研究業績(口頭・ポスター発表)
公開件数:41件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要 関連情報
1 口頭発表(一般)
正多面体型インタフェースを用いた集合演算による形状パターンの生成
エンタテイメントコンピューティング2014
2014/09/13



2 口頭発表(一般)
pair feel:手をつなぐことで温度感覚を共有するマフラー
エンタテイメントコンピューティング2014
2014/09/13



3 その他
Transience: Aesthetics of Dynamic Colors inside Japanese Calligraphy,
ACM TEI 2012
2013/02/10



4 その他
Polychrome Paper Computing
ACM SIGGRAPH ASIA 2011
2011/12/12



5 その他
An Interactive Pictorial Art Based on Polychrome Paper Computing
ACM ACE 2011
2011/11/08



6 その他
ペーパーコンピューティング技術を用いた 絵画の動的表現
エンタテイメントコンピューティング2011
2011/10/07



7 口頭発表(一般)
Polychrome Paper Computing: 機能性インクを用いた多色刷りによるペーパー・コンピューティング
情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション第144回研究会
2011/07/29



8 その他
Blob Motility and Rheologic Interfaces
International Conference on Technology and Art ( Technarte 2011 )
2011/05/19



9 その他
Anabiosis: 紙上での動的な色彩表現を実現した絵画作品
インタラクション2011
2011/03/12



10 その他
pSurface: 自由曲面モデリングとアニメーションのための布製入出力デバイス
インタラクション2011
2011/03/12



11 口頭発表(一般)
Rheologic Interaction: 流動的プログラマブル・マターを用いたインタラクションデザインの試み
情報処理学会 第140回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
2010/10/30



12 口頭発表(一般)
フィジカルコンピューティングを支援するオーサリングツール - Intuinoを用いたインタラクションデザインの実践
日本デザイン学会第57回春期研究発表会
2010/07/03



13 口頭発表(一般)
Intuino: GUIによるフィジカルコンピューティング開発支援環境の構築
情報処理学会 第137回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
2010/03/19



14 その他
Living Textiles:アニマシーインタラクションのための動的変形機能を有するテキスタイル
インタラクション 2010
2010/03/01



15 その他
Intuino:ビジュアルプログラミングによるフィジカルコンピューティング開発支援環境の構築
インタラクション 2010
2010/03/01



16 口頭発表(一般)
Living Textile: アニマシーインタラクションのための動的変形テキスタイル
情報処理学会第133回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
2009/05/16



17 口頭発表(一般)
Fabcell - Fabric Element
情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会
2007/11/12



18 口頭発表(一般)
Fabcell Dress
NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 第6回研究会
2007/10/25



19 口頭発表(一般)
コンピュータ・グラフィックス(CG)による貿易統計可視化システムとその応用
社会経済学会 第76回全国大会
2007/05/26



20 その他
PlantDisplay: Turning Houseplants into Ambient Display
ACM CHI ACE (Advances in Computer and Entertainment) 2006
2006



21 ポスター発表
Paravision - the entertaining visualizer in public spaces
ACM CHI ACE (Advances in Computer and Entertainment) 2006
2006



22 その他
Fabcell : Fabric Element
ACM SIGGRAPH 2006 (Emerging Technologies)
2006



23 口頭発表(一般)
Fabcell : Fabric Element
ACM SIGGRAPH 2006 (Sketch)
2006



24 口頭発表(一般)
コンピューティングのアナロジーに基づく衣服のデザイン
日本デザイン学会第53回研究発表大会
2006



25 口頭発表(一般)
コンピューティングのアナロジーによる衣服のデザイン
NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 第4回ウェアラブルコンピューティング研究会
2006



26 その他
PlantDisplay:植物が情報を表示する新しいディスプレイの開発
インタラクション2006
2006



27 その他
Wearable Synthesis
IEEE ISWC (International Symposium on Wearable Computing) 2005
2005



28 ポスター発表
Coordination Model for Wearable Fashion
IEEE ISWC (International Symposium on Wearable Computing) 2005
2005



29 ポスター発表
Growable media design: Integrating plants and digital media to information visualization
Ubicomp 2005
2005



30 その他
Growable Media Design:植物とデジタル技術を統合した情報可視化メディアの提案
ヒューマンインターフェースシンポジウム2005
2005



31 口頭発表(一般)
ファッションにおけるウェアラビリティを考慮した衣服構造
情報処理学会ヒューマンインターフェイス第115回研究会
2005



32 口頭発表(一般)
SIGGRAPH 2005 参加報告
情報処理学会ヒューマンインターフェイス第115回研究会
2005



33 口頭発表(一般)
Ryukyu ALIVE : Information Galaxy Visualizing Users' Access Log
ACM SIGGRAPH 2004
2004/08/10



34 口頭発表(一般)
Candytop : A Web3D Interface to Visualize Growth of Multimedia Documents
ACM SIGGRAPH
2003/08/29



35 口頭発表(一般)
CT - City Tomography
ACM SIGGRAPH 2002
2002/07/21



36 口頭発表(一般)
CT - City Tomography
ACM SIGGRAPH
2002/07/21



37
タブレットインターフェイスを用いたラティス構造のリモデリング
ニコグラフ
2001/11

三角形ポリゴンメッシュに基づく形状データをWeb3D で利用する際は、データサイズを削減するために多重解像度表現や自由曲面表現へ変換するのが一般的である。しかし、変換手法の多くは自動的にパラメータ化を行うために、パラメータ領域間の輪郭線にユーザの意図を反映させることが困難である。そのため、アニメーションやテクスチャマッピングのように、領域間の輪郭線が操作に大きく関係する処理においては、これらのモデルを直接利用することができないのが現状である。そこで、本論文ではタブレットインターフェイスを用いて目的に応じた特徴領域を入力し、その結果を反映したパラメータ領域の再構築を行うリモデリング手法を提案する。本手法では、Web3D データ表現として自由曲面ベースのラティス構造を用い、目的に応じたパッチネットワークと制御格子の再構築を可能にした。本手法の特徴は、タブレットによる3D ペイント操作によって特徴線を入力する点である。これにより、タブレットの特徴である圧力感知を利用した入力の制御が可能になる。

38 口頭発表(一般)
医用曲面モデル生成システムの構築
第11回日本コンピュータ支援外科学会
2001/10



39 ポスター発表
CT (City Tomography)
CAST01
2001/09/21



40
CT・MRIデータからのラティス構造に基づく医用曲面モデル自動再構成
3次元画像コンファレンス
2001/06

形成外科では患部の形状を可視化する目的から、患部の三次元モデルを作成する研究が盛んに行われている。従来の手法では各CT・MRIデータから得られるスライス画像一枚づつから輪郭線を抽出し、上下の輪郭線と繋ぎ合わせることによりポリゴンモデルを再構成していた。この手法は輪郭線の抽出を手作業で行うことにより、三次元再構成対象外組織の削除、CT・MRI撮影時における欠損データの補完といった利点がある反面、多大な労力を費やすという欠点を持つ。また、ポリゴンメッシュを用いて滑らかな人体の表層の形状を表現しているため、データサイズが膨大になる。そこで本研究ではCT・MRIデータからマーチングキューブス法を用いてポリゴンメッシュを自動再構成し、そこからラティス構造に基づいた曲面モデルを生成する手法を提案する。本手法は、マーチングキューブス法を用いて自動的に生成したポリゴンメッシュに位相情報を持たせることでモデルの整合性を保たせ、マーチングキューブス法の欠点である穴の処理、稜線の重なりといった問題を解決した。

41 口頭発表(一般)
Surface Fitting to Polygon Meshes with Bicubic Gregory Patch
Sixth SIAM Conference on Geometric Design
1999