研究業績(著書)
公開件数:5件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 ワイヤレスセンサシステム
佐藤 光
第4章ワイヤレスセンサシステムの研究事例・実用事例 pp.161-175
東京電機大学出版局
2012/10/31
978-4-501-32900-6

広い分野で活用されているセンシングシステムについて解説。センサデバイスでは温度センサから放射線センサまで解説。ワイヤレスデバイスではZigBeeをはじめとする各種デバイスの解説に加え、標準化・法制度についても解説。実用事例および研究事例では、ヘルスケアをはじめとして動物や社会システムまで取り上げた。

2 バイオロギング―最新科学で解明する動物生態学 (WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ)
日本バイオロギング研究会
コラム担当pp.197-198.
京都通信社
2009/10
978-4903473505

生物生態研究分野であるバイオロギング研究者らと共に,高校生・一般人を対象に
した啓蒙書を発刊した.執筆内容はコラムとして,加速度センサを応用して開発した水中歩数計について,ヒトの代謝と力学量の計測をわかりやすくまとめた.

3 Digital Sport for Performance Enhancement and Competitive Evolution: Intelligent Gaming Technologies
Nigel K. Ll. Pope, Kerri-ann L. Kuhn, John J. H. Forster (編集)
Chapter VII
Information Science Publishing
2009/05/31
978-1605664064

客員准教授を勤めるGriffith大学の研究者との共同執筆で,「デジタルスポーツ」と
いう本の内容に沿う昨今のセンサを用いたスポーツ実践応用事例を紹介した.担当した内容はゴルフスイング解析,スキージャンプ解析である.

4 スキルサイエンス入門
仰木 裕嗣

人工知能学会編, オーム社
2009/03
978-4274206764



5 創発する社会 : 慶應SFC-DNP創発プロジェクトからのメッセージ
国領 二郎
第3章担当,pp.46-60
日経BPコンサルティング
2006/11/25
978-4861302077

2004年から2007年まで行った共同研究(SFC-DNPプロジェクト)のまとめとして,
10名の研究者それぞれが考える「創発」について執筆した.仰木は,生物学に学ぶ創発,と題してヒトの創発現象を執筆した.