Research Achievements (Original Articles and Commentaries)
Number of the published data : 43     Download a complete list of all data (tab-deliminated text format)
No. Type of Paper Single/Joint Authorship Title Author(s) Journal Publisher Volume/Issue/Page Publication Date ISSN DOI URL Summary Related information
1 Research paper (scholarly journal)
Single
En deca et au-dela de la liberte ou l'impossibilite de l'amour

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
Revue Philosophique de la France et de L'Etranger, Philosopher au Japon aujourd'hui
Presses Universitaires de France
CCI/ 3, 387-404
2011/09





2 Research paper (scholarly journal)
Single
Leben, Ausdruck und Musik---Eine phaenomenologische Betrachtung

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
Aufnahme und Antwort---Phaenomenologie in Japan I
Wuerzburg, Koenigshausen & Neumann
230-247
2011/06





3 Research paper (scholarly journal)
Single
「心‐脳」問題と現象学――デイヴィッドソン・リベット・フッサール――

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
思想
岩波書店
1031, 36-69
2010/03





4 Research paper (scholarly journal)
Single
瞬間と偶然、あるいは時間と実在

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
思想
岩波書店
1019, 55-76
2009/03





5 Research paper (scholarly journal)
Single
形而上学は(なぜ)批判されなければならないか

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
岩波講座・哲学02・形而上学の現在
岩波書店
213-250
2008/08





6 Research paper (research society, symposium material, etc.)
Single
What does 'Phenomenize' mean?

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
Essays in the Foundations of logical and phenomenological Studies
Keio University, Centre for Integrated Research on the Mind
145-149
2007





7 Research paper (scholarly journal)
Single
「非‐主観的現象学」のために――ヤン・パトチカ生誕100年――

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
思想
岩波書店
1004, 120-151
2007/12





8 Research paper (scholarly journal)
Single
空と無 そして絶対――西田哲学を手がかりに――

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
西田哲学会年報
西田哲学会
4, 23-37
2007/07





9 Research paper (scholarly journal)
Single
愛の不可能性、あるいは倫理

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
思想
岩波書店
989, 26-40
2006/09





10 Research paper (scholarly journal)
Single
Die Seinsproblematik bei Heidegger und das Problem des Anderen

SAITOU YOSHIMICHI...Detail
Levinas' Ethik im Kontext
Berlin, Parodos
169-183
2005





11 Research paper (scholarly journal)
Single
「超越論的主観性」とは何か――「中立性変様」(『イデーンⅠ』)を手がかりに

斎藤 慶典

フッサール研究
フッサール研究会
創刊, 43-61
2003/03



フッサール現象学の根本概念の一つでありながら、彼自身のもとでさえ一体それが何を指し示す概念なのかが必...Detail

12

「他者」「世界」「意識」の各項目を執筆。

斎藤 慶典

『事典 哲学の木』
講談社

2002/03





13
Single
内田樹『レヴィナスと愛の現象学』

斎藤 慶典

週刊読書人


2002/03



すでに多くのレヴィナスの著書や研究書の邦訳を手がけてきた著者の、レヴィナスについてのはじめての単行書...Detail

14 Research paper (research society, symposium material, etc.)
Joint
言語と超越――西欧精神史を縦断しつつ

飯田隆・西山佑司・北...Detail
西洋精神史における言語観の諸相
慶応義塾大学出版会
185-208
2002/03



私たちの現実は「超越」とその「受容」という在り方をしていること、そしてそのことにとって「言語」が決定...Detail

15 Research paper (scholarly journal)
Joint
〈アクチュアリティ〉の/と場所

中村雄二郎・木村敏・...Detail
「場所」をめぐって
河合文化教育研究所
5, 59-90
2001/08



本書巻頭の中村雄二郎・木村敏対談「〈場所〉をめぐって」に寄せて、木村敏の主唱する「アクチュアリティ」...Detail

16
Single
「現象する」とは何の謂いか

斎藤 慶典

『理想』 特集・現象学の新しい転回
理想社
667, 49-65
2001/07



私たちの世界の最終的な地盤をなす「現象すること」の構造を、1.判断=原分割――あるいは亀裂、2.潜勢態―...Detail

17
Single
熊野純彦『レヴィナス――移ろいゆくものへの視線』『レヴィナス入門』

斎藤 慶典

週刊読書人


1999/08



和辻哲郎門下の系譜に連なり、廣松渉シューレの俊秀でもある気鋭の倫理学者のレヴィナス論二著を論評。


18

宮原勇『ディアロゴスの現象学』

斎藤 慶典

思想
岩波書店
900, 48-54
1999/06



ガダマー・ハーバーマスの間で戦わされた解釈学論争から出発して、独自の「対話の現象学」を構想する気鋭の...Detail

19
Single
宮原勇 『ディアロゴスの現象学』 をめぐって

斎藤 慶典

思想・岩波書店 pp.48-54

900, 48-54
1999/06





20

「対話」「時間性」「生き生きした現在」の各項目を執筆。

斎藤 慶典

『哲学・思想事典』
岩波書店

1998/03





21
Single
西田哲学と現象学

斎藤 慶典

週刊読書人


1998/02



灯影舎版『西田幾多郎選集』出版にあたって組まれた西田特集への寄稿論文。現象学者としての論者の観点から...Detail

22
Single
松尾正『存在と他者』

斎藤 慶典

週刊読書人


1997/09



『沈黙と自閉』で知られる精神病理学者であり、かつ優れた臨床医でもある松尾正の二冊目の著書を、哲学の観...Detail

23
Single
責任と正義 あるいは「語りえぬもの」をめぐって――西欧=哲学の光のもとで――

斎藤 慶典

『思想』 特集・エマニュエル・レヴィナス
岩波書店
874, 122-140
1997/04



「責任」と「正義」を私たちの現実を構成する倫理と政治の根本概念として捉え、それらが私たちの思考にとっ...Detail

24
Single
コギトと超越論的主観性――「自我」をめぐって

斎藤 慶典

哲学
法政大学出版局
48, 1-18
1997/04



日本哲学会大会におけるシンポジウム「現代の精神的状況における自我の問題」の提題論文。きわめて西欧近代...Detail

25
Single
エマニュエル・レヴィナス「社会性と貨幣」

斎藤 慶典

『思想』 特集・エマニュエル・レヴィナス
岩波書店
874, 234-243
1997/04



貨幣を正義の観点から考察し、その積極的な意義を浮かび上がらせる異色の論考の翻訳。Emmanuel Levinas, “...Detail

26
Single
P.リクール『他者のような自己自身』

斎藤 慶典

週刊読書人


1996/09



英米の分析系の倫理学とレヴィナスの狭間に身を置き、両者との対話を試みるリクールの近作を論評。


27

「他者」の項目を執筆。

斎藤 慶典

『新カトリック大辞典』
上智大学・研究社

1996/06





28

「時間」「意識流」「生き生きした現在」「形而上学」「神」「絶対性」「受動性」の各項目を執筆。

斎藤 慶典

『現象学事典』
弘文堂

1994/03





29
Single
動き・場所・他なるもの――「時間」によせて

斎藤 慶典

『現代思想』 特集・時間論の現在
青土社
21/ 3, 274-289
1993



『現代思想』誌の時間論特集に寄稿するにあたってあらためて、「時間」の名のもとに私たちはいったい何を理...Detail

30
Single
エイズの/と「認識」――差別・病気・他なるもの

斎藤 慶典

『理想』・特集・倫理学の現在
理想社
652, 35-46
1993/09



倫理学の現在を問うにあたって、本特集が組まれた平成5年当時世間の注目を集めていたAIDS問題への対応を論...Detail

31
Single
木田元『ハイデガーの思想』

斎藤 慶典

週刊読書人


1993/05



ハイデガー学者として知られる著者の、ハイデガーをとりわけアリストテレスをはじめとする古代ギリシア哲学...Detail

32
Single
国家と他者――ホッブスとレヴィナス/あるいはコーナートゥスをめぐって

斎藤 慶典

『情況』 臨時増刊号 特集・現象学――越境の現在 II
情況出版
3/ 8, 156-174
1992/09



近年かまびすしく論じられるようになった「他者」問題が、その本質において倫理や政治の次元にまで及ぶ広い...Detail

33
Single
西欧近代哲学と他者――デカルト、カント、フッサールを中心に

斎藤 慶典

中央学院大学教養論叢

5/ 1, 3-18
1992/03



哲学の長い歴史の中でも表立って論じられることのなかった「他者」問題の隠れた痕跡を、西欧近代の代表的な...Detail

34
Single
The Transcendental Dimension of ‘praxis’ in Husserl’s Phenomenology

斎藤 慶典

Husserl Studies
Kluwer Academic Publishers, Netherlands
8/ 1, 17-31
1991/10



ドイツ観念論以来の反省哲学の色彩を色濃く持ったフッサールの超越論的現象学に潜む「実践(プラクシス)」の...Detail

35
Single
私とは誰か――E.レヴィナスに対して・のために・に代わって

斎藤 慶典

思想
岩波書店
803, 39-59
1991/05



上記第6論文の成果を踏まえて、論者自身のこれらの問題――すなわち、「自己」性の成立に根本において関わ...Detail

36
Single
倫理・政治・哲学――E.レヴィナス『存在するとは別の仕方で   あるいは存在の彼方へ』をめぐって

斎藤 慶典

思想
岩波書店
798, 118-138
1990/12



E.レヴィナスの第二の主著といわれる『存在するとは別の仕方で…』の邦訳書の刊行を機に、難解を以って知...Detail

37
Single
他者と時間性――超越論的現象学とE.レヴィナス

斎藤 慶典

現象学年報

5, 109-128
1990/03



上記第4論文で問題化した時間性と他者性の接点にいち早く注目してフッサール現象学に新たな展開の可能性を...Detail

38

岩田靖夫『神の痕跡――ハイデガーとレヴィナス』

斎藤 慶典

図書新聞


1990/03



アリストテレス学者にして現代英米の正義論にも詳しい碩学のハイデガー、レヴィナス論を論評。


39

ハイデガー全集第20巻『時間概念の歴史への序説』

斎藤 慶典

週刊読書人


1988/12



『存在と時間』の原型を示すと言われる1925年夏学期講義の邦訳出版にあたって、同講義の概要とその意義を論...Detail

40
Single
「自己」と「自己ならざるもの」

斎藤 慶典

思想
岩波書店
763, 47-70
1988/01



フッサール現象学を、「私」が「私」であること、すなわち「自己」性の徹底的解明として読むこともできる。...Detail

41
Single
フッサール初期時間論における「絶対的意識流」をめぐって

斎藤 慶典

哲学
法政大学出版局
37, 186-198
1987/05



フッサール現象学が明らかにした私たちの世界のもっとも根本的なありようは、すべてが何らかの仕方で生じ来...Detail

42
Single
W.ブランケンブルク「生活世界の現象学と精神病理学」

斎藤 慶典

理想
理想社
615, 302-305
1984/08



『自明性の喪失』で名高い現代ドイツの精神病理学者が現象学について論じた独語論文の紹介と批評。


43 Research paper (scholarly journal)
Single
反省と実践――現象学的反省と哲学者の自己責任

斎藤 慶典

哲学
三田哲学会
78, 115-146
1984/04



古来議論の絶えない「理論」と「実践」の関係をめぐる問いに、「理論」を構築する作業自体が「思考」という...Detail