-現在 
大学学生総合センター学生部門副部長(三田支部)  1994/10-1995/09 
大学経済学部運営委員  1995/10-1997/09 
大学経済学部運営委員  1999/10-2001/07 
大学経済学部学習指導主任  1999/10-2001/07 
大学院経済学研究科委員長  2001/07-2001/09 
大学経済学部長  2001/07-2001/09 
大学院経済学研究科委員長  2001/10-2003/09 
大学経済学部長  2001/10-2005/09 

学歴
慶應義塾大学  経済学部  1977/03/31  卒業 
慶應義塾大学  経済学研究科  修士  1979/03/31  修了 
慶應義塾大学  経済学研究科  博士  1982/03/31  単位取得退学 

学位
博士  慶應義塾大学  2008/01/24 

学術受賞歴(賞、称号)
環境科学会学会賞  2016/09/08 
環境経済・政策学会学術賞  2009/09/26 
環境保全功労者章  2006/06/12 
廃棄物学会著作賞  2001/05/28 
慶應義塾賞  1994/11/16 
詳細表示...

研究分野
理論経済学 

研究業績(著書)
The Economics of Waste Management in East Asia  細田 衛士  Routledge  2016  978-1-138-805989 
環境と経済の文明史  細田 衛士  280  NTT出版  2010/03/30  978-4-7571-2260-4 
資源循環型社会 -制度設計と政策展望  細田 衛士  383  慶應義塾大学出版会  2008/04/30  978-4-7664-1434-9 
環境制約と経済の再生産 -古典派経済学的接近-  細田 衛士  東京・慶應義塾大学出版会  2007/06/10  978-4-7664-1357-1 
グッズとバッズの経済学  東洋経済新報社  1999  いわゆる廃棄物をバッズとして捉え、マイナスの価格をもつ素材として考え、新しい経済分析を提示した。また、バッズをいかにグッズに転換できるかについても論じた。動脈経済と静脈経済の有機的な連関の中で、バッズフローの制御がどのように可能になるか考察した。拡大生産者責任の概念を、バッズフローの制御としてとらえ、単なる汚染者負担原則と異なることを論じた。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Environmental impact of aircraft emissions and aviation fuel tax in Japan  GONZALEZ RODORIGO, HOSODA Eiji  Journal of Air Transport Management  Elsivier  57, 234-240  2016 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  Waste policies and related legislation in Japan  Eiji Hosoda  The Economics of Waste Management in East Asia  Routledge  3-37  2016 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  Resource and environmental economics”, Handbook on the History of Economic Analysis  細田 衛士  Handbook on the History of Economic Analysis  Edward Elgar Publishing, Inc  3, 499-517  2016 
研究論文(学術雑誌)  単著  Interactive aspects of producers and waste‑disposal firms out of a market boundary  Eiji Hosoda  Journal of Economic Structures  Springar  5  2016 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  Choice of Technique Made by an Upstream Policy for Waste Reduction  Eiji Hosoda  Economic Theory and its History  Routledge  109-130  2016 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
Bads as Joint Products  International Input-Output Association (New York)  1998  Leontief-von Neumann-Sraffaモデルのなかに、結合性産物としてのバッズを導入し、またバッズの処理・リサイクルプロセスを導入して、均衡解の存在条件を示した。証明には、Gale-Nikaido-Debreuの補題を利用した。また、バッズのマイナス価格の存在は、劣等な技術の存在にあることも、あわせて示した。 
On Asymmetry of Price Control and Quantity Control in a Environmental Policy  環境経済・政策学会およびInternational Conference of Environmental Economics (Taipei)  1996  排出物抑制に関して、これまで価格面での制御(たとえばピグー税)と数量面からの制御(たとえば排出権売買)は同等な効果を持つものとみなされてきた。しかし、排出物処理部門が独立で線形の場合、2つの手法は異なった結果を導く可能性があることを示した。とりわけ、課税政策は最適点をシュートできない可能性があることを数値例で示した。 
Woodcutting in an Agricultural Community  理論計量経済学会  1993  中世経済における森林伐採をモデル化した。農業面積拡大と森林面積の縮小がどのような関係にあり、どのような条件のもとで、森林の消失が起きるか、数学的に明らかにした。一旦森林面積が回復しても、その後、枯渇が起きる可能性があることも同時に示した。 
Consumers' Purchase of Emission Rights  理論計量経済学会  1992  消費者が排出権を購入する可能性がある場合の均斉成長経路の存在を証明した。3部門経済成長モデルを用いてこのことを示した。ちなみに、排出権価格は、裁定によって排出物処理費用単価に等しいと仮定されている。 
Market Price, Production Price and Uniform Rate of Profit  理論計量経済学会  1982  スラッファ体系で、市場価格が生産価格(自然価格)に収束するのはどのような条件のもとでかということについて離散的モデルを用いて明らかにした。オーバーシュートによる、不安定が存在することも明らかにした。 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  JUNECフォーラム2004 持続可能な開発へ向けた青少年会議  2004/11/27-現在 
教育上の業績  共同  経済学からの新たな挑戦ー環境と危機管理  2004/08/02-2004/08/03 
教育上の業績  共同  慶應丸の内シティキャンパス「環境塾」  2004/05/11-2004/07/27 
教育上の業績  単独  社会科学における数学的思考方法  2003/01/29-現在 
教育上の業績  単独  慶友会多摩クラスセミナー 「環境経済学のすすめ」  2002/12/18-現在 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
環境経済・政策学会学術賞  『資源循環型社会 制度設計と政策展望』  2009/09 
環境保全功労者賞  2006 
廃棄物学会著作賞  『グッズとバッズの経済学』  2001/04 
慶應義塾賞  『地球環境経済論』に示された地球環境教育ならびに研究の実践  1994/11 
詳細表示...

社会活動
エコタウン補助事業(平成12年度補正予算)に係る事後評価有職者委員会(経済産業省)  2002/03-2003/02 
化学物質のリスク及びリスク評価手法の開発に係る研究開発委員会(製品評価技術基盤機構)  2001/10-現在 
「リサイクル推進功労者等表彰」審査委員会(リサイクル推進協議会)  2001/07-2002/03 
「FRP廃船高度リサイクルシステム構築推進委員会」(国土交通省)  2001/07-2002/03 
下水道政策研究委員会(日本下水道協会)  2001/04-2003/03 
詳細表示...

所属学協会
環境経済・政策学会  1995/12-現在 
詳細表示...

委員歴
エコタウン補助事業(平成12年度補正予算)に係る事後評価有職者委員会(経済産業省)  委員  2002/03-2003/02 
化学物質のリスク及びリスク評価手法の開発に係る研究開発委員会(製品評価技術基盤機構)  委員  2001/10-現在 
「リサイクル推進功労者等表彰」審査委員会(リサイクル推進協議会)  審査委員  2001/07-2002/03 
「FRP廃船高度リサイクルシステム構築推進委員会」(国土交通省)  委員  2001/07-2002/03 
下水道政策研究委員会(日本下水道協会)  委員  2001/04-2003/03 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら