研究業績(口頭・ポスター発表)
公開件数:12件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要 関連情報
1 口頭発表(一般)
Interactional profile of causal kara-clause in Japanese conversation: Because the ‘main’ clause is there or not
International Pragmatics Conference
2009/07/13



2 口頭発表(招待・特別)
「会話における引用と提題の関係-『って』構文の分析」
エスノメソドロジー・会話分析研究会 2007年度研究会大会
2007/09/29



3 口頭発表(一般)
Concessive Meaning Associated with Quotative Forms in Japanese
日本認知言語学会第8回大会
2007/09/22



4 口頭発表(一般)
It was not complex at the beginning - approaching to 'reanalysis' in Japanese conversation
10th International Pragmatics Conference
2007/07/13



5 ポスター発表
The use of morphemes as pragmatic particles and complementizers in Finnish and Japanese -- a crosslinguistic comparison
The Fourth International Conference on Construction Grammar (ICCG4)
2006/09/02



6 口頭発表(一般)
Intersubjectification in the development of quotatives in Japanese conversation
9th International Pragmatics Conference
2005/07/12



7 口頭発表(一般)
Historical Pragmatics (歴史語用論)という視点:日本語の研究例
社会言語科学会第15回大会
2005/03/20



8 口頭発表(一般)
コーパスを利用した研究の一事例:日本語フレームネット
「言語と人間」研究会(HLC)第31回春期セミナー「テーマ:ことばとコミュニケーション」
2005/03/10



9 ポスター発表
The evolution of some quotative forms in Japanese: Quoting, marking adversity and subjectification
第2回オックスフォード神戸言語学セミナー 国際シンポジウム:日本語の歴史と構造
2004/09/28



10 口頭発表(一般)
評価を伴う伝達動詞:「ほめる」「しかる」「おこる」の分析。日本語フレームネット ワークショップ
第5回日本認知言語学会
2004/09/18



11 口頭発表(一般)
文法化の観点から「って」を見ると -通時的・共時的なアプローチー
日本言語学会ワークショップ「話し言葉のデータを使った文法研究の可能性」(企画:鈴木亮子)
2002/11/04



12 口頭発表(一般)
The primacy of topic constructions in Japanese conversations
Symposium on Functional Approaches to Grammar: Theoretical and methodological considerations.
2001/07/13