研究業績(著書)
公開件数:10件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 未来への貢献 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス―産学の対話2004―
野末 聖香
116-127
水曜社
2004/07/30
4-88065-121-4



2 ナースのためのアサーション
野末 聖香、平木典子、沢崎達夫

金子書房
2002/12




3 ナースによる心のケア・ハンドブック-現象の理解と介入方法
野嶋佐由美、南裕子監修、著者34名
28-29,222-223,232-233,384-385
照林社
2000/07


心のケアが必要な状態と心のケアの介入方法について、事項別に、定義、介入、留意点を分かりやすくまとめた副読本。

4 明解看護学双書3精神看護学(金芳堂)
監修:山崎智子。編集:野嶋佐由美。著者:野嶋佐由美、中山洋子、津田紀子、岡谷恵子、畦地博子、野末聖香、宮内美紀子、柿本市子、梶原和歌
115-128

1997/03


精神看護学のテキストの中で、リエゾン精神看護の対象とその理解、看護ケアの方法などリエゾン精神看護の理論と実践への適応について概説した単著。

5 一般外来の精神医学
浜田晋、高木誠、野末聖香、重松敏子
184-219
医学書院
1996/11


患者の心と身体を分離することから始まった近代医療の危機的状態とこれからの医療のあり方について精神科医と内科医が対談したもの。この中で、精神看護の立場からチーム医療のあり方、看護の意味について述べた。

6 系統看護学講座専門3(第3版)臨床看護総論
南裕子、岩井郁子、岡部聰子、太田喜久子、堀内成子、大西和子、平野かよ子、井部俊子、山下香枝子、佐藤エキ子、及川郁子、操華子、小代(野末)聖香、他7名
212-229
医学書院
1996/01


精神が健康であるとはどのような状態か、主な精神障害の理解とその看護、主要な治療方法、家族支援などについて概説した看護基礎教育のテキストである。

7 基本セルフケア看護:心を癒す

28-33、138-145
講談社
1996/01


心の健康と病を精神力動理論の視点でとらえ、セルフケア看護論に統合した概念枠組みをもとに、看護実践のさまざまな場や事例を理論のもとに分析し考察した23編からなる論文集である。「患者一看護婦関係のモデル」と「神経症を病む人の心とセルフケア」の2編を単独執筆した。

8 系統看護学講座専門3(第2版)臨床看護総論

195-211
医学書院
1993/01


精神看護学のテキストの第4章主要症状を示す患者の看護の中の1つの節で「精神障害とは」「精神疾患とその治療」「精神の看護」「精神障害者の家族への援助」の概説の単著

9 行動科学と医療
南 裕子、小代(野末)聖香
113-136
弘文堂
1991/11


健康と病気のセルフケアの総説。

10 精神看護学叢書3

221-232
メディカルフレンド社
1989/05


一般病院における精神看護の理論と実践を教科書として執筆。