研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
公開件数:24件
No. 作品分類 単独・共同区分 作品名 発表期間 発表内容 関連情報
1 教育上の業績

EDGE Programのワークショップ:Think, Make, Communicateのセッション司会
2015/03/05-2015/03/05


2 職務上の実績
共同
第5回環境イノベータ国際シンポジウム「New Programs and Leaders in time of Massive Change」を主催
2015/03/04-2015/03/04
キーノートスピーチ、「大変化の時代の環境リーダーの育成」

3 職務上の実績

「Technical Workshop on National Spatial Data Infrastructure (NSDI) for National Development Planning」を主催
2015/02/11-2015/02/13


4 フィールドワーク
共同
国際デザインワークショップ南相馬を主催
2014/09/08-2014/09/11


5 フィールドワーク
単独
国際ワークショップ主催:Technical Workshop on Mineral Resources Development and Environmental Management, Ulanbataar, Mongolia
2014/08/15-2014/08/15


6 教育上の業績
単独
災害リスク総合評価セミナーでの講師、中国気象局・北京師範大学
2014/08/11-2014/08/23


7 講演
単独
Innovation of Environmental Planning Education for the Challenges of Climate Change
2012/01/06-2012/01/08


8 講演
単独
Invited Speech at University of Illinois, Chicago:
Challenges and Opportunities of Asian Cities in Climate Change Mitigation and Adaptation
2011/03/30-現在
Nowadays, more than fifty percent of people in the world are living in cities. Most of the increases come from Asian developing countries. Driven by rapid economic growth, urban transition processes in Asian cities are being compressed into recent decades as Western cities had struggled for hundreds of years. While enjoying the benefits of modern technologies Asian cities are suffering from the “brown” (sanitation) and the “gray” (pollution) problems. On top of that, Asian cities are facing the “green” responsibilities of mitigation of and adaptation to climate changes. The triple environmental pressures bring unprecedented challenges. There are no standard answers on the trajectory of the western cities. Instead, taking the advantages of global knowledge and local wisdom, Asian cities may have great opportunities to achieve leap-frog developments in the transformation toward the green societies. This presentation will review the patterns of urbanization in the world, explore the pros and cons of the Western and Asian cities in mitigation of and adaptation to climate change. A conceptual incentive model which combines individual profit and public interest will be proposed for the best mix of mitigation and adaptation. Education programs and related research will be presented as the examples of the implementation of the model.

9 講演
単独
Invited Speech at Waterloo University:
Remote Sensing of Urban Heat Islands under Conditions of Climate Change: Experience in Japan
2011/03/11-現在
The UHI is a phenomenon of climate change at local scale caused by anthropogenic land uses. We will introduce the principle of thermal remote sensing and the geospatial analysis of thermal images for the UHI studies, clarify the relationship between urban air and surface temperatures; urban development and urban heat island intensities. The projects on development of low-carbon green cities and the programs of adaptation to climate change in Asian and African countries will be presented.

10 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2009/09/04-2009/09/12


11 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2008/08/28-2008/09/06


12 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2007/08-2007/09


13 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2006/08-2006/09


14 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2005/08-2005/09


15 フィールドワーク
共同
砂漠緑化フィールド研修プログラム
2004/08-2004/09/10


16 教育上の業績
共同
オンライン電子教材
2004/04-2005/03
厳 網林・吉田浩之・石橋健一・古谷知之が共同で,
「地理情報システム論」,「空間分析A」,「空間分析B」,「空間モデリング」の4授業の演習教材のオンライン化を実施.

17 教育上の業績
単独
SFC-GIS Virtual Campus の開設
2004/04-2005/03
SFCにおけるGIS教育のリソースを一本化し,オンラインで授業スライド,演習マニュアル,研究プロジェクト情報を利用できるようにした.

18 その他
共同
多摩川の絶滅危惧植物の回復を目指した復元生態学的手法の開発
2000/03-現在
都市河川の代表である多摩川での河川景観ダイナミックスと課カワラニガナの生育環境の関連性を地理情報システムを用いて分析することが試みられた.

19 フィールドワーク
共同
オーストラリア熱帯雨林プログラムの概要
2000/03-現在
2000年夏から始まったオーストラリア熱帯雨林での環境教育プログラムについて,理念,方法と実施成果が紹介された.

20 その他

地理情報システムとまちづくり
1999-現在


21 その他

地域地震災害リスクマネジメントシステムの構築に向けて
1999-現在


22 その他

統合的空間情報教育環境と教育実践
1999-現在


23 その他

地域地震災害リスクマネジメントシステムの構築方法に関する研究報告書
1999/08-現在


24 その他

地図情報システムの現状
1998/11-現在