English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
鈴村 直樹 
スズムラ ナオキ 
SUZUMURA NAOKI 

経歴
大学助手(経済学部)  1994/04-1995/03 
大学助教授(経済学部)  1995/04-現在 
大学経済学部学習指導副主任  1995/10-1997/09 

学歴
東京外国語大学  外国語学部  1986/03/31  卒業 
学習院大学  人文科学研究科  修士  1988/03/31  修了 
学習院大学  人文科学研究科  博士  1991/03/31  単位取得満期退学 

研究分野
言語学 

研究業績(著書)
新・ドイツ語第三部  鈴村 直樹  222  東京 慶應義塾大学出版会  2009/03/31 
集英社ポケットカタカナ語辞典  鈴村 直樹  784  1999/06  4-08-400017-5 
ドイツ語統語論の諸相:早川東三先生古希記念論文集  鈴村 直樹  225-239  東京 同学社  1999/06/29 
ロマンチック街道(文法読本)  鈴村 直樹  54  東京 郁文堂  1997/03  4-261-01130-1 
集英社ポケット国語辞典  鈴村 直樹  880  東京 集英社  1996/05  4-08-400014-0 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  他動性の消失原理 --- ノルド語のS型受動を通してみるドイツ語のwerden 受動  鈴村 直樹  慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  48, 179-201  2011/03/31 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  seinの領域---ゲルマン語の受動態にみる助動詞seinの「動作」表現可能性  鈴村 直樹  ドイツ語を考える ことばについての小論集  120-128  2008/03/10 
研究論文(学術雑誌)  単著  言語史研究の楽しみ、言語史研究の苦悩  鈴村 直樹  三色旗  704, 2  2006/11/01 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  ドイツ語の状態受動に関する一考察  鈴村 直樹  慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  40, 75-129  2005/03/31 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  名詞派生動詞の形成と語彙概念構造---分離前つづり、および分離・非分離両用の前つづりを持つ動詞の場合  鈴村 直樹  慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  29, 1-15  1999/09/30 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  S型受動とドイツ語  日本独文学会第64回総会春季研究発表会  2010/05/29 
口頭発表(一般)  状態受動に関する一考察  日本独文学会第57回総会春季研究発表会  2003/05/31 
口頭発表(一般)  名詞派生動詞の形成と語彙概念構造  日本独文学会第53回春季研究発表会  1999/05/22 
口頭発表(一般)  与格と対格の問題  ドイツ語教育問題研究会  1988 
口頭発表(一般)  Subject Raising が生じる不定詞構造について  日本独文学会秋季研究発表会  1988/10/15 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  平成18年度科学研究費補助金による研究への指導助言(筑波大学)  2007/02/09-現在 
教育上の業績  単独  平成17年度科学研究費補助金による研究への指導助言(筑波大学)  2005/11/18-現在 
教育上の業績  単独  平成16年度科学研究費補助金による研究への指導助言(筑波大学)  2004/10/29-現在 
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  文法なんかキライ、というあ・な・たへ  2004/05/01-現在 
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  ザルツブルクは雨ばかり  2003/03/22-現在 
詳細表示...

社会活動
ドイツ語学文学振興会誌「ひろの」  2003-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本独文学会誌「ドイツ文学」  2003-2005 
日本独文学会誌「ドイツ文学」  1995-1999 
日本独文学会語学ゼミナール  1990-1992 
詳細表示...

委員歴
ドイツ語学文学振興会誌「ひろの」  編集委員  2003-現在 
日本独文学会誌「ドイツ文学」  編集委員  2003-2005 
日本独文学会誌「ドイツ文学」  編集委員  1995-1999 
日本独文学会語学ゼミナール  実行委員  1990-1992 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら