English
慶應義塾大学 
普通部 

教諭 
高橋 傑 
タカハシ スグル 
TAKAHASHI SUGURU 

経歴
東京大学史料編纂所 ,非常勤職員  1997/07-2000/03 
慶應義塾教諭(普通部)  2001/04-現在 

学位
修士(文学)  早稲田大学  2000/03/15 

研究キーワード
荘園史 
村落史 
日本中世史 
荘園調査 

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  中世後期荘園における検注と検注使-永享二年の粉河寺領東村を中心に-  髙橋 傑  ヒストリア  大阪歴史学会  263, 51-74  2017/08  04392787 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  東京近郊の里山が辿った歴史-横浜市港北区日吉周辺を中心に  髙橋 傑  里山という物語 環境人文学との対話  勉誠出版  232-242  2017/06/30 
(MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)  単著  歴史学習のフィールドワークにおけるGISの活用  髙橋 傑  2016年度日本地理教育学会第66回大会要旨集  日本地理教育学会  2016/08 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  地域の歴史学習における地籍図とGISの活用  髙橋 傑  教育総合研究所所報  早稲田大学教育総合研究所  24, 46-50  2016/06 
(MISC)研究論文  単著  地域の歴史学習における地籍図とGISの活用  髙橋 傑  早稲田教育ブックレット 歴史教育の中の絵画資料  学文社  14, 29-37  2016/03/31 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  GISによる荘園調査 -播磨国矢野荘・美濃国大井荘を事例に-  Hiyoshi Research Portfolio  2016/11/26 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  地域の歴史学習における地籍図とGISの活用  早稲田大学教育総合研究所教育最前線講演会シリーズXXI『歴史教育の中の絵画資料』  2015/12/12 
ポスター発表  中・近世における矢上村の景観・生活復原 ―普通部における選択授業の途中報告として―  Hiyoshi Research Portfolio  2009 
口頭発表(一般)  周防国美和荘兼行方の年貢輸送について -遠隔地荘園支配の諸相-  東寺文書研究会  2006/08/09 
口頭発表(招待・特別)  伊予国弓削島荘における水田耕作の行方-荘園調査の中間報告として-  早稲田大学水稲文化研究所主催21世紀COEプログラム関連シンポジウム「ジャポニカの起源と伝播」  2005/10/29  弓削島における水田耕作は、塩が主な貢納品であったため、他の地域にみられるような賦課対象としての価値を持ち得なかった。近世初頭の塩業の衰退によって、水田は一時増加したが、収量の少なさから畑地に転換されていった。 
詳細表示...