English
慶應義塾大学 
体育研究所 

教授 
村松 憲 
ムラマツ タダシ 
MURAMATSU TADASHI 

 

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学  体育研究所  大学助手(嘱託)  1998/04-2001/03 
国立スポーツ科学センター  スポーツ科学研究部   研究員  2002/04-2003/03 
慶應義塾大学  体育研究所  助手  2003/04/01-2005/03/31 
慶應義塾大学  体育研究所  専任講師  2005/04/01-2012/03/31 
慶應義塾大学  体育研究所  准教授  2012/04/01-2017/03/31 
慶應義塾大学  体育研究所  教授  2017/04/01-現在 
慶應義塾大学  体育研究所  学習指導主任  2017/10/01-現在 

学歴
東京大学  教育学部  体育学健康教育学科体育学・スポーツ科学コース  卒業 
東京大学  大学院教育学研究科  総合教育科学専攻体育科学コース  修士  修了 
東京大学  大学院教育学研究科  総合教育科学専攻体育科学コース  博士  単位取得退学 

学位
博士(学術)  東京大学  2002/02/28 

研究分野
スポーツ科学 

研究テーマ
テニスにおけるボールの回転量とスピードの関係について  2007/04-現在 

共同・受託研究希望テーマ
ボールのスピード・回転量について  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
テニスにおけるボールの回転量・回転軸の測定  補助金  慶應義塾学事振興資金  2012/04/01-2013/03/31 
塾生の身体機能および形態の特徴とその機能に関する研究  補助金  慶應義塾学事振興資金  2006/04/01-2007/03/31 
映像による即時フィードバックを用いた運動学習システムの開発と応用  補助金  慶應義塾学事振興資金  2006/04/01-2007/03/31 
超音波装置を用いた塾生の身体組成に関する研究  補助金  慶應義塾学事振興資金 共同研究  2005/04/01-2006/03/31 
ヒト身体運動中のアキレス腱伸張率の算出  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手研究B  2004/04/01-2005/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
テニス指導教本Ⅰ  日本テニス協会  第2章 「テニスの技術」の中の「2-1. テニスの技術構造とその仕組み」「2-4. グリップ」「2-5. 基礎技術と応用技術」  大修館書店  2015/12/08  9784469267853  世界で活躍できる選手を数多く育成する競技スポーツとしての強化だけでなく、ジュニアから高齢者まで多くの人に親しまれる生涯スポーツとしての普及を競技振興の2本柱に掲げる日本テニス協会が、自らの責任編集でまとめた指導者養成のためのテキスト。指導者に必要な最新の知識、技術・戦術論、指導論などをまとめている(大修館書店のウェブサイトより引用) 
新・体育理論  佐々木玲子、村松憲、村山光義、吉田泰将  慶應義塾大学出版会株式会社  2006/04/01 
新版 テニス指導教本  村松 憲  大修館書店  2005/09/20 
Player's Note  梅林薫、井上直子、江口淳一、高橋正則、田中伸明、村松憲、小屋菜穂子、野田達也、阿部幸恵  2004/11 
テニス勝利への戦術  村松憲(訳)  大修館書店  2003/12/20  4-469-26526-8  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  世界トップクラステニス選手のフォアハンドグラウンドストロークにおける速度と回転量の関係について  村松 憲, 高橋仁大, 梅林薫  スポーツパフォーマンス研究  7, 292-299  2015  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  世界トップクラステニス選手のサービスにおける速度と回転量の関係について  村松 憲、髙橋仁大、梅林 薫  テニスの科学  日本テニス学会  23, 1-7  2015 
研究論文(学術雑誌)  共著  世界ランキング50位以内のテニスプレーヤーの国際大会における サービス回転量について  村松憲, 池田亮, 高橋仁大, 道上静香, 岩嶋孝夫, 梅林薫  スポーツパフォーマンス研究  2, 220-232  2010  URL 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  テニスにおいて「強い」ボールの返球は「弱く」なりやすいのか? -大学生トップクラス選手における一例からの一考察-  村松 憲  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  56, 9-22  2017/01  02866951  URL 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  体育実技受講学生の社会的スキル及び自己効力感の変容に関する検討 : 授業形態の違いによる比較  野口 和行,村山 光義,村松 憲,板垣 悦子,東海林 祐子  慶應義塾大学体育研究所紀要  54/ 1, 9-16  2015 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  テニスにおいて「強い」ボールに対する返球は「弱く」なりやすいのか? 大学トップクラス選手のフォアハンドグラウンドストロークにおけるボール速度と回転量から探る  日本体育学会 第67回大会  2016/08/26 
ポスター発表  世界トップクラステニス選手のフォアハンドにおける速度と回転量について  日本体育学会 第66回大会  2015/08 
口頭発表(一般)  世界トップレベルテニス選手の サービスにおける、スピードと回転量について  第25回テニス学会  2013/12/08 
ポスター発表  テニス世界ランキング1位選手のボール回転量について  第24回テニス学会  2012/12/02 
その他  テニスを科学するとは?・その2  第24回テニス学会  2012/12/01 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
メディア出演(テレビその他)  共同  NHK BS-1「スポーツデータ・コロシアム」  2016/12/24-2016/12/24 
メディア監修・協力(テレビその他)  共同  NHKスペシャル 錦織圭 頂点への戦い  2015/06/28-現在 
メディア出演(テレビその他)  共同  NHK BS-1 ザ・データマン〜スポーツの真実は数字にあり〜 "0.37秒の駆け引き 錦織圭 知られざる予測能力"  2015/06/21-現在 
講演  単独  平成27年度公認上級コーチ専門科目講習会 講師(バイオメカニクス)  2016/02/22-2016/02/22 
講演  単独  「テニスをさらに楽しもう!楽しいって何だろう」公益社団法人日本テニス事業協会 第5回スクール部会  2013/03/13-現在 
詳細表示...

担当授業科目
テニス 
詳細表示...

社会活動
(財)日本テニス協会 強化情報・科学委員会  2015/04/01-現在 
(財)日本テニス協会 コーチング委員会  2015/04/01-現在 
財団法人 日本オリンピック委員会  2006/04/01-現在 
財団法人 日本オリンピック委員会  2004/04/01-現在 
(財)日本テニス協会  2003/05-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本スポーツパフォーマンス学会 
日本体育学会 
日本コーチング学会  2016/09-現在 
日本テニス学会  2011/04/01-2014/03/31 
日本テニス学会  2008/04/01-2011/03/31 
詳細表示...

委員歴
(財)日本テニス協会  強化本部・スポーツ科学委員 
(財)日本テニス協会  スポーツ医科学委員 
日本テニス学会  運営委員(審査担当兼編集委員会)  2011/04/01-2014/03/31 
日本テニス学会  運営委員(審査担当兼編集委員会)  2008/04/01-2011/03/31 
財団法人 日本オリンピック委員会  強化スタッフ(情報、戦略スタッフ)  2006/04/01-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら