English
慶應義塾大学 
医学部 
臨床薬剤学 

専任講師(有期・医学部) 
今村 知世 
イマムラ チヨ 
Imamura K. Chiyo 

J-GLOBALへのリンク

経歴
熊本赤十字病院  薬剤部  1989/04-2000/11 
慶應義塾大学病院  治験管理センター  2002/02-2004/11 
慶應義塾大学病院  薬剤部  2004/12-2007/04 
米国National Cancer Institute(NCI:国立がん研究所)  Medical Oncology Branch, Center for Cancer Research  Visiting Scientist  2007/11-2008/12 
慶應義塾大学医学部  臨床薬剤学  2009/01-現在 
慶應義塾大学病院  臨床研究推進センター教育・研修部門  2015-現在 
理化学研究所  イノベーション推進センター杉山特別研究室  客員研究員  2017/01-現在 

学歴
熊本大学  薬学部  1987/03/31  卒業 
熊本大学大学院  薬学研究科博士前期課程  修士  1989/03/31  修了 
熊本大学大学院  薬学研究科博士後期課程  博士  2000/03/31  修了 

学位
薬学博士  熊本大学大学院  2000/03 

免許・資格
薬剤師  1987/06/27 
日本医療薬学会 認定薬剤師  2001/01 
日本医療薬学会 指導薬剤師  2001/01 
日本臨床薬理学会 認定CRC  2005/01 
日本臨床薬理学会 認定薬剤師  2006/01 
日本医療薬学会 がん指導薬剤師  2010/01 
日本臨床薬理学会 指導薬剤師  2011/01 

研究分野
応用薬理学 

研究キーワード
臨床薬理 
個別化医療 
PK/PD 
抗がん薬 
スペシャル・ポピュレーション 

研究テーマ
がん患者にモルヒネ製剤投与時のモルヒネ及びその主代謝物の血中濃度評価  1988-1991 
フェニトインの総血清中濃度と遊離形濃度評価の臨床的意義  1991-1993 
オメプラゾ-ル含有坐剤の調製とその評価  1991-1997 
蛋白結合率を指標とした薬物中毒時の活性炭血液吸着法の効果とその予測  1992-2000 
腎移植患者の妊娠・分娩時におけるシクロスポリン濃度  1995-1996 
抗がん薬のPK/PD  2007-現在 
薬物動態規定因子に基づく個別化医療の確立  2007-現在 

競争的資金等の研究課題
Exposure matchingによるPK規定因子を指標とした個別化投薬の確立  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
非小細胞肺癌患者に対するEGFR-TKIsの治療薬物モニタリング確立のための研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/01-2019/03/31 
治験活性化に資するGCP運用等に関する研究  補助金  日本医療研究開発機構  2015/04/01-2016/03/31 
治験活性化に資するGCP運用等に関する研究  補助金  厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2013/04/01-2015/03/31 
ホルモン受容体陽性転移・再発乳がんに対するタモキシフェンのCYP2D6遺伝子型に基づく個別化投薬と固定用量の比較研究  補助金  文部科学省 次世代がん研究戦略推進プロジェクト  2012-2016 
詳細表示...

研究業績(著書)
メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック  今村 知世  白血病治療における薬剤師の役割,270-288  中外医学社(東京)  2017/10/25 
チームで学ぶ女性がん患者のためのホルモンマネジメント  今村 知世  治療アドヒアランス 252-256  篠原出版新社(東京)  2017/07 
Renal Cell Carcinoma  Imamura CK  Optimization of Therapy by Pharmacokinetic–Pharmacodynamic Analyses, 369-381  Springer  2017/01  978-4-431-55531-5 
抗がん薬の臨床薬理  今村 知世,谷川原 祐介  特殊病態下における抗がん薬の投与 62-69  南山堂(東京)  2015/07/01 
腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師テキスト  今村 知世  腎機能低下患者に対する抗がん薬の適正使用,337-339  じほう(東京)  2013/05/31 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of everolimus on the glucose metabolic pathway in mouse skeletal muscle cells (C2C12)  Yoshida K, Imamura CK, Hara K, Mochizuki M, Tanigawara Y  Metabolomics  2017  10.1007/s11306-017-1236-5 
研究論文(学術雑誌)  共著  Phase I study of salazosulfapyridine in combination with cisplatin and pemetrexed for advanced non–small cell lung cancer  Otsubo K, Nosaki K, Imamura CK, Ogata H, Fujita A, Sakata S, Hirai F, Toyokawa G, Iwama E, Harada T, Seto T, Takenoyama M, Ozaki T, Mushiroda T, Inada M, Kishimoto J, Tsuchihashi K, Suina K, Nagano O, Saya H, Nakanishi Y, Okamoto I  Cancer Sci  2017  10.1111/cas.13309 
研究論文(学術雑誌)  共著  The effects of advanced age and serum α1-acid glycoprotein on docetaxel unbound exposure and dose-limiting toxicity in cancer patients  Kenmotsu H, Imamura CK, Ono A, Omori S, Nakashima K, Wakuda K, Taira T, Naito T, Murakami H, Takahashi T, Tanigawara Y  British Journal of Clinical Pharmacology  2017  10.1111/bcp.13354 
研究論文(学術雑誌)  共著  Dose-escalation study for the targeting of CD44v+ cancer stem cells by sulfasalazine in patients with advanced gastric cancer (EPOC1205)  Shitara K, Doi T, Nagano O, Imamura CK, Ozeki T, Ishii Y, Tsuchihashi K, Takahashi S, Nakajima TE, Hironaka S, Fukutani M, Hasegawa H, Nomura S, Sato A, Einaga Y, Kuwata T, Saya H, Ohtsu A  Gastric Cancer  20, 341-349  2017  10.1007/s10120-016-0610-8 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  制吐薬適正使用ガイドライン第2版  今村 知世  ファルマシア  日本薬学会  53/ 4, 338-342  2017/04/01 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  医薬品プロフィール  第55回日本癌治療学会学術集会  2017/10/20 
その他  抗がん薬の臨床薬理(教育セッション)  第55回日本癌治療学会学術集会  2017/10/20 
口頭発表(一般)  The effects of advanced age and serum alpha1-acid glycoprotein on docetaxel unbound exposure and dose-limiting toxicity in cancer patients  The 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology  2017/09 
口頭発表(一般)  Development of an S-1 dosage formula based on renal function by a prospective pharmacokinetic study  The 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology  2017/09 
口頭発表(一般)  Impact of CYP2C19 polymorphisms on the pharmacokinetics of tacrolimus when co-administered with voriconazole.  The 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology  2017/09 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
メディア監修・協力(テレビその他)  単独  春のふれあい座談会  2017/09-現在  小野薬品工業株式会社MR研修用動画監修 
講演  単独  Exposure-response analysis of erlotinib for individualized dosing based on TDM  2017/09/26-2017/09/26 
講演  単独  スペシャル・ポピュレーションへのがん薬物療法  2017/09/16-2017/09/16 
その他  共同  第6回 最先端がん治療セミナー2017 in 熊本「Suppotive CareにおけるBeyond Evidence ~チームで取り組むQOL改善と治療効果の向上~」  2017/09/02-2017/09/03 
講演  単独  EBMとメディカルリテラシー  2017/07/02-2017/07/02 
詳細表示...

担当授業科目
臨床薬剤学(医学部3年生) 
診断学実習(医学部5年生) 
臨床薬理学(大学院健康マネジメント研究科) 
詳細表示...

社会活動
静岡県立静岡がんセンター企業治験倫理審査委員会  2010/04/01-現在 
ピーワンクリニック治験審査委員会  2011/07/01-2013/04 
Journal of Cancer  2010/05/01-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本薬学会  1987-現在 
日本臨床薬理学会  1993-現在 
日本医療薬学会  1999-現在 
日本TDM学会 
日本薬物動態学会 
詳細表示...

委員歴
日本臨床薬理学会  社員(評議員)  2009-現在 
日本TDM学会  評議員  2011-現在 
日本臨床腫瘍学会  評議員 
日本医療薬学会  評議員  2015-現在 
日本癌治療学会  代議員  2015-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら