研究業績(口頭・ポスター発表)
公開件数:14件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要 関連情報
1 口頭発表(一般)
新時代の問題発見・問題解決のための情報技術関連基礎教育
ICT利用による教育改善研究発表会
2012/08/10



2 ポスター発表
ワークシート教材における紙の効果とフィードバック効果
日本認知科学会 第28回大会
2011/09/25



3 口頭発表(一般)
Webページ部品の分類を用いたモバイル端末向けページ変換手法の提案
第13回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
2008/12/11



4 ポスター発表
Webを用いた参加型プレゼンテーション
第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ
2008/11/28



5 ポスター発表
ViPPER: ゲーム機を用いた初等教育向けビジュアルプログラミング言語
インタラクション2008
2008/03/03



6 ポスター発表
メモの蓄積・整理・活用による知的創造のための基盤システム
インタラクション2008
2008/03/03



7 口頭発表(一般)
Salarm: 人力目覚まし時計を介したソーシャルネットワーキングシステム
グループウェアとネットワークサービスワークショップ2006
2006/11/16



8 口頭発表(一般)
P2Pネットワーク上でのメタデータの共有と削除
第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会
2006/11/12



9 ポスター発表
携帯電話上におけるビジュアルプログラミング環境
第13回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ
2005/12/08

A prototype of a visual programming environment on a cellular phone is shown, where a user can control a robot by writing a flowchart. Its purpose is the education of programming for children. The user can write a program only by choosing command icons with cursor keys and ten keys. The system is simple enough to be understood by elementary school children. Moreover, animated effects are used in order to make them interested in programming.

10 口頭発表(一般)
カテゴリ分けとメタデータによるブックマークの実装
情報処理学会 第67回全国大会
2005/03



11 口頭発表(一般)
携帯端末上での曖昧なコンテクストに基づく例示プログラミング
第7回プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA2004)
2004/03/03



12 ポスター発表
Personalization of Materials for Learning on Demand Using RDF
The Twelfth International World Wide Web Conference (WWW2003)
2003/05

In this paper, we present a system which personalizes teaching materials for Web Based Training (WBT). Our system can generate personalized teaching materials from user's knowledge, user's preference and metadata of teaching materials. Each teaching material has two kind of metadata: prerequisite knowledge and knowledge which it teaches. Those metadata and user profiles are expressed using Resource Description Framework (RDF).

13 口頭発表(一般)
次世代モバイル Web システム
YRP 移動体通信産学官シンポジウム 2000
2000/07



14 口頭発表(一般)
Constraint Logic Programming with Priority
Workshop on Constraint Logic Programming
1992/06/06