English
慶應義塾大学 
総合政策学部 
総合政策学科 

教授 
藁谷 郁美 
ワラガイ イクミ 
WARAGAI IKUMI 

経歴
大学助手(嘱託)(総合政策学部)  1998/04-1999/03 
大学助教授(総合政策学部)  1999/04-現在 
大学学生総合センター委員(湘南藤沢支部)  1999/10-2001/09 
大学院政策・メディア研究科委員  2000/10-現在 
大学総合政策学部学習指導副主任  2001/10-現在 
湘南藤沢メディアセンター協議会委員  2006/06-現在 

学歴
南山大学  文学部  1987/03/31  卒業 
ボン大学  文学部独文学科  修士  1989/12/31  修了  - 
ボン大学  文学部独文学科  博士  1995/12/31  修了  - 

学位
Ph.D.  ボン大学  1995/12/31 

競争的資金等の研究課題
SFCドイツ語自律学習支援システム構築 - 学習者データベースシステムの構築およびインタラクティブな教材の開発とその実践・評価 -  補助金  学術交流支援資金 電子教材作成支援  2007/04/01-2008/03/31 
ドイツ語関連遠隔授業のアーカイブシステム構築とそのデータ利用システムの確立(1)  補助金  慶應義塾学事振興資金  2007/04/01-2008/03/31 
ヨーロッパにおける文学史記述と宗教思想の関連性について -ドイツ文学史を中心に - (2)  補助金  慶應義塾学事振興資金  2007/04/01-2008/03/31 
ネットコンファレンスにVIDEO-PCシステムを取り入れたドイツ語授業の研究と開発(3)  補助金  慶應義塾学事振興資金  2006/04/01-2007/03/31 
ヨーロッパにおける文学史記述と宗教思想の関連性について -ドイツ文学史を中心に - (1)  補助金  慶應義塾学事振興資金  2005/04/15-2006/03/15 
詳細表示...

研究業績(著書)
モデル1―問題発見のドイツ語改訂版  藁谷 郁美  三修社  2007/02/20 
モデル3―問題発見のドイツ語  藁谷 郁美  三修社  2006/02/10  4-384-13077-5 C1084 
モデル2―問題発見のドイツ語  藁谷 郁美  三修社  2005/02/10 
Walter de Gruyter Verlag, Berlin  866-873  2001/04  執筆部分:Biblelsprachliche Wortsch?tze  キリスト教の教典である聖書の宗教的言語をどう定義付けるべきか。ヨーロッパにおける聖書特有の言語表現を中心に、それらが宗教の分野以外でどのように使用され、どのような意味の変遷を辿ったのか、この点を解説する。ルターのドイツ語聖書から現在に至るまで様々な領域を視野に入れた宗教言語の概説。 
Peter Lang Verlag, Frankfurt am Main  421-430  2000  執筆部分:Die Funktion des pietistischen Sprachgebrauchs in Buchners “Lenz”   ゲオルク・ビューヒナーの作品『レンツ』における表現手段を宗教的言語要素の観点から分析する。特に敬虔主義を代表する詩人ユング・シュティリィングの文体および言語要素は、作品『レンツ』と極めて類似性の高い要素を含んでいる。宗教的言語の中でも特に敬虔主義特有のシンボルやメタファーがいかなる機能を担っているのか、そしてこれらがビューヒナーの作品において、どのように文学表現手段となり得たのか、この点を分析する。ビューヒナー研究史において新たな視点である。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  Religioese Aspekte in der japanischen Literatur und ihr Bezug zum Westen  藁谷 郁美  Religionskritik in Philosophie und Literatur seit der Aufklaerung  2008/04 
研究論文(学術雑誌)  共著  ドイツ語携帯教材開発(「ITと学習環境プロジェクト」中間報告書)  藁谷 郁美  ITと学習環境プロジェクト 中間報告書  湘南藤沢学会  11-16, 22-49  2007/07/20 
研究論文(学術雑誌)  共著  ドイツ語教材開発研究プロジェクト  藁谷 郁美  DMNetコンソーシアム2004-2005年度報告書  湘南藤沢学会  37-42  2006/07/20 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  ドイツ語発音導入のためのCD-ROM練習ソフト開発・実践・評価  平高史也、関口一郎、大淵智勝、菊池沙枝子、長谷川靖、井上啓史、山口杏奈、麻野真衣、増田憲二、宮野入亜希子、藁谷郁美  日吉語学視聴覚研究室紀要  33, 52-80  2001/04 
共著  海外研修前後の発話分析に関する予備的考察 -ドイツ語運用能力の変化はどこに現われるか-  平高史也、藁谷郁美  ドイツ語教育(日本独文学会ドイツ語教育部会)  6, 21-34  2000/10 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Podcasting を用いた双方向的な外国語学習  2007年度ワークショップ 「Web2.0時代の教材開発~新しい著作権の考えをテコとして」  2007/06/27 
ポスター発表  外国語学習環境における動画・音声配信教材の意味と機能 - podcastingを中心に -  日本独文学会春季発表会  2007/06/10 
口頭発表(招待・特別)  Religioese Aspekte in der japanischen Literatur und ihr Bezug zum Westen  Interdisziplinaeren Symposium Religionskritik in Philosophie und Literatur seit der Aufklaerung  2007/03/20 
ポスター発表  design Bar - I pod, you what? (SFCドイツ語教材開発研究プロジェクト)  SFC Open Research Forum 2006  2006/11/22 
ポスター発表  次世代外国語学習環境設計(ドイツ語教材開発研究プロジェクト)  SFC Open Research Forum 2005  2005/11/22 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  『DAAD日独フォーラム』  2002/03-現在  実行委員長、および講演・ディスカッションの司会・進行役 
講演  『フォーラム高山』  2001/03-現在  講演・ディスカッションの司会・進行役 
メディア出演(テレビその他)  日本テレビBS放送開局記念番組『ブラボークラッシック』   2001/01-現在  マンフレット・グルリット オペラ『Wozzeck』のテロップ作成 
その他  共同  カリキュラム改編と外国語教育― その後のSFC―  2001/01-現在  発表  
作品・活動(建築、芸術等)  単独  歌劇『ヴォツェック』  2000-現在  世界大戦で埋もれていた作曲家マンフレット・グルリットのオペラ作品『ヴォツェック』のCD。この作品はドイツの詩人ゲオルク・ビューヒナーの作品『Woyzeck』をもとにつくられたオペラである。付属の冊子にすべての歌詞および翻訳をつけてある。作品は日本で初演。 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
マンフレット・グルリット オペラ『Wozzeck』日本初演字幕スーパー作成(於サントリーホール)、2  2000/11 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら