English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 文学系 

教授 
平田 栄一朗 
ヒラタ エイイチロウ 
HIRATA EIICHIRO 

http://www.flet.keio.ac.jp/~hirata/index.html  

経歴
国立音楽大学非常勤講師  1994/09-1998/03 
慶應義塾大学文学部非常勤講師  1995/04-1996/03 
慶應義塾高校非常勤講師  1995/04-1996/03 
大学助手(文学部)  1996/04-現在 
大学通信教育部学習指導副主任  2002/04-2005/09 
慶應義塾大学  文学部  准教授  2004/04/01-2012/03/31 
慶應義塾大学  文学部  学部長補佐  2005/10/01-2007/09/30 
早稲田大学理工学部非常勤講師(講義科目「劇場と文化」担当  2010/04/01-2012/03/31 
慶應義塾大学  国際センター  国際センター副所長  2011/04/01-2012/03/31 
学習院大学大学院人文科学研究科非常勤講師(ドイツ演劇演習担当)  2011/04/01-2014/03/31 
慶應義塾大学  文学部  教授  2012/04/01-現在 
慶應義塾大学大学院  文学研究科  研究科委員  2014/04/01-現在 
早稲田大学  理工学部  非常勤講師 担当講義科目「舞台芸術論」  2017/04/01-2018/03/31 
慶應義塾大学大学院  文学研究科  研究科委員長補佐  2017/10/01-現在 

学歴
獨協大学  外国語学部  1992/03/31  卒業 
慶應義塾大学  文学研究科  修士  1994/03/31  修了 
慶應義塾大学  文学研究科  博士  1997/03/31  単位取得退学 

学位
博士(文学)  慶應義塾大学  2015/07/08 

学術受賞歴(賞、称号)
第17回AICT演劇評論賞(正賞)  2011/03/01  著作『ドラマトゥルク』(2010年、三元社刊)による 
詳細表示...

研究分野
美学・芸術諸学 
ヨーロッパ語系文学 
各国文学・文学論 

研究キーワード
ドイツ演劇 
パフォーマンス研究 
演劇学 

研究テーマ
演出演劇論  2000-現在 
メディア研究  2001-現在 
パフォーマンス論 

競争的資金等の研究課題
科学研究費採択課題:基盤研究(B) プレゼンス論とアブセンス論の統合を目指して--日欧の現代演劇の比較論的考察  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤研究(B)  2013/04/01-現在 
ドイツ語書籍"Theater in Japan" (Hans-Thies Lehmannとの共編著)  補助金  国際交流基金出版映像部門 出版助成  2008/04/01-2009/03/31 
科学研究費採択課題:若手研究(B)日独のドイツと日本における演劇・パフォーマンスの実践的ドラマトゥルギー研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 若手研究(B)  2007/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
在と不在のパラドックス 日欧の現代演劇論  平田 栄一朗  396  三元社  2016/05/10 
ドラマトゥルク――舞台芸術を進化/深化させる者  平田 栄一朗  270  三元社  2010/11/25  URL 
エリカ・フィッシャー=リヒテ『パフォーマンスの美学』  平田 栄一朗  論創社  2009/10/31 
『ディルタイ全集第七巻 精神科学成立史研究』  平田 栄一朗  法政大学出版局  2009/07/31 
Theater in Japan  平田 栄一朗  283  Theater der Zeit  2009/02/15 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  Nô als transkulturelles Theater  平田 栄一朗  Teresa Kovacs, Koku G. Nonoa (eds): Eine transdisziplinäre Annäherung  Narr Francke Attempto社  117-127  2018/11  URL 
(MISC)書評,文献紹介等  単著  劇評:破壊の後に残されたもの――OM-2の『ハムレットマシーン』に寄せて   平田 栄一朗  ウェブ劇評サイト「前衛(的)舞台芸術専門artissue」  2018/05  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  Zur „Schattendramaturgie“ bei Brecht und im traditionellen japanischen Theater  平田 栄一朗  Guenther Heeg (ed.)ä Recycling Brecht. Materialwert, Nachleben, Überleben  Theater der Zeit  167-176  2018/05/01  URL 
研究論文(大学,研究機関紀要)  「残余」としての演劇――ブレヒト作『ファッツァー』を例に  平田 栄一朗  慶應義塾大学日吉紀要「ドイツ語学・文学」  56, 11-30  2018/03/31  URL 
(MISC)総説・解説(その他)  悩みなき人? ―― 舞台作品『ウェルテル!』についての覚え書き  平田 栄一朗  ふじのくに世界演劇祭プログラム「劇場文化 ウェルテル!」  6-8  2017/04/28  URL 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  文化を問い直す演劇――その必然性と可能性  日本演劇学会全国大会  2018/06/30  URL 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Die Differenz zwischen dem Eigenen und dem Fremden in dem Noh und in der japanischen mittelatlerlichen Konfliktsgeschichte.  科研シンポジウム:自己のなかの異他――芸術、文学、演劇を例に  2018/01/27  URL 
口頭発表(招待・特別)  演劇学と文学研究の紐帯――ドイツ演劇学を例として  日本アメリカ文学会全国大会シンポジア「Drama, Theater, Performance & Beyond ー 演劇研究の諸相」  2017/10/15  URL 
口頭発表(招待・特別)  “Über-Rest” von Brechts Theater und seine Erneurungen in der anderen Kultur  Brecht House Lectures  2017/03/17  URL  Brechts Theater in anderen Kulturräumen bedarf neuer Impulse. In Japan z.B., wo die Aufführung von Brechts Stücken eine eigene Geschichte hat, beobachtet man seit einem Jahrzehnt immer wieder konventionelle Inszenierungen, die seine Dramen auf einen Aspekt einer gesellschaftlichen Situation anwenden und so eine andere Variante der Welt mit seinen Augen darstellen. Solche gegenwärtigen Versuche stellen eher eine Selbstbestätigung der je eigenen Theaterarbeit unter Beweis, die weit entfernt ist von den künstlerischen Herausforderungen, denen eine Theaterproduktion Brechts sich stellen müsste. Um diese stagnierende Situation zu durchbrechen, kann ein radikaler Umweg über Brecht produktiv sein, der nicht sofort einen direkten Bezug zu ihm sucht, sondern gerade in einem Abstand von ihm etwas Brechtsches in den Aktivitäten eines anderen Künstlers oder einer anderen Künstlerin sucht. Diese post-brechtianische Variante könnte auch zu einer Erneuerung Brechts in der anderen Kultur beitragen. Der Vortrag untersucht diese Möglichkeit anhand einiger Theaterepisoden und Filmproduktionen aus Japan, die scheinbar sehr weit weg von Brecht, ihm genauer betrachtet aber sehr nah sind. 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  Spannungen zwischen dem klassischen und zeitgenössischen Schauspiel in Japan  Vorlesung: Theorien der Schauspielkunst Ⅱ Institut für Theaterwissenschaft an der FU Berlin  2017/02/16 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
講演  単独  講演:舞台美術家アンナ・フィーブロック  2005/07/10-2005/07/10 
教育上の業績  共同  アートネットワーク・ジャパン講座シリーズVol.3 「ドラマトゥルクの可能性を巡って」(企画、シンポジウム、ガイダンス)  2005/03/22-現在 
対談・パネラー等  共同  シンポジウム:ブレヒト以後のドイツ演劇(企画と司会)  2005/02/27-現在 
対談・パネラー等  共同  ブレヒト・ベケット・シンポジウム (企画と司会)  2004/11/08-現在 
対談・パネラー等  共同  シンポジウム:逆説の発想からブレヒト演劇を考える――ブレヒト演劇と演劇文化の可能性 (企画と司会)  2003/10/31-2003/10/31 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第17回AICT演劇評論賞(正賞)  『ドラマトゥルク 舞台芸術を進化/深化させる者』(三元社刊)  2011/03 
詳細表示...

社会活動
シアター・カイ  2002/12-2004/03 
詳細表示...

所属学協会
日本演劇学会 
ブレヒト国際学会  2008/01-2010/05 
日本独文学会  2001/10-2005/12 
藝文学会  1996/04-現在 
詳細表示...

委員歴
ブレヒト国際学会  第13回国際会議企画委員  2008/01-2010/05 
シアター・カイ  ブレヒト演劇祭企画委員  2002/12-2004/03 
日本独文学会  「国際会議」委員  2001/10-2005/12 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら