English
慶應義塾大学 
環境情報学部 
環境情報学科 

顔写真 教授 
金井 昭夫 
カナイ アキオ 
KANAI AKIO 

 
http://vu.sfc.keio.ac.jp/faculty_profile/cgi/f_profile.cgi?id=172bf44dd53bd101  

J-GLOBALへのリンク

プロフィール
略歴:1985年 早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒業。87年同大学大学院理工学研究科修士課程物理学及び応用物理学専攻修了。90年東京大学大学院薬学系研究科博士課程生命薬学専攻修了。90年米国国立衛生研究所 (米国NIH)博士訪問研究員、92年東京都臨床医学総合研究所研究員、96年科学技術振興事業団ERATOプロジェクトグループリーダー、技術参事を経て、2001年より慶應義塾大学先端生命科学研究所助教授。2006年より慶應義塾大学先端生命科学研究所・教授(同・環境情報学部・教授)。 

経歴
米国国立衛生研究所(NIH) ,博士訪問研究員  1990/10-1992/10 
(財)東京都臨床医学総合研究所 ,研究員  1992/11-1996/03 
科学技術振興事業団ERATOプロジェクトグループリーダー及び技術参事  1996/04-2001/03 
大学助教授(有期)(環境情報学部・先端生命科学研究所)  2001/04-2006/03 
大学教授(環境情報学部・先端生命科学研究所)  2006/04-現在 

学歴
早稲田大学  教育学部  1985/03/31  卒業 
早稲田大学  理工学研究科  修士  1987/03/31  修了 
東京大学  薬学系研究科  生命薬学専攻  博士  1990/03/31  修了 

学位
薬学   東京大学  1990/03/31 

総合紹介
RNAやRNA結合蛋白質を中心に大腸菌、アーキア(古細菌)、線虫など様々な生物種を用いて研究を行なっている。特にNon-coding RNA (翻訳されないRNA)の解析や新規のRNA結合蛋白質の同定を情報科学的な手法と分子生物学的な手法を融合させる形で実践している。核酸の制御機構の研究から、遺伝情報の発現や発生、分化、生命の起源などにアプローチしたいと考えている。また人工的に構築した機能性RNAを介して、細胞やウイルスの増殖をコントロールするようなシステムを模索している。 

教員からのメッセージ
いま、基礎研究をやろう!
 自身の研究をより一般的な疑問に回答をだすようにと展開していきましょう。いたずらに目先の利益に惑わされることなく、その研究を昇華させていきましょう。極めて素晴らしい応用研究は基礎研究の汗の上に花開くものです。そして、その過程を戦略的に、諦めずに遂行していきましょう。もしかすると、その研究に対して大いなる批判を受けるかもしれません。でも、社会はもともと、不平等な部分があるものです。例えば、誰かが、何かで得をしていることなど、羨むのはやめましょう。何も気にすることはないのです。大手を振って楽しく自身の研究をやりましょう。ただし、独りよがりにならないように、批判的な目をもって、かつ自分のロマンを信じましょう。基礎研究は文化の基盤をつくり、人の心を豊かにします。 
 

研究分野
ゲノム生物学 
分子生物学 
進化生物学 

研究キーワード
ノンコーディングRNA、転移RNA、アーキア(古細菌)、RNA関連酵素、遺伝暗号 

研究テーマ
(1) RNA-binding proteins & RNA-related enzymes (2) Non-coding RNAs (3) microRNAs (4) Sense-antisense gene regulation (5) DNA replication (primer RNA processing) (6) Post-transcriptional RNA processing (7) Cell differentiation & Aging (8) Molecular evolution  2001-現在 

研究業績(著書)
Molecular Biology of the Transfer RNA Revisited  Akio Kanai  Frontiers Media SA  2014/12  978-2-88919-366-0  URL 
Evolutionary Biology: Exobiology and Evolutionary Mechanisms  Kanai, A.  181-193  Springer-Verlag Berlin Heidelberg, Germany  2013 
Brenner's Encyclopedia of Genetics, 2nd edition  Fujishima, K. and Kanai, A.  543-544  Elsevier Academic Press  2013/04/23  978-0-08-096156-9 
Archaea: Structure, Habitats and Ecological Significance  Fujishima, K. and Kanai, A.  69-94  Nova Science Publishers, Inc.  2011  978-1-61761-932-8 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Systematic characterization of artificial small RNA-mediated inhibition of Escherichia coli growth  Noro, E., Mori, M., Makino, G., Takai, Y., Ohnuma, S., Sato, A., Tomita, M., Nakahigashi, K. and Kanai, A.  RNA Biology  Taylor & Francis Group  14/ 2, 206-218  2017  10.1080/15476286.2016.1270001 
研究論文(学術雑誌)  共著  Distinct requirements for energy metabolism in mouse primordial germ cells and their reprogramming to embryonic germ cells.  Hayashi, Y., Otsuka, K., Ebina, M., Igarashi, K., Takehara, A., Matsumoto, M., Kanai, A., Igarashi, K., Soga, T. and Matsui, Y.  Proceedings of the National Academy of Sciences. U. S. A.  114/ 31, 8289-8294  2017/08/01  10.1073/pnas.1620915114 
研究論文(学術雑誌)  共著  Involvement of nucleotide diphosphate kinase 2 in the reopening of the sensitive period of filial imprinting of domestic chicks (Gallus gallus domesticus).  Yamaguchi, S., Aoki, N., Takehara, A., Mori, M., Kanai, A., Matsushima, T. and Homma, K. J.  Neuroscience Letters  Elsevier  612, 32-37  2016  10.1016/j.neulet.2015.12.004 
研究論文(学術雑誌)  共著  Expansion of non-canonical V-arm-containing tRNAs in eukaryotes.  Hamashima, K., Tomita, M. and Kanai, A.  Molecular Biology and Evolution  33/ 2, 530-540  2016  10.1093/molbev/msv253 
研究論文(学術雑誌)  共著  Precise mapping and dynamics of tRNA-derived fragments (tRFs) in the development of Triops cancriformis (tadpole shrimp).  Hirose, Y., Ikeda, T. K., Noro, E., Hiraoka, K., Tomita, M. and Kanai, A.  BMC Genetics  16/ 83  2015/07/14  10.1186/s12863-015-0245-5 
詳細表示...

担当授業科目
ゲノム分子生物学 1 
概念構築 (BI) 
先端分子細胞生物学 
ゲノム分子生物学 2 
詳細表示...

所属学協会
RNA Society 
American Association for the Advancement of Science (AAAS) 
American Society for Microbiology (ASM) 
日本分子生物学会 
日本生化学会 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら