English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
津谷 典子 
ツヤ ノリコ 
TSUYA NORIKO 

J-GLOBALへのリンク

経歴
シカゴ大学人口研究センター ,リサーチ・アシスタント  1982/09-1985/11 
米国東西センター人口研究所 ,リサーチ・フェロウ  1985/12-1987/02 
日本大学人口研究所 ,研究員  1987/04-1989/03 
日本大学人口研究所 ,助教授  1989/04-1993/03 
国際日本文化研究センター ,共同研究員  1992/04-2000/03 
日本大学経済学部 ,助教授  1993/04-1998/05 
大学院経済学研究科委員  1998/06-現在 
大学教授(経済学部)  1998/06-現在 
大学国際センター学習指導主任  1999/10-2001/09 

学歴
南山大学  外国語学部  1977/03/31  卒業 
シカゴ大学  社会学研究科  博士  1986/03/31  修了  - 

学位
Ph.D.  シカゴ大学  1986/03/31 

研究分野
人口学 

研究テーマ
「世代とジェンダー」からみた少子高齢社会に関する国際比較研究  2002-2004 
近世日本の人口とライフコース  2003-2005 
市場の質に関する理論形成とパネル実証分析-構造的経済政策の構築に向けて-  2003-2007 
長期的視点による人口変動とその構造的要因  2004-2007 

研究業績(著書)
『現代経済事情』(丸山 徹編、pp.35-73)  津谷 典子  培風館  2011/08/10 
少子化時代の家族変容 -パートナーシップと出生行動  津谷 典子  240+ix  東京大学出版会  2011/03/22 
Prudence and Pressure: Reproduction and Human Agency in Europe and Asia, 1700-1900  津谷 典子  380+xxv  Cambridge, Mass.: MIT Press  2010 
Pp.79-106 in Demographic Responses to Economic and Environmental Crises (edited by S. Kurosu, T. Bengtsson & C. Campbell)  津谷 典子  Kashiwa, Chiba: Reitaku University  2010 
Pp.49-108 in Gender Relations in the 21st Century Asian Family (edited by Asia Research Institute, National University of Singapore)  津谷 典子  Singapore: National University of Singapore  2009 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Reproduction and Family Building Strategies in Early Modern Japan  津谷 典子  The History of the Family  15/ 4, 413-429  2010 
研究論文(学術雑誌)  共著  Order amidst Change: Work and Family Trajectories in Japan  津谷 典子  Advances in Life Course Research  15/ 2-3, 76-88  2010 
研究論文(学術雑誌)  単著  わが国の少子化にともなう家族の変容と今後の展望  津谷 典子  公衆衛生  73/ 8, 568-572  2009 
研究論文(学術雑誌)  単著  学歴と雇用安定性のパートナーシップ形成への影響  津谷 典子  人口問題研究  65/ 2, 45-63  2009 
研究論文(学術雑誌)  共著  The Institutional Context of Low Fertility: The Case of Japan  津谷 典子  Asian Population Studies  5/ 3, 47-67  2009 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  わが国の夫婦の就業時間と家事時間  日本人口学会第63回大会  2011/06/11 
口頭発表(一般)  Work Overload: Household Tasks and Employment of Japanese Couples  2011 Population Association of America Annual Meeting  2011/04/01 
口頭発表(一般)  わが国の未婚男女の結婚をめぐる意識と結婚意欲  日本人口学会第62回大会  2010/06/13 
ポスター発表  Role Overload: Preferences for Wives' Employment Hours in Japan  2010 Population Association of America Annual Meeting  2010/04/15 
口頭発表(一般)  Will the Second Demographic Transition Be Global?: The Case of Japan  26th International Population Conference  2009/10/02 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  なぜ日本人口は減少するのか-平成14年将来人口推計の意味-  2003/03/31-現在  「経済学会ブックレット」は、経済学部専門科目のスタッフからなる慶應義塾経済学会により刊行されているもので、その目的はスタッフの研究成果を共有し、また経済学部生および院生にも還元するものである。従って、このブックレットは経済学部教員のみならず、学部生および院生にも配布され、授業や議論の資料として使用されている。 
新聞・雑誌等(書評・論評等)  単独  現代人口学-少子高齢社会の基礎知識- 阿藤 誠著(2000年日本評論社より出版)  2001/08-現在 
新聞・雑誌等(書評・論評等)  単独  One Quarter of Humanity: Malthusian Mythology and Chinese Realities by James Z. Lee and Wang Feng (published in 1999 by Harvard University Press)  2001/05-現在 
その他  単独  Family Formation, Childbearing, and Population Aging in Japan  2001/05-現在  世界で最も人口高齢化が急速に進行する日本の戦後トレンドとその直接的要因である出生力低下、それに伴う高齢者のケアと福祉に大きく影響を与える女性の就業および多世代同居割合などの世帯構造変化について説明し、高齢化社会の今後の展望について論じた。 
新聞・雑誌等(書評・論評等)  単独  日本人口論 岡崎陽一著(1999年古今書院より出版)  1999/12-現在 
詳細表示...

社会活動
「少子化社会を考える懇談会」(厚生労働省)  2002/03-現在 
社会保障審議会  2001/08-現在 
社会保障審議会  2001/07-現在 
米国社会科学審議会(SSRC)アベ・フェローシップ・プログラム委員会  1997/07-現在 
国立社会保障・人口問題研究所(旧厚生省人口問題研究所)  1997/04-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本人口学会  1998/06-現在 
詳細表示...

委員歴
「少子化社会を考える懇談会」(厚生労働省)  メンバー  2002/03-現在 
社会保障審議会  臨時委員(人口部会委員)  2001/08-現在 
社会保障審議会  臨時委員(統計分科会員)  2001/07-現在 
日本人口学会  理事  1998/06-現在 
米国社会科学審議会(SSRC)アベ・フェローシップ・プログラム委員会  委員  1997/07-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら