English
慶應義塾大学 
総合政策学部 
総合政策学科 

顔写真 教授 
廣瀬 陽子 
ヒロセ ヨウコ 
HIROSE YOKO 

1972年生まれ  
 
http://web.sfc.keio.ac.jp/~hiyoko/  
http://web.sfc.keio.ac.jp/~hiyoko/  

経歴
日本学術振興会 ,特別研究員  2001/04-2002/03 
大学専任講師(有期)(総合政策学部)  2002/04-2005/03 
北海道大学スラブ研究センター共同研究員  2003/04-現在 
東京外国語大学「平和構築・紛争予防」英語プログラム(PCS)非常勤講師(「地域紛争論」担当)  2004/04-2005/03 
国立民族学博物館・非常勤研究員  2004/04-2005/03 
名古屋大学大学院国際開発研究科・非常勤研究員  2004/04-2005/03 
東京外国語大学大学院地域文化研究科講師  2005/04-2007/03 
慶應義塾大学総合政策学部非常勤講師  2005/04-2007/03 
東京外国語大学大学院地域文化研究科准教授  2007/04-2008/03 
北海道大学スラブ研究センター客員准教授  2008/04-2009/03 
静岡県立大学国際関係学部准教授  2008/04-2010/03 
上智大学外国語学部非常勤講師  2010/04-2011/03 
慶應義塾大学総合政策学部准教授  2010/04-2016/03 
同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)共同研究員  2010/04-現在 
コロンビア大学ハリマン研究所客員研究員  2013/03-2014/03 
慶應義塾大学総合政策学部教授  2016/04-現在 
ヘルシンキ大学アレクサンテリ研究所客員研究員  2017/03-2018/03 

学歴
慶應義塾大学  総合政策学部  1995/03/31  卒業 
東京大学  法学政治学研究科  修士  1997/03/31  修了 
東京大学  法学政治学研究科  博士  2001/03/31  単位取得退学 

学位
法学修士  東京大学  1997/03/24 
政策メディア博士  慶應義塾大学 

学術受賞歴(賞、称号)
第21回アジア・太平洋賞  特別賞  2009/11  拙著『コーカサス 国際関係の十字路』(集英社、2008年)により受賞。 
詳細表示...

研究分野
地域研究 
国際関係論 

研究キーワード
旧ソ連、国際政治、ロシア、凍結された紛争、未承認国家 

研究テーマ
旧ソ連の政治体制のモデル化(アゼルバイジャンを事例に)/民族紛争と内政(ナゴルノ・カラバフ紛争とアゼルバイジャン政治を事例に)/コーカサスの国際関係 
旧共産圏の民主化と平和構築の比較研究 
旧ソ連から見た国際政治 

競争的資金等の研究課題
旧ソ連の民族紛争と政治発展:ナゴルノ・カラバフ紛争とアゼルバイジャン政治を事例に  補助金  三菱財団助成 
旧ソ連の民族紛争と政治発展:ナゴルノ・カラバフ紛争とアゼルバイジャン政治を事例に  補助金  文部科学省・科学研究費補助金・若手研究(B)(2)課題番号:15710186 
旧ソ連の民族紛争と政治発展:ナゴルノ・カラバフ紛争とアゼルバイジャン政治を事例に  補助金  三井住友銀行国際協力財団研究助成 
旧ソ連の民族紛争と政治発展  補助金  慶應義塾学事振興資金 
ポストウェストファリア体制の国家像の模索:欧州辺境の未承認国家の比較研究から  補助金  慶應義塾大学  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
黒海地域の国際関係  廣瀬 陽子  長期化する紛争と非承認国家問題  名古屋大学出版会  2017/01 
黒海地域の国際関係  廣瀬 陽子  南コーカサスの政治変動と外交政策  名古屋大学出版会  2017/01 
ロシアの歴史を知るための50章 (エリア・スタディーズ152)  廣瀬 陽子  ロシアと未承認国家問題:ロシアの近い外国に対する重要な外交カード  明石書店  2016/11 
メガFTAと世界経済秩序:ポストTPPの課題  廣瀬 陽子  ロシアの外交戦略とユーラシア連合構想  勁草書房  2016/10 
アゼルバイジャン:文明の十字路で躍動する「火の国」  廣瀬 陽子  群像社  2016/05/18 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  「離婚なき便宜的結婚」:中ロ関係の現状と今後の展望  廣瀬 陽子  世界経済評論  5,6月, 22-29  2017/04 
研究論文(学術雑誌)  単著  旧ソヴィエト連邦共和国とロシア:関係はどう規定されるのか  廣瀬 陽子  神奈川大学評論  神奈川大学  86, 101-111  2017/03 
単著  Recent Views in Japan Concerning Sino-Russian Relations  廣瀬 陽子  ASAN FORUM  ASAN  5/ 2, 1-11  2017/03  2288-5757 
研究論文(学術雑誌)  単著  ロシアにとってのシリアとチェチェン:シリア紛争は第三次チェチェン紛争か  廣瀬 陽子  国際情勢  国際情勢研究会  87, 95-103  2017/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  アゼルバイジャン:独立25年間の歩み  廣瀬 陽子  ロシアNIS調査月報 特集◆ソ連解体から四半世紀を経たロシア・NIS  ロシアNIS調査会  1月, 50-58  2017/01 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  Russian Policy for the Unrecognized States After the Ukrainian Crisis  DIALOGUE BETWEEN JAPAN AND FINLAND ON RUSSIAN POLITICS AND ECONOMY  2017/06/13 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Russian policy for the Unrecognized States after the Ukrainian Crisis: focusing on the Transnistrian problem  IOS Writer's Workshop “Special Issue: Post-Soviet Conflict Dynamics and Changing Discourses”  2017/05/24 
口頭発表(一般)  「未承認国家の誕生と存続:帝国・連邦の遺産」  日本国際政治学会2016年度研究大会・部会8「帝国の解体と再生(サイクス・ピコ協定100周年)」  2016/10/16 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  シルクロード経済圏構想と中露の利害対立  アジア研究所公開講座  2015/06/20 
大統領選挙後のウクライナ情勢と国際関係  ロシア情勢緊急セミナー  2015/05/29 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
新聞・雑誌等(書評・論評等)  書評:エドガー・オーバランス著『コーカサスにおける戦争:1990‐1995年』(Edgar O’balance, Wars in the Caucasus, 1990-95)、およびパーヴェル・バエフ著『コーカサスにおけるロシアの政策』(Pavel Baev, Russia’s Politics in the Caucasus)  二つのコーカサスの紛争に関する著書を比較しながら、コーカサスの紛争がいかに複雑で解決が難しいかを改めて明らかにした書評論文。 
講演  単独  「カスピ海の石油開発問題と民族紛争」  2003/05-現在 
講演  単独  「テロとグローバルガバナンス」  2003/03-現在 
講演  単独  「コーカサスの紛争地帯:ナゴルノ・カラバフ問題とチェチェンを含む北コーカサス地域」  2003/02-現在 
講演  単独  .「アゼルバイジャンの政治現勢:2002年レフェレンダムの結果と2003年大統領選挙の展望を中心に」  2003/02-現在 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第21回アジア太平洋賞特別賞  『コーカサス――国際関係の十字路』(集英社[集英社新書], 2008年)  2009/11/17 
詳細表示...

社会活動
ふじさわシティプロモーション委員会作戦室  2015/04/01-現在 
詳細表示...

所属学協会
国際法学会 
ロシア東欧学会 
日本国際政治学会 
アメリカスラブ学会  2008-現在 
詳細表示...

委員歴
ロシア東欧学会  理事; 研究奨励賞選考委員  2012/11-現在 
国際法学会  アウトリーチ委員、研究振興委員会  2013/01-現在 
国際情勢研究会  ロシア研究会・委員  2008/04-現在 
ロシア東欧学会  編集委員  2004/11-2012/11 
日本国際問題研究所  平成26年度「各国が抱える領土をめぐる問題(領海・領空に関するものを含む)」研究会委員  2014/06/25-2015/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら