English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 人間関係 

教授 
北中 淳子 
キタナカ ジュンコ 
KITANAKA JUNKO 

Tel.03-5427-1052  
Fax.03-5427-1578  

J-GLOBALへのリンク

経歴
東海大学 文学部 心理社会学科  2002/04-2005/03 
慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 助手  2004/04-現在 
慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 助教  2007/04-2008/03 
慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 准教授  2008/04-現在 

学歴
上智大学  文学部  心理学科  1993/03/30  卒業 
シカゴ大学  社会科学研究科  文化人類学/文化心理学  修士  1993/06  修了  アメリカ 
マッギル大学  人類学部・医療社会研究学部  医療人類学  博士  2006/05/25  修了  カナダ 

学位
博士号  マッギル大学  2006/05/25 
修士号  シカゴ大学  1993/06 

研究分野
医療人類学 

研究キーワード
医療 
精神医療 
医療史 
多文化間精神医学 
人類学 

研究テーマ
鬱と自殺の医療人類学 

競争的資金等の研究課題
Anthropological Analysis of Psychiatric Practices in Japan  補助金  Grenville Smith McGill Major Fellowship 
Cultural Psychiatry in Canada  その他  The Government of Canada  Government of Canada Award For Doctoral Studies 
「鬱」の医療化とジェンダー:医療人類学的視点から  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手研究(B)  2007-2009 
近代化と日本人の身体感覚  共同研究契約  国際日本文化研究センター  共同研究員  2002/04-2004/03 
Society in Distress: The Psychiatric Production of Depression in Contemporary Japan  補助金  The Wenner Gren Foundation  Dissertation Grant  2001-2002 
詳細表示...

研究業績(著書)
Work, Stress, and Depression: The Emerging Psychiatric Science of Work in Contemporary Japan in "Stress, Shock, and Adaptation in the Twentieth Century" edited by David Cantor and Edmund Ramsden  北中 淳子  222-237  University of Rochester Press  2014 
早期介入のリスクとベネフィット――医療人類学的視点から  『重症化させないための精神疾患の診方と対応』水野雅文編  北中 淳子  264-270  医学書院  2014 
うつの医療人類学  北中 淳子  日本評論社  2014 
De la Mort Volontaire au Suicide au Travail: Histoire et Anthropologie de la Dépression au Japon  北中 淳子  Les Éditions D'Ithaque  2014/04 
「わたし」と「病」の境界線――うつの医療人類学 『文学部は考える 4 「私」を考える』  北中 淳子  128-146  慶應義塾大学出版会  2013 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
うつ病の論理と倫理――医療人類学的視点から  北中 淳子  精神医学の基盤  1/ 2, 46-56  2015 
研究論文(学術雑誌)  単著  認知症新時代の精神病理学――医療人類学的視点から  北中 淳子  現代思想――精神病理の時代  43/ 9, 166-173  2015 
研究論文(学術雑誌)  The Rebirth of Secrets and the New Care of the Self in Depressed Japan  北中 淳子  Current Anthropology  University of Chicago Press  2015/12 
(MISC)書評,文献紹介等  単著  "Life Beside Itself: Imagining Care in the Canadian Arctic" by Lisa Stevenson (University of California Press, 2014)  北中 淳子  Medical Anthropology Quarterly  2015/05/12 
単著  Working Oneself to Death: The Depression Debates and the Emergent Psychiatric Science of Work in Japan  北中 淳子  Zeitschrift für Medizin-Ethik-Recht (Im Fokus Depression und Melancholie)  2/ 5, 23-33  2014 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
Early Intervention: A New Sense of Therapeutic Time in Japan and Beyond  Session on Global Meets Local, Local Meets Global: Psychiatry in the Twentieth Century East Asia, organized by Junko Kitanaka  2015/03/27 
口頭発表(一般)  Instilling a New Sense of Therapeutic Time: Early Intervention in Japan  Session on Exploring the Intersection of Psychiatry and Everyday Life in East Asia: History and Anthropological Perspective, organized by Junko Kitanaka  2015/03/04 
口頭発表(招待・特別)  「自己の医療化と」その先にあるもの:先制医療時代のうつ病を考える  宮城精神医療懇話会  2015/01/30 
口頭発表(招待・特別)  自殺をめぐる臨床現場の葛藤:医師の語りから  自治医科大学医学部精神医学教室集談会  2015/01/20 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  精神医学のことばと秘密――医療人類学的視点から  慶應義塾大学通信教育 日吉公開講座  2014/11/08 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
Francis Hsu Prize  Depression in Japan: Psychiatric Cures for a Society in Distress  2013 
多文化間精神医学会奨励賞  鬱と自殺の医療人類学  2009/03/27 
アメリカ医療人類学会・博士論文学会賞  Society in Distress: the Psychiatric Production of Depression in Contemporary Japan  2007/11/30 
医療社会研究領域におけるマーガレット・ロック賞(Dr. Margaret Lock Prize in Social Studies of Medicine)  日本の精神医療におけるうつ病の研究  2006/06/09 
詳細表示...

社会活動
Culture, Medicine and Psychiatry 
多文化間精神医学会 
BioSocieties  2014/01-現在 
慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線III:家族・医療・政策」  2009/06/24-2009/06/24 
慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線II:国家、感染、バイオポリティクス」  2009/01/23-2009/01/23 
詳細表示...

所属学協会
うつ病学会 
詳細表示...

委員歴
多文化間精神医学会  理事 
うつ病学会  評議員 
慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線III:家族・医療・政策」  企画・運営・司会  2009/06/24-2009/06/24 
慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線II:国家、感染、バイオポリティクス」  企画・運営・司会  2009/01/23-2009/01/23 
京都大学・慶應義塾大学COE合同シンポジウム 「心・病・文化-医療をめぐる文化と倫理」  企画・運営・通訳  2009/01/11-2009/01/11 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら