English
慶應義塾大学 
理工学部 
応用化学科 

准教授 
奥田 知明 
オクダ トモアキ 
OKUDA TOMOAKI 

Tel.045-566-1578  
 
http://yagamix.st.keio.ac.jp/tprofile/personal.html?nickname=9ecab6fa77c79e2d9d1241af558755c0  
https://www.youtube.com/watch?v=aWHOiG7T05o  

J-GLOBALへのリンク

経歴
理工学部応用化学科  大学准教授  2015/04/01-現在 
理工学部応用化学科  大学専任講師  2007/04/01-2015/03/31 
米国ウィスコンシン大マディソン校  客員講師  2007/10-2008/09 
理工学部応用化学科  大学助手  2002/04/01-2007/03/31 
先端科学技術研究センター  所員(運営委員会/幹事)  2012/04/01-現在 
理工学研究科開放環境科学専攻環境エネルギー科学専修  大学院学習指導副主任  2015/04/01-2017/03/31 
理工学部国際交流委員会  委員  2011/10/01-2015/09/30 
理工学研究科開放環境科学専攻環境・資源・エネルギー科学専修  専修幹事  2011/04/01-2015/03/31 
理工学メディアセンター協議会  委員  2009/10/01-2013/09/30 
理工学部広報委員会  委員  2009/10/01-2011/09/30 
理工学部応用化学科  広報委員  2003/10/01-2015/03/31 

学歴
東京農工大学  連合農学研究科  博士  2002/03/31  修了 
東京都立大学  理学研究科  修士  1999/03/31  修了 
東京都立大学  理学部  1997/03/31  卒業 

学位
農学  東京農工大学  2002/03/15 

学術受賞歴(賞、称号)
日本エアロゾル学会2016年度井伊谷賞  大流量サイクロンサンプラーが拓くエアロゾル研究の新領域  2016/09/01 
日本エアロゾル学会2016年度計測賞  Kelvin Probe Force Microscopyを用いたエアロゾル個別粒子の帯電状態の測定  2016/09/01 
第7回助成研究成果表彰【鉄鋼技術賞】  生体有害性評価のためのPM2.5の包括的物理化学特性の解明  2016/08/25 
2015 Asian Young Aerosol Scientist Award  Outstanding contribution to aerosol science and technology in Asia  2015/06/27 
日本エアロゾル学会2015年度奨励賞  生体有害性に関連するエアロゾルの物理化学特性の解析  2015/06/26 
詳細表示...

総合紹介
生体有害性に関連する微小粒子状物質(PM2.5)の物理化学特性の解明 

研究分野
環境動態解析 
環境関連化学 
地球宇宙化学 
化工物性・移動操作・単位操作 

研究キーワード
エアロゾル、PM2.5、微小粒子状物質、物理化学特性、生体影響 

競争的資金等の研究課題
独自型サイクロン装置によるインドと中国のエアロゾルの大量捕集とその生体有害性評価  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
大気エアロゾルの帯電状態の解明と生体沈着への影響評価  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/01-2020/03/31 
新規採取法及び細胞・動物曝露実験によるPM2.5の健康影響決定要因の同定  受託研究  環境省  地球環境研究総合推進費  2016/06/01-2019/03/31 
ダブルサイクロン方式によるPM2.5と黄砂粒子の大量捕集システムの開発  補助金  (国研)科学技術振興機構  マッチングプランナープログラム 企業ニーズ解決試験  2016/06/01-2017/03/31 
生体有害性に関連するエアロゾル表面積濃度の連続観測による越境大気汚染の影響評価  補助金  慶應義塾学事振興資金  2016/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
環境化学  奥田 知明  日本地球化学会(監修)地球・環境有機分子質量分析マニュアル2014,第1部第5章  日本有機地球化学会  2014  URL 
エアロゾルの大気環境影響  奥田 知明、田中 茂、賀 克斌、馬 永亮  24-32  京都大学学術出版会、京都  2007 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Monthly and diurnal variation of the concentrations of aerosol surface area in Fukuoka, Japan, measured by diffusion charging method  Kiriya, M., Okuda, T., Yamazaki, H., Hatoya, K., Kaneyasu, N., Uno, I., Nishita, C., Hara, K., Hayashi, M., Funato, K., Inoue, K., Yamamoto, S., Yoshino, A., Takami, A.  Atmosphere  8/ 7, 114  2017/06/28  doi:10.3390/atmos8070114 
研究論文(学術雑誌)  共著  Improvement of a high-volume aerosol particle sampler for collecting submicron particles through the combined use of a cyclone with a smoothened inner wall and a circular cone attachment  Okuda, T., Isobe, R.  Asian Journal of Atmospheric Environment  11/ 2, 131-137  2017/03/31 
研究論文(学術雑誌)  共著  Weak size dependence of resuspended radiocesium adsorbed on soil particles collected after the Fukushima nuclear accident  Kaneyasu, N., Ohashi, H., Suzuki, F., Okuda, T., Ikemori, F., Akata, N., Kogure, T.  Journal of Environmental Radioactivity  172, 122-129  2017/03/25 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  環境大気エアロゾルの帯電状態測定の現状と展望  奥田 知明  クリーンテクノロジー  27/ 4, 37-40  2017/06/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  PM2.5 induced airway inflammation and hyperresponsiveness in NC/Nga mice  Ogino, K., Nagaoka, K., Okuda, T., Oka, A., Kubo, M., Eguchi, E., Fujikura, Y.  Environmental Toxicology  32/ 3, 1047-1054  2017/03/31  10.1002/tox.22303 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  Need of a high-volume PM2.5 sampler for performing better gravimetric measurements and chemical analyses  10th Asian Aerosol Conference  2017/07/05 
口頭発表(招待・特別)  Estimation of influence of artifact on carbonaceous aerosol measurement by newly developed cyclone sampler  10th Asian Aerosol Conference  2017/07/05 
口頭発表(招待・特別)  Size characteristics of resuspended 137Cs on soil particles derived from the Fukushima accident  10th Asian Aerosol Conference  2017/07/05 
口頭発表(招待・特別)  Development of the high volume simultaneous sampler for fine and coarse aerosol particles using a combination of virtual impactor and multi-cyclone  10th Asian Aerosol Conference  2017/07/05 
口頭発表(一般)  PM2.5の帯電状態測定のための平行電極板型分級デバイスの数値シミュレーション  日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会  2017/03/16 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  微小粒子の捕集装置  特願2016-152501  2016 
実用新案  自動オープンクロマトグラフィー装置  2007/07  2007/09/12  3135990 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
ベストレクチャー  「環境化学2」による  2016/04/13 
詳細表示...

担当授業科目
自然科学実験(化学) 
自然科学実験(化学) 
応用化学実験CD 
応用化学実験CD 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  2015/06/23-現在 
日本エアロゾル学会  2006/04/01-現在 
日本分析化学会  2004/04/01-現在 
大気化学研究会  2002/04/01-現在 
大気環境学会  2002/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
日本化学会  関東支部幹事  2017/04/01-現在 
日本化学会  環境安全推進委員会委員  2015/07/01-現在 
大気環境学会  年会実行委員会  2015/04/01-2015/10/31 
大気環境学会  国際交流委員会:副委員長  2015/01/01-現在 
大気環境学会誌編集委員会兼編集実務委員会  編集委員  2012/09/13-2016/06/30 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら