English
慶應義塾大学 
医学部 
産婦人科学 

助教 
野村 弘行 
ノムラ ヒロユキ 
Nomura Hiroyuki 

Tel.03-3353-1211  
Fax.03-3353-0249  
 

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学医学部研修医(産婦人科)  1998/05-2000/04 
足利赤十字病院 産婦人科  2000/05-2001/05 
慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)  2001/06-2002/05 
慶應義塾大学医学部助手(専修医)(産婦人科学)  2002/06-2003/05 
慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)  2003/06-2005/06 
大田原赤十字病院 第二産婦人科副部長  2005/07-2006/05 
慶應義塾大学助教(医学部産婦人科学)・診療医長(婦人科)  2006/06-現在 

学歴
慶應義塾大学  医学部  医学科  1998/03/23  卒業 

学位
博士(医学)  慶應義塾大学  2007/12/10 

研究分野
産婦人科学 

競争的資金等の研究課題
一塩基多型解析による子宮体癌幹細胞の個性診断  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手研究(B)  2011/05/20-2014/03/31 
卵巣癌腹膜播種形成において糖鎖が果たす役割の解明と分子標的治療への応用  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手研究(B)  2008/04/30-2010/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
各論16 卵巣癌 分子腫瘍マーカー診療ガイドライン第1版  野村 弘行, 岩佐 尚美, 青木 大輔  146-153  東京・金原出版株式会社  2016/10/05 
卵巣がん プラチナ抵抗性再発 経口エトポシド療法  野村 弘行, 橋本 志歩, 青木 大輔  51-53  東京・株式会社メジカルビュー社  2015/08/20 
卵巣がん プラチナ抵抗性再発 ノギテカン1.25-1.5±ベバシズマブ療法  野村 弘行, 岩佐 尚美, 青木 大輔  46-50  東京・株式会社メジカルビュー社  2015/08/20 
プロメテウス 婦人科がん最新医療  進 伸幸, 野村 弘行, 山上 亘, 片岡 史夫, 阪埜 浩司, 寒河江 悟, 青木 大輔  1828-1842  東京・金原出版  2013/11/30 
プロメテウス 婦人科がん最新医療  野村 弘行, 片岡 史夫, 青木 大輔  1985-1991  東京・金原出版  2013/11/30 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Clinical utility of a self-administered questionnaire for assessment of hereditary gynecological cancer  Masuda K, Hirasawa A, Irie, H, Akahane T, Ueki A, Kobayashi Y, Yamagami W, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Susumu N, Aoki D  Jpn J Clin Oncol  47/ 5, 401-406  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Genetic and clinical characteristics in Japanese hereditary breast and ovarian cancer: First report after establishment of HBOC registration system in Japan  Arai M, Yokoyama S, Watanabe C, Yoshida R, Kita M, Okawa M, Sakurai M, Sekine M, Yotsumoto J, Nomura H, Akama Y, Inuzuka M, Nomizu T, Enomoto T, Nakamura S  J Hum Genet  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Efficacy and Safety of Dose-Dense Paclitaxel plus Carboplatin as Neoadjuvant Chemotherapy for Advanced Ovarian, Fallopian Tube, or Peritoneal Cancer  Yoshihama T, Nomura H, Iwasa N, Kataoka F, Hashimoto S, Nanki Y, Hirano T, Makabe T, Sakai K, Yamagami W, Hirasawa A, Aoki D  Jpn J Clin Oncol  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  UGT1A1 polymorphism as a prognostic indicator of stage I ovarian clear cell carcinoma patients treated with irinotecan  Yoshihama T, Hirasawa A, Nomura H, Akahane T, Nanki Y, Yamagami W, Kataoka F, Tominaga E, Susumu N, Mushiroda T, Aoki D  Jpn J Clin Oncol  47/ 2, 170-174  2017 
(MISC)総説・解説(商業誌)  共著  【子宮体がん】子宮体がんに対する初回補助化学療法―何が最適か?  野村 弘行, 岩佐 尚美, 早乙女 啓子, 青木 大輔  臨床婦人科産科  医学書院  71/ 10, 968-974  2017/10/10 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  日本を代表する臨床試験 JGOG -本邦における子宮体がん臨床試験の流れを中心に-  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  2017/07/28 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  【化学療法総論】婦人科腫瘍医のためのがん薬物療法総論  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  2017/07/27 
口頭発表(一般)  日本HBOCコンソーシアムデータを用いたBRCA遺伝子変異検出リスク予測モデルの開発に関するパイロットスタディ  第25回日本乳癌学会学術集会  2017/07/13 
口頭発表(一般)  A randomized phase Ⅲ trial of docetaxel plus cisplatin or paclitaxel plus carboplatin compared with doxorubicin plus cisplatin as adjuvant chemotherapy for endometrial cancer at high risk of recurrence: Japanese Gynecologic Oncology Group Study (JGOG2043)  ASCO 53rd Annual Meeting 2017  2017/06/02 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  当院における穿刺腹腔細胞診所見に基づく卵巣癌術前化学療法適用の実際  第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)  2017/05/27 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  第16回臨床研修指導医養成ワークショップ修了  2011/07/29-2011/07/30 
教育上の業績  単独  第18回共用試験医学系OSCE評価者認定講習会修了(医療面接)  2010/10/03-現在 
職務上の実績  単独  がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会修了  2009/05/16-2009/05/17 
職務上の実績  単独  第25回内視鏡下結紮・縫合手技講習会修了  2006/10/29-現在 
詳細表示...

担当授業科目
婦人科学 
婦人科学 
詳細表示...

社会活動
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)  2012/12-現在 
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)  2012/12-現在 
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)  2012/12-現在 
日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)  2011/12-現在 
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)  2011/04-2012/11 
詳細表示...

所属学協会
日本癌治療学会  2014/01-現在 
日本内視鏡外科学会  2014/01-現在 
日本婦人科腫瘍学会  2014/01/01-2016/07/31 
日本産科婦人科内視鏡学会  2013/08-現在 
日本産科婦人科内視鏡学会  2013/06-現在 
詳細表示...

委員歴
日本婦人科腫瘍学会  婦人科腫瘍指導医  2015/12/01-2020/04/30 
日本産科婦人科学会  産婦人科指導医  2015/08/01-2020/07/31 
日本臨床細胞学会  教育研修指導医  2015/04/01-2019/03/31 
日本産科婦人科内視鏡学会  査読委員  2014/05/16-現在 
日本癌治療学会  癌保険診療対策委員会委員  2014/01-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら