English
慶應義塾大学 
大学院法務研究科(法科大学院) 
法務専攻 

教授(有期) 
菅原 貴与志 
スガワラ タカヨシ 
SUGAWARA TAKAYOSHI 

http://blog.goo.ne.jp/sugar44law-/  

プロフィール
Takayoshi Sugawara was born in Sapporo, Japan in 1957. Sugawara earned his Bachelor of Law and Economics at Keio University.
In April 1981 Sugawara started working for an international airline(currently ANA Holdings Inc.). After ten years of experience in sales promotion and marketing, in July 1990 he was transferred to the company’s Legal and Insurance Department.
In 1996, Sugawara had completed the legal apprentice training course at Legal Training and Research Institute established in the Supreme Court, and he was admitted Attorney-at-Law in Japan.
Sugawara has been responsible for the professional areas of Aviation Law, Corporate Law, Civil & Commercial Law and Aviation Insurance while remaining involved with broad corporate legal matters as the General Counsel ever since.
Starting in April 2004 Sugawara has been teaching Corporate Law, Commercial Law and Competition Law
at Keio University Law School as a professor. 

経歴
東京弁護士会  弁護士  1996/04-現在 
弁護士法人 小林綜合法律事務所  弁護士  2001/03-現在 
慶應義塾大学  総合政策学部  講師  2001/04-2004/03 
慶應義塾大学  大学院法務研究科(法科大学院)  教授  2004/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  法学部  法律学科  1979/03  卒業 
慶應義塾大学  経済学部  1981/03  卒業 

学位
法学士  慶應義塾大学  1979/03 
経済学士  慶應義塾大学  1981/03 

免許・資格
弁護士  1996/03 

研究分野
民事法学 

研究業績(著書)
詳解 個人情報保護法と企業法務〔第7版〕  菅原 貴与志  1-364  民事法研究会  2017/05/15  987-4-86556-158-6  URL 
会社法の実務とコーポレートガバナンス・コードの考え方  菅原 貴与志  監査等委員会設置会社  弁護士会館ブックセンター出版部 LABO  2016/09/20  978-4-904497-30-2 
下級審商事判例評釈 第10巻(平成16年-20年)  菅原 貴与志  335-353  慶應義塾大学出版会  2015/11/14  978-4-7664-2271-9  洋服販売業の営業譲渡を受けた会社が、譲渡会社の屋号を商号として続用した場合、商法26条1項の類推適用が否定された事例 
詳解 個人情報保護法と企業法務〔第6版〕  菅原 貴与志  1-349  民事法研究会  2015/10/15  9784865560428  URL  平成27年改正法対応。「個人情報」の定義、匿名加工情報や本人の同意を得ない第三者提供の取扱い留意点、新組織「個人情報保護委員会」など、全面施行に向けての準備や、漏えい事故対応に必携。 
改正会社法 解説と実務への影響  菅原 貴与志  三協法規出版  2015/03/25  978-4-88260-269-9  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  運送法制の変更点と企業実務への影響  菅原 貴与志  Business Law Journal  レクシスネクシス・ジャパン  10/ 9, 42-45  2017/09/21 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  A Study on Personal Information Protection Act Amendment : From the perspective of Business Practice  菅原 貴与志  Kangwon Law Review  Kangwon Natl. Univ.  51, 609-645  2017/06 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  改正個人情報保護法の課題 -企業法務の視点から-  菅原 貴与志  慶應法学  慶應義塾大学法科大学院  34, 27-48  2016/03/25 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  監査等委員会設置会社-解釈上の論点と実務への影響-  菅原 貴与志  法学研究  慶應義塾大学法学研究会  89/ 1, 77-98  2016/01/28 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  国内航空運送法制化に際しての諸論点  菅原 貴与志  慶應法学  30, 71-102  2014/10 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  再検証 社外取締役 -中堅企業における導入の長短-  2017/10/10 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  株主総会の重要課題とガバナンス向上  2016/03/01 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  改正法の課題 -企業法務の視点から  公開シンポジウム 個人情報保護法改正と今後の課題  2015/12/15  URL 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  会社法制とコーポレートガバナンス ――ガバナンス強化の潮流と会社法的な検証  2015年度法律学講座 「現代法学の最先端を学ぶ -- ビジネス、安全保障、地域統合」  2015/11/14  URL  昨今,我が国企業のコーポレートガバナンス強化が指摘されています。金融庁・東証「コーポレートガバナンス・コード原案」の適用も開始しました。今年5月から施行された改正会社法では,社外取締役・社外監査役の要件見直し,監査等委員会設置会社,社外取締役を置くことが相当でない理由の開示等,各社のコーポレートガバナンスに影響を与える項目が目立ちます。本講座では、ガバナンス強化の実態に焦点をあてつつ,会社法の視点から検証を試みたいと思います。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  「ガバナンス」というキーワードで読み解く会社法入門  2015/11/06 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
新聞・雑誌等(書評・論評等)  共同  改訂5版 スピード学習 個人情報保護士試験《完全対策》  2017/08/26-現在  監修 
講演  単独  株主総会の重要課題とガバナンス向上 ~コーポレートガバナンス・コードへの対応~  2016/03/01-2016/03/01 
講演  単独  いまさら聴けない改正法のポイント ~平成26年会社法と27年個人情報保護法~  2015/10/30-2015/10/30 
対談・パネラー等  共同  落語のひととき  2015/05-現在 
講演  単独  改正会社法の要点解説 -企業実務に与える影響を読む-  2014/10/16-2014/10/16 
詳細表示...

担当授業科目
商法総合Ⅰ 
企業法務ベーシック・プログラム 
航空法(展開) 
航空法 
詳細表示...

社会活動
法制審議会 商法(運送・海商関係)部会  2014/04-2016/03 
東京弁護士会法律研究部会社法部  1996/04-現在 
東京弁護士会法律研究部国際取引法部  1996/04-現在 
東京地方裁判所民事調停委員  2000/01-2007/12 
東京簡易裁判所司法委員  2002/04-2006/03 
詳細表示...

所属学協会
日本私法学会  2000/05-現在 
日本空法学会  2007/05-現在 
日本交通学会  2014/10-現在 
航空私法研究会  1996/04-2007/03 
詳細表示...

委員歴
日本私法学会  会員  2000/05-現在 
日本空法学会  会員(2009/06~理事)  2007/05-現在 
法制審議会  商法部会 委員  2014/04-2016/03 
東京弁護士会法律研究部会社法部  部員  1996/04-現在 
東京弁護士会法律研究部国際取引法部  部員(2002/04〜2004/03事務局長)  1996/04-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら