English
慶應義塾大学 
法学部 
法律学科 

教授 
太田 達也 
オオタ タツヤ 
OTA TATSUYA 

Fax.03-5427-1578  

経歴
慶應義塾大学  法学部  専任講師  1994/04-1997/03 
慶應義塾大学  法学部  助教授  1997/04-2005/03 
慶應義塾大学  大学院法務研究科  助教授  2004/04-2005/03 
慶應義塾大学  大学院法務研究科  教授  2005/04-2011/03 
慶應義塾大学  法学部  教授  2005/04-現在 
警察大学校  警部任用科  講師(刑事政策)  1998-現在 
大正大学  大学院人間学研究科臨床心理学専攻  講師(M関係法規特論:刑事政策)  2007-現在 
法務省  矯正研修所  高等科研修講師(被害者学)  2005-現在 
法務省  矯正研修所  高等科研修講師(司法と福祉)  2013-現在 
法務省  矯正研修所  上級幹部研修講師(被害者学)  2006-現在 
警察庁  被害者支援室  被害者支援専科講師  2009-現在 
警察庁  被害者支援室  カウンセリング専科講師  2013-現在 
法務省  法務総合研究所  検事専門研修講師(刑事政策の観点から見た検察官の役割)  2013-現在 
法務省  法務総合研究所  新任検事研修講師(刑事政策)  2014-現在 
武蔵野大学  法学部  客員教授  2016/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  法学部  1986/03/31  卒業 

免許・資格
第2種情報処理技術者  1982 

総合紹介
刑事政策,被害者学,アジア法専攻。特に,刑罰論や犯罪者処遇に関心があり,近年は,仮釈放,矯正処遇,更生保護,(一部)執行猶予について主に研究を行っている。被害者学では,被害者補償制度や刑事手続における被害者支援に関心がある。 

研究分野
刑事政策 
被害者学 
アジア法 

研究キーワード
刑事政策 
刑罰 
被害者学 
被害者支援 
アジア法 

研究テーマ
刑事制裁論  1986-現在 
矯正処遇  1986-現在 
保護観察  1986-現在 
更生保護事業  1986-現在 
被害者学と被害者支援  1986-現在 
外国人犯罪者  1997-現在 
修復的司法  2000-現在 
高齢犯罪者  2005-現在 
精神障がい犯罪者  2007-現在 
起訴猶予と再犯防止  2013-現在 

研究業績(著書)
ビギナーズ刑事政策(第3版)  守山正=安部哲夫(編著)  89-142  成文堂  2017/07 
リーディングス刑事政策  朴元奎=太田達也編  法律文化社  2016/04/25 
触法性発達障害者の刑事法的対応に関する比較法的研究(ドイツ)」『平成27年度 青年期・成人期発達障がいの対応困難ケースへの危機介入と治療・支援に関する研究』  太田達也,堀田晶子,堀江まゆみ,オステン・フィリップ,久保田 隆  2016/03 
ストーカー加害者に対する精神医学的・心理学的アプローチに関する調査研究(II)(平成27年度警察庁委託調査研究)  警察庁生活安全局生活安全企画課  警察庁  2016/03 
よくわかる更生保護  太田 達也  コラム1 犯罪と刑罰  ミネルヴァ書房  2016/02/15 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  起訴猶予と再犯防止措置―積極的活用と条件付起訴猶予の導入に向けて―  太田 達也  法律時報  89/ 4, 6-11  2017/07 
研究論文(学術雑誌)  単著  精神障害受刑者の釈放と26条通報  太田 達也  慶應法学  37, 77-110  2017/02 
研究論文(学術雑誌)  共著  座談会:犯罪被害者支援の現状と課題  太田 達也  論究ジュリスト  20, 136-159  2017/02 
研究論文(学術雑誌)  単著  条件付起訴猶予に関する一考察  太田 達也  井田良ほか編『椎橋隆幸先生古稀記念・新時代の刑事法学 上巻』  信山社  261-296  2016/11 
研究論文(学術雑誌)  単著  入門講座 社会内処遇―仮釈放と保護観察  太田 達也  罪と罰  53/ 4, 87-97  2016/09 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  起訴猶予と再犯防止措置(オーガナイザーと報告)  日本刑法学会第94回大会ワークショップ10「起訴猶予と再犯防止措置」  2016/05/22 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  Victims of Stalking and Its Legal Protection in Japan  15th International Symposium of the World Society of Victimology  2015/07/08 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  ストーカー行為に対する刑事法的規制の在り方  日本刑法学会第93回大会分科会Ⅲ  2015/05/23 
口頭発表(基調)  ストーカー被害の実態と被害者の法的保護  韓国被害者学会2015年春期学術大会  2015/05/23 
口頭発表(招待・特別)  薬物犯罪と一部執行猶予  法と精神医療学会第30回大会シンポジアム「薬物事犯の治療処遇―刑の一部執行猶予の施行に向けて」  2014/12/13 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)の課外講義を合宿の形で行い,黒羽刑務所(A指標刑務所),喜連川社会復帰促進センター(PFI刑務所),喜連川少年院の見学を行った。  2014/07/30-2014/07/31 
教育上の業績  単独  アメリカ・セントラル・ミズーリ大学刑事司法学部の教員及び学生のためのエクスターンシップ・プログラムとして,府中刑務所,被害者支援都民センターの見学を行い,慶應義塾大学大学院法学研究科大学院生との意見交換会を開催した。  2014/05/22-2014/05/23 
教育上の業績  大学院法務研究科(ロースクール),法学研究科及び法学部のゼミナールの課外講義として、横浜刑務所の見学を実施した。  2013/09/03-現在 
教育上の業績  刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)の課外講義を合宿の形で行い,岐阜刑務所(LB刑務所),笠松刑務所(女子刑務所),更生保護法人光風荘の見学を行った。  2013/07/31-2013/08/03 
教育上の業績  刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)において、春休み中にプレゼミナールを行い、新学期からの研究会活動が円滑に行われるよう、4年生による(模範)報告と、担当教員による学習の方法などの指導を行った。  2013/02/04-現在 
詳細表示...

担当授業科目
刑事政策(刑事制裁論) 
刑事政策 
被害者学(被害者支援論) 
研究会(刑事政策) 
刑事法合同演習 
詳細表示...

教育実績
刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)の課外講義を合宿の形で行い,金沢刑務所(B指標刑務所),湖南学院(第1種少年院),更生保護法人徳風苑親和寮の見学を行った。  2016/08/23-2016/08/26 
刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)の課外講義を合宿の形で行い,大阪刑務所(B指標刑務所),奈良少年院(第1種,第2種,第4種少年院),更生保護法人至徳会の見学を行った。  2015/09/06-2015/09/09 
刑事政策・犯罪学・被害者学・アジア法の研究会(ゼミナール)の課外講義を合宿の形で行い,黒羽刑務所(A指標刑務所),喜連川社会復帰促進センター(PFI刑務所),喜連川少年院の見学を行った。  2014/07/30-2014/07/31 
アメリカ・セントラル・ミズーリ大学刑事司法学部の教員及び学生のためのエクスターンシップ・プログラムとして,府中刑務所,被害者支援都民センターの見学を行い,法学研究科大学院生との意見交換会を開催した。  2014/05/22-2014/05/23 
詳細表示...

社会活動
公益財団法人 アジア刑政財団  1995-現在 
更生保護法人 更生保護事業振興財団  2000-現在 
公益社団法人 被害者支援都民センター  2006-現在 
一般財団法人 日本刑事政策研究会  2007-現在 
更生保護法人 日本更生保護協会  2009/02-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本刑法学会  1986-現在 
日本被害者学会  1998/06-現在 
犯罪社会学会  2005/10-現在 
日本更生保護学会  2012/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
日本被害者学会  理事長  2016/06-現在 
日本被害者学会  理事  1998/06-現在 
犯罪社会学会  理事  2005/10-2014/10 
日本更生保護学会  理事  2012/04/01-現在 
国際犯罪学会第16回世界大会実行委員会  委員  2009-2011 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら