English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
赤林 英夫 
アカバヤシ ヒデオ 
AKABAYASHI HIDEO 

 
http://www.akabayashi.info/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
通商産業省  係員・係長  1988/04-1990/05 
マイアミ大学  ビジネススクール経済学科  客員講師  1995/08-1996/06 
世界銀行, コンサルタントエコノミスト  1996/07-1997/03 
慶應義塾大学  経済学部  助教授  1997/04-2006/03 
大学経済学部学習指導副主任  1997/10-1999/09 
大学経済学部学習指導副主任  1999/10-2001/09 
大学経済学部学習指導副主任  2001/10-2003/09 
一橋大学経済研究所講師(客員助教授)  2003/04-2004/03 
東京大学総合文化研究科講師(客員助教授)  2003/10-2005/03 
全米経済研究所(NBER)客員研究員  2005/03-2007/02 
大学教授(経済学部)  2006/04-現在 
大学院経済学研究科委員  2006/04-現在 
経済学部運営委員  2007/10-2009/09 
政策研究大学院大学客員教授  2009/04-2011/03 
大学院経済学研究科学習指導担当  2009/10-2013/09 
経済学部附属経済研究所  副所長  2013/04/01-2015/03/31 

学歴
シカゴ大学  経済学研究科  博士  1996/06/30  修了  - 
東京大学  総合文化研究科  広域科学  修士  1988/03/31  修了 
東京大学  教養学部  基礎科学第二  1986/03/31  卒業 

学位
Ph.D.  シカゴ大学  1996/06/07 

教員からのメッセージ
価格理論の家族や社会への応用が専門です。具体的テーマとしては、それぞれの分野において政策的インパクトの大きいものを選び、同時に、経済理論的にも新しい話題の提供できる研究を心がけています。研究対象となる地域は限定せず、方法としては、テーマによって、理論・実証両方を使っています。従って、アイデアと根気が勝負と思っていますので、その点では負けない自信のある皆さんとの出会いを楽しみにしています。現在は、日本の教育と労働市場の分析にほぼ集中しています。 
 

研究分野
教育の経済学 
家族の経済学 
労働経済学 

研究キーワード
教育 
学校 
家族 
経済学 
労働 
学力テスト 
学級規模 
学校選択 
教育バウチャー 
教育史 
政策評価 
ミクロ計量経済学 
縦断調査 
パネルデータ 
行動経済学 
子どもの発達 
人的資本 

研究テーマ
家庭内教育の理論・実験的研究  経済理論と経済実験を用いて、家庭内教育決定のメカニズムを明らかにする  1995-現在 
日本における教育政策の実証研究  学校選択、私学補助金制度、少人数学級政策、教育の多様化などが地域の教育力に与えた影響を分析。また、国立大学政策が日本の私立大学の発展に及ぼした影響の分析。  2001-現在 
日本の家族の変動と取引  出生率の変動や政策変更が結婚市場に与えた影響の分析等。  2005-現在 
親子の縦断調査を用いた家族、学力、心理のミクロ計量経済分析  2010年から収集を続けている日本子どもパネル調査(JCPS)に基づき、子どもの学力や心理・行動の変化と家庭環境の関連を分析する。  2009-現在 

競争的資金等の研究課題
チャンス・フォー・チルドレン事業評価に関する協定  その他  一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン  2012/01/15-2013/03/31 
教育施策の費用効果分析業務  受託研究  2010/04/01-2011/03/31 
教育施策の費用効果分析業務  受託研究  2009/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
Behavioral Interactions, Markets, and Economic Dynamics: Topics in Behavioral Economics  赤林 英夫  Chapter 1. "An Equilibrium Model of Child Maltreatment." pp.3-41  Springer  2016  978-4-431-55500-1  URL 
学力・心理・家庭環境の経済分析  赤林英夫、直井道生、敷島千鶴  有斐閣  2016 
公共の経済・経営学―市場と組織からのアプローチ  赤林 英夫・荒木宏子  第10章 「公共育政策の経済学的評価」pp. 239-266  慶應義塾大学出版会  2012/11/30  978-4-7664-1963-4  URL 
親子関係と家計行動のダイナミズム-財政危機下の教育・健康・就業  篠ヶ谷圭太/赤林 英夫  慶應義塾大学出版会  2012/06/30  978-4-7664-1947-4  URL 
『働き方と幸福感のダイナミズム―家族とライフサイクルの影響』  赤林英夫・敷島千鶴・山下絢  「就学前教育・保育形態と学力・非認知能力:JCPS2010 - 2012に基づく分析」pp.55-70、「JHPS2012調査の概況」pp. 3-29.  慶應義塾大学出版会  2012/06/30  978-4-7664-1947-4  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Toward an International Comparison of Economic and Educational Mobility: Recent Findings from the Japan Child Panel Survey  赤林英夫、中村亮介、直井道生、敷島千鶴  Educational Studies in Japan: International Yearbook  Japanese Educational Research Association  10  2016 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  教育関係者はエビデンスと冷静に向き合うべき  赤林 英夫  教職研修  教育開発研究所  95-97  2015/08/01 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  少人数学級政策の教育効果の不都合な真実  赤林 英夫  シノドス  シノドス  2015/02/04  URL 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Worldviews and Altruistic Behavior: A Progress Report on Experimental Study  SunYoun Lee, Hideo Akabayashi,Akiko Kamesaka,.Byung-Yeon Kim, Hyeog Ug Kwon, Hyoung-Seok Lim, Masao Ogaki, Fumio Ohtake, and Xiangyu Qu  Journal of Behavioral Economics and Finance  7, 79-83  2014  http://doi.org/10.11167/jbef.7.79 
Can small class policy close the gap? An empirical analysis of class size effects in Japan  Akabayashi Hideo, Nakamura Ryosuke  Japanese Economic Review  65/ 3, 253-281  2014  1352-4739  10.1111/jere.12017 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  日本における教育のパネルデータ・実験データの収集 経済学の立場からの実践と課題  日本教育社会学会第67回大会  2015/09/10 
口頭発表(一般)  Dynamics of Educational Inequality among Children in Japan: Findings from the First Four Years of the Japan Child Panel Survey  20th International Panel Data Conference  2014/07/10 
口頭発表(一般)  "Determinants of Cognitive and Non-cognitive Outcomes in Japan: Findings from Japan Child Panel Survey (JCPS):2010-2012,"  Children Youth and Families: Mini-Conference on International Perspectives on Child and Youth Health and Development  2013/05/20 
口頭発表(一般)  "Long-Term Effects of Preschooling on Educational Attainments,"  WEAI  2013/03/14 
口頭発表(一般)  「政策研究のための教育データの現状と日本子どもパネル調査」  教育経済・教育政策コンフェレンス  2012/12/15 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
職務上の実績  単独  レフェリー 
職務上の実績  単独  レフェリー 
その他  共同  ジャパン・ウィキデータ 開設・運営責任者  2006/08/03-現在  日本の政府公表統計のデータベースをボランティアの手によって作成するwikiである。日本の統計データの流通と国際化を目的としている。 
教育上の業績  単独  少人数ゼミナールにおける教育内容・方法の工夫  1998-現在  少人数ゼミナールは、学生にとって、単にアカデミックな知識をつけるだけでなく、限られた時間で能率良く共同作業を仕上げるといった、事務能力向上の機会でもある。私のゼミナールにおいては、一回当たり、相当の分量の英語の文献を、2人一組で読み、疑問点は可能な限り2人で解決し、その内容を紹介する、という実践を繰り返し行っている。2人で担当しているので、お互いの責任感も向上し、かつ、相当高いレベルの論文を読むことができるようになる。このような達成感を学生時代に身につけておくことは、学生にとって、社会に出たときに必要な一つのスキルになると考えている。 
詳細表示...

所属学協会
日本経済学会  1997-現在 
エコノメトリック・ソサエティ  1994-現在 
全米経済学会  1993-現在 
日本家族社会学会  2004-現在 
日本教育社会学会  2004-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら