English
慶應義塾大学 
体育研究所 

准教授 
野口 和行 
ノグチ カズユキ 
NOGUCHI KAZUYUKI 

経歴
大学助手(嘱託)(体育研究所)  1994/04-1995/03 
大学助手(嘱託)(体育研究所)  1995/04-1996/03 
大学助手(嘱託)(体育研究所)  1996/04-1997/03 
大学助手(体育研究所)  1997/04-2001/03 
大学専任講師(体育研究所)  2001/04-2012/03 

学歴
東京学芸大学  教育学部  1990/03/31  卒業 
東京学芸大学  教育学研究科  修士  1992/03/31  修了 

学位
教育学修士  東京学芸大学  1992/12/02 

研究分野
体育学 

研究キーワード
野外教育 
レクリエーション 

研究テーマ
野外教育における心理的効果  1998-2005 

競争的資金等の研究課題
学生を対象としたキャンプの効果測定-自己概念の変容に着目して  2000-現在 
学生を対象としたキャンプの効果測定-自己概念の変容に着目して  1999-現在 
詳細表示...

研究業績(著書)
自閉症と豊かな暮らし−キャンプロイヤルから学ぶ  野口 和行  晃洋書房  2014/07/30  978-4-7710-2555-4 
障がいのある子どもの野外教育  野口 和行自然体験活動研究会  アメリカにおけ障がい者のための野外教育  杏林書院  2011/08/30  978-4-7644-1586-3 
改訂 アイススケーティングの基礎  野口 和行大学スケート研究会  総合的なスケートの楽しみ方 授業を企画しよう  アイオーエム  2011/01/05  978-4-900442-53-5 
キャンプ指導者入門  野口 和行星野敏男,神崎清一,一村小百合,清水幸一,翠尾由美,時安和行,冨山浩三,野口和行  日本キャンプ協会  2006/03/01  978-4-904008-00-3 
新訂版 自然体験活動の方法-アウトドアゲーム指導法マニュアル-  野口 和行土井浩信,平野吉直,野口和行,鶴川高司  日本教育科学研究所  2003/03 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(大学,研究機関紀要)  体育実技履修学生の社会的スキルおよび自己効力感の水準に関する基礎的検討  野口 和行村山光義,加藤大仁,須田芳正,村松憲,野口和行  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  52/ 1, 21-31  2013/01/15 
研究論文(大学,研究機関紀要)  学生の社会的スキル向上を目指した体育実技実践の試み  野口 和行野口和行,須田芳正,村松憲,村山光義,加藤大仁  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  52-1  2013/01/15 
研究論文(大学,研究機関紀要)  米国における一般教育としての保健体育科目ーノースカロライナ州立大学の事例  野口 和行  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  51/ 1, 21-28  2012/01/15 
研究論文(大学,研究機関紀要)  米国における障害者を対象とした野外教育ー米国の障害者政策と障害者教育の変遷との関連ー  野口 和行  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  50/ 1, 23-32  2011/01/15 
研究論文(大学,研究機関紀要)  慶應義塾大学大学生のスポーツ・運動行動に関する実態調査  野口 和行野口和行,近藤明彦,加藤大仁,山内賢  慶應義塾大学体育研究所紀要  慶應義塾大学体育研究所  48/ 1, 7-21  2009/01/15 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  既知集団の親和に及ぼすキャンプ体験の効果  日本体育学会第55回大会  2004/09/25 
口頭発表(一般)  キャンプにおける感情の変化-プログラムとグループ内の相互作用に着目して-  日本野外教育学会第7回大会  2004/06/20 
口頭発表(一般)  キャンプ中の感情の変化について  第8回日本キャンプ会議  2004/05/15 
口頭発表(一般)  集中授業「アウトドアレクリエーションにおける学生による授業評価-経年変化及び参加者が意識する効果について-  日本スポーツ教育学会第18回大会 日本スポーツ教育学会第18回大会抄録集  1998/11  集中授業「アウトドアレクリエーション」受講学生を対象に学生による授業評価を行い、一昨年度の評価と比較をした。また、学生の感想文より抽出した内容を分類し、学生の立場からみた効果についても検討した。 
パッケージドプログラムの開発と講習会の実践事例  日本野外教育学会第1回大会 日本野外教育学会第1回大会プログラム・研究発表抄録集  1998/05  自然体験活動の一環として開発したパッケージドプログラム「IOREシート」及び講習会の実践事例を紹介し、自然体験活動の普及の在り方について論じた。 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター主催事業「青少年教育実践e-研修自然体験活動実践事例講座」講師  2004/11-2005/03 
教育上の業績  (社)日本キャンプ協会主催キャンプディレクター1級講習会講師  2004/11/19-2004/11/23 
教育上の業績  (財)日本教育科学研究所主催「アウトドアゲーム指導法講習会」講師  2004/11/05-2004/11/07 
教育上の業績  (財)日本教育科学研究所「アウトドアゲーム指導法講習会」講師  2003/11/07-2003/11/09 
教育上の業績  共同  公開シンポジウム「ウォーキング-健康法として、文化として-」(コーディネーター)  2003/03/15-現在 
詳細表示...

社会活動
社団法人日本キャンプ協会  1998/05-現在 
大学スケート研究会  1995/11-現在 
社団法人日本キャンプ協会  1994/07-1998/04 
財団法人日本教育科学研究所  1994/01-現在 
日本スケート連盟 準指導員   1993/11-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本環境教育学会  2003/04/15-現在 
日本野外教育学会  1997/10-現在 
日本スポーツ教育学会  1994/06-現在 
日本レジャー・レクリエーション学会  1992/09-現在 
大学スケート研究会  1990/11-現在 
詳細表示...

委員歴
日本環境教育学会  会員  2003/04/15-現在 
社団法人日本キャンプ協会  専門委員  1998/05-現在 
日本野外教育学会  会員  1997/10-現在 
大学スケート研究会  常任理事  1995/11-現在 
社団法人日本キャンプ協会  研究員  1994/07-1998/04 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら