研究業績(著書)
公開件数:12件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 Global Environmental Risk
片岡 正昭

UNU Press
2001




2 データ分析入門 第4版
片岡 正昭
今井むつみ、大江守之、加藤剛、桑原武夫

慶應義塾大学出版会
2002/04


統計ソフトウェアの日本語版発売に合わせて、第3版の内容を改定した改定版。(266pp.)

3 Global Environmental Risk
片岡 正昭
Saburo Ikeda
397-421
United Nations University Press
2001/09


日本海の海洋構造と海流の特徴から、日本海沿岸諸国の経済発展に伴って、海洋汚染がどのような環境リスクをもたらすかについて予測し、解説した(24pp.)。

4 データ分析入門 第3版
片岡 正昭
今井むつみ、大江守之、加藤剛、桑原武夫

慶應義塾大学出版会
2001/04


統計ソフトウェアのアップグレードに伴う第2版の修正版。授業の流れがよりスムーズとなるように内容を改定し、説明をわかりやすく改善した。(266pp.)

5 データ分析入門 第2版追補版
片岡 正昭
今井むつみ、大江守之、加藤剛、桑原武夫

慶應義塾大学出版会
2000/03


Windowsのアップグレード等に伴う第2版の追補修正版。(32pp.)

6 データ分析入門 第2版
片岡 正昭
今井むつみ、大江守之、加藤剛、桑原武夫

慶應義塾大学出版会
1999/04


パソコンを用いて、数量データを用いた研究の進め方からデータ収集の仕方、記述統計および二変量・多変量解析の初歩に至るまでを、数式の利用を最低限に押さえながらわかりやすく解説した教科書。他大学でも利用できるように改定した。(252pp.)

7 How Electoral Reform Boomeranged: Continuity in Japanese Campaign Style
片岡 正昭
Hideo Otaka編、Masahiro Yamada執筆
Chapter 6
Japan Center for International Exchange
1998/06


読売新聞支局への調査により、小選挙区制の下で行われた第1回の総選挙における議員後援会の再編、地方政党組織の再編、利益団体の選挙への関与の変化、候補者による選挙運動スタイルの実態などについて、日本全国の実態を包括的に分析した。(18pp.)

8 データ分析入門 初版
片岡 正昭
慶應SFCデータ分析教育グループ編、今井むつみ、大江守之、加藤剛、桑原武夫執筆

慶應義塾大学出版会
1998/05


パソコンを用いて、数量データを用いた研究の進め方からデータ収集の仕方、記述統計および二変量・多変量解析の初歩に至るまでを、数式の利用を最低限に押さえながらわかりやすく解説した教科書。(235pp.)

9 政界再編の研究 - 新選挙制度による総選挙
片岡 正昭
大嶽秀夫編、山田真裕ほか執筆
第11章
有斐閣
1997/12


読売新聞支局への調査により、小選挙区制の下で行われた第1回の総選挙における議員後援会の再編、地方政党組織の再編、利益団体の選挙への関与の変化、候補者による選挙運動スタイルの実態などについて、日本全国の実態を包括的に分析した。(22pp.)

10 Japanese Politics Today
片岡 正昭
Purnendra Jain, Takashi Inoguchi編
Chapter 11
Macmillan education Australia
1997/03


自民党一党支配終了後の連立政権時代における、地方政界での政党システムの再編成と政党間政治、地方議員の動き、地方選挙における住民の新たな投票動向の分析などを通じて、連立政権下の地方政治の変動を分析した。(17pp.)

11 現代行政国家と政策過程
片岡 正昭
片岡寛光編、佐藤正志ほか執筆
173-198
早稲田大学出版会
1994/05


執筆部分:知事職をめぐる中央官僚と地方官僚
県レベルの地方政府内部におけるトップマネージメント人事の戦後50年間の変遷を分析し、いわゆる「天下り」官僚が地方行政に果たしてきた役割に関する通説の妥当性を再検討した。(16pp.)

12 知事職をめぐる官僚と政治家 - 自民党内の候補者選考政治
片岡 正昭

木鐸社
1994/02


自民党県連の組織・動態と、県連で行われる知事候補者の選考過程を4県の例により詳細に分析すると同時に、昭和30年から平成3年までの間における日本全国の知事選挙データにより、候補者選考過程をめぐる複数の仮説の適合性を検討した。(383pp.)