研究業績(著書)
公開件数:20件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 韓日産業競争力比較
柳町 功

韓国学術情報㈱
2013/01/31
978-89-268-4052-8



2 コーポレート・ガバナンスと企業倫理の国際比較
柳町 功
191-209
ミネルヴァ書房
2010/04




3 協働体主義 -中間組織が開くオルタナティブ-
柳町 功
175-200
慶應義塾大学出版会
2009/11




4 東アジアの企業経営 -多様化するビジネスモデル-
柳町 功
23-47
ミネルヴァ書房
2009/07




5 グローバル時代の韓国企業と経営
柳町 功
547-569
法文社(韓国・ソウル)
2006/06/03
89-18-12127-X

韓国財閥における所有構造変化の考察において、外国人株主(外国金融資本など)と盧武鉉政権による対財閥政策の変化に注目した。韓国の企業社会を取り巻く内外環境にどのように対処しうるのか、財閥自身の手による明確な目標提示とそれに対応した合理的な方策の確立が緊要である。

6 アジアのコーポレート・ガバナンス
柳町 功
66-87
学文社
2005/10/30
4-7620-1469-9

第2部「韓国のコーポレート・ガバナンス」の総括を担当し、「所有構造とコーポレート・ガバナンス」を執筆。近年の所有構造の変化を上場企業全体と財閥、さらには個別企業レベルで分析し、コーポレート・ガバナンス上の問題点を指摘した。

7 東アジア経済研究のフロンティア -社会経済的変化の分析
柳町 功
165-210
慶應義塾大学出版会
2004/10/10
4-7664-1015-7

「韓国における経済発展と企業家精神 -三星財閥・李秉喆の事業報国理念-」を執筆。一国の経済発展を、一人の財閥創業者の企業家精神の形成とその具体的展開という視点から考察した。

8 企業統治構造の国際比較
柳町 功
137-158
ミネルヴァ書房
2003/10/30


「韓国の企業統治構造」を執筆。コーポレート・ガバナンスの問題を国際比較する視点で編集された書物だが、韓国のコーポレート・ガバナンス問題の基本的な特徴や構造などを整理・考察した。

9 総合政策学の最先端Ⅲ 多様化・紛争・統合
柳町 功
104-126
慶應義塾大学出版会
2003/10/15


「韓国における企業構造改革の展開 -外国資本の影響と韓国的経営風土」を執筆。1997年のIMF経済危機以降の財閥改革を、外国資本の影響力の高まりとの関連で考察した。

10 アジアの企業家
柳町 功
9-43
東洋経済新報社
2003/03/06
4-492-44297-9

「韓国の三星 -国家の発展を先導した財閥」を執筆。韓国最大の財閥である三星グループの創業者・李秉喆について、企業家史の視点から整理した。

11 韓国学のすべて
柳町 功
78-81、82-85、86-89、90-93
新書館
2002/05
4-403-25058-0

「開発経済と対外関係」、「財閥」、「中小企業とITベンチャー」、「労使関係」を執筆。韓国学(経済・経営)のなかで最重要な問題についての研究動向を整理し、議論の焦点を考察した。

12 韓国経済の解剖 -先進国移行論は正しかったのか-
柳町 功
192-212
文眞堂
2001/07


「韓国財閥におけるオーナー経営の執拗な持続」を執筆。IMF経済危機後の韓国財閥の変容過程について、オーナー経営体制を軸に整理した。

13 千倉書房
柳町 功
156-162

2000/09/01


「韓国における財閥体制の変容 -企業構造調整の本質を巡って-」を執筆。IMF経済危機以降急速に進む財閥改革が、かつての財閥体制にどのような変容を迫るのか、金大中政権の財閥政策との関連から論じた。

14 勁草書房
板谷茂編,平野健一郎,木村光彦,朴一,柳町功,中嶋航一
139-177

1997/02


「近代朝鮮における企業者活動 ―韓相龍と漢城銀行―」を執筆。植民地期を含む近代の朝鮮を舞台にした企業家史を、銀行家を事例として整理した。

15 日本大学商学部
日本大学商学部東アジア経営比較研究会編
33-36、37-40、41-44、45-48

1996/03


「韓国の自動車産業」、「韓国の電子部品産業」、「韓国の工作機械産業」、「韓国のソフトウェア産業」を執筆。韓国の主要機械工業についての研究文献の解題を整理した。

16 文眞堂
陳炳富,林倬史編
111-144

1995/05


「韓国半導体産業における技術蓄積と国際競争力」を執筆。韓国の半導体産業について、代表的企業である三星電子の国際競争力の視点から整理した。

17 勁草書房
板谷茂編,本田実信,中嶋航一,柳町功
131-162

1995/04


「近代株式会社の形成と儒教的価値観の変化 -明治初期と韓末期の比較-」を執筆。近代化の中身を近代株式会社制度の形成・発展ととらえ、近代の日本と朝鮮を比較した。

18 八千代出版
中垣 昇・友杉芳正・近藤龍司編著
6-11,148-168

1995/04/10


「企業形態」(企業形態の意義と分類、企業形態の発展、株式会社形態、カルテル、トラスト、コンツェルン、公企業)、「経営史」(ヨーロッパの経営史、アメリカの経営史、日本の経営史、アジアの経営史=韓国・シンガポール・タイ)

19 勁草書房
板谷茂編,中嶋航一,柳町功,李健泳,田巻松雄
113-147

1994/04


「韓国企業の『財閥』化過程の展開 ―三星財閥の事例を中心に―」を執筆。経営史・企業家史の観点から、韓国の戦後経済発展史を整理した。

20 岐路に立つ韓国企業経営
柳町 功
29-55,57-83
名古屋大学出版会
1994/02


「韓国半導体企業の技術的発展 ―三星グループを例として―」、「韓国半導体企業の経営グローバル化」を執筆。韓国の代表的産業に発展した半導体産業について、企業レベルでの技術蓄積の観点から整理した。