English
慶應義塾大学 
医学部 
精神・神経科学 

准教授 
村松 太郎 
ムラマツ タロウ 
MURAMATSU TARO 

研究キーワード
司法精神医学 
神経心理学 
うつ病 

研究業績(著書)
うつ病の医学と法学  村松 太郎  中外医学社  2017/06/20  978-4-498-12992-4 
精神科レジデントマニュアル  村松 太郎  診断書、紹介状の書き方  医学書院  2017/03/15  978-4-260-03019-9 
精神科レジデントマニュアル  村松 太郎  司法とのかかわり方  医学書院  2017/03/15  978-4-260-03019-9 
精神科レジデントマニュアル  村松 太郎  触法患者への対応  医学書院  2017/03/15  978-4-260-03019-9 
精神科レジデントマニュアル  村松 太郎  操作的診断  医学書院  2017/03/15  978-4-260-03019-9 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Altered brain activation by a false recognition task in young abstinent patients with alcohol dependence  村松 太郎  Alcoholism: Clinical and Experimental Research  31/ 9, 1589-1597  2007/09 
研究論文(学術雑誌)  共著  視線処理における側頭葉・扁桃体の役割と統合失調症  秋山知子 加藤元一郎 村松 太郎 鹿島晴雄  臨床精神医学  36/ 8, 939-945  2007/08 
研究論文(学術雑誌)  共著  Activation of right insular cortex during imaginary speech articulation  村松 太郎  Neuroreport  18/ 5, 505-509  2007/05 
研究論文(学術雑誌)  共著  Early initiation of L-dopa therapy enables stable development of executive function in tetrahydrobiopterin (BH4) deficiency.  村松 太郎  Develpmentl Medicine $ Child Neurology  49/ 5, 372-376  2007/05 
研究論文(学術雑誌)  共著  高次脳機能障害  村松 太郎  鹿島晴雄  臨床精神医学  35, 50-53  2006 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  統合失調症の基本障害について  日本精神病理・精神療法学会第30回大会  2007/10/05 
口頭発表(一般)  Forced gaze followingがみられた両側前頭葉損傷の2例  第31回日本神経心理学会総会  2007/09/27 
ポスター発表  Time-series analysis of brain pathology and morphology in thiamine deficiency mice  Research Society on Alcohol  2007/07/07 
口頭発表(招待・特別)  認知機能(特に前頭葉機能)の評価法  第103回日本精神神経学会総会  2007/05 
口頭発表(一般)  アルツハイマー型認知症における表情認知と行動障害の関連について  第30回日本高次脳機能障害学会  2006/11/16 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
職務上の実績  単独  刑事精神鑑定(殺人被告事件)  2010/02-現在 
職務上の実績  単独  刑事精神鑑定(殺人未遂被疑事件)  2010/02-2010/04 
職務上の実績  刑事精神鑑定(詐欺被告事件)  2009-現在 
職務上の実績  刑事精神鑑定(銃砲刀剣類所持等取締法違反、建造物侵入被告事件)  2009-現在 
職務上の実績  刑事精神鑑定(建造物侵入、放火予備、現住建造物等放火未遂被疑事件)  2009-現在 
詳細表示...

社会活動
日本精神神経学会  2006-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本神経心理学会 
日本高次脳機能学会 
詳細表示...

委員歴
日本神経心理学会  評議員 
日本高次脳機能学会  評議員 
日本精神神経学会  国際委員会委員  2006-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら