English
慶應義塾大学 
医学部 
衛生学公衆衛生学 

教授 
武林 亨 
タケバヤシ トオル 
TAKEBAYASHI TORU 

Tel.62655  
http://keiopublichealth.jp/  
http://tsuruoka-mirai.net/  

J-GLOBALへのリンク

その他の所属・職名
大学院健康マネジメント研究科  教授、研究科委員長 

学歴
慶應義塾大学  医学部  1989/03  卒業  日本 
慶應義塾大学  医学研究科  博士  1993/03  修了  日本 
Harvard Uuniversity  School of Public Health  Master of Public Health  修士  1994/06  修了  USA 

学位
博士(医学)  慶應義塾大学 

学術受賞歴(賞、称号)
日本衛生学会奨励賞  二硫化炭素曝露作業者の健康影響に関するコホート研究  2005 
日本産業衛生学会奨励賞  疫学手法を用いた2,2-Dichloro-1,1,1-trifluoroethane (HCFC-123)の肝毒性の確立  2003/04 
詳細表示...

免許・資格
医師免許  1989 

研究分野
疫学・予防医学 
衛生学・公衆衛生学 

研究キーワード
疫学 
予防医学 
環境と健康 

研究業績(著書)
からだの科学増刊 これからの保健師  榎悦子,武林亨  90-94  東京:日本評論社  2006/09/30 
職業・環境がんの疫学:低レベル曝露でのリスク評価  山口直人, 武林亨, 菊池有利子, 秋葉澄伯  59-70  東京:篠原出版新社  2004/02/23  4-88412-254-2 
管理栄養士講座 公衆衛生学  武林亨  203-207  東京:建帛社  2003/05/15  4-7679-0300-9 
管理栄養士講座 公衆衛生学  武林亨  216-217  東京:建帛社  2003/05/15  4-7679-0300-9 
管理栄養士講座 公衆衛生学  武林亨  191-192  東京:建帛社  2003/05/15  4-7679-0300-9 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  Carotid Plaque Score and Risk of Cardiovascular Mortality in the Oldest Old: Results from the TOOTH Study  武林 亨  JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS  25/ 1, 55-64  2018  1340-3478  10.5551/jat.37911 
研究論文(学術雑誌)  Observational Evidence of the Association Between Handgrip Strength, Hand Dexterity, and Cognitive Performance in Community-Dwelling Older Adults: A Systematic Review  武林 亨  JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY  28/ 9, 373-381  2018  0917-5040  10.2188/jea.JE20170041 
研究論文(学術雑誌)  Hand dexterity, not handgrip strength, is associated with executive function in Japanese community-dwelling older adults: a cross-sectional study  武林 亨  BMC GERIATRICS  18  2018/08  1471-2318  10.1186/s12877-018-0880-6 
研究論文(学術雑誌)  An epidemic of bladder cancer: ten cases of bladder cancer in male Japanese workers exposed to ortho-toluidine  武林 亨  JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH  60/ 4, 307-311  2018/07  1341-9145  10.1539/joh.2017-0220-OA 
研究論文(学術雑誌)  Pilot Randomized Controlled Trial of the GO Game Intervention on Cognitive Function  武林 亨  AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS  33/ 3, 192-198  2018/05  1533-3175  10.1177/1533317517753362 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  加齢性難聴に対する聴覚教育・補聴器プログラムの効果に関する地域介入研究 ―高齢者の聴力障害の実態について―  第53回日本聴覚医学会総会・学術講演会  2008/10/02 
口頭発表(一般)  加齢性難聴に対する聴覚教育・補聴器プログラムの効果に関する地域介入研究 ―高齢者の聴力障害の実態について―  第53回日本聴覚医学会総会・学術講演会  2008/10/02 
口頭発表(一般)  単独ないし複合感覚器障害が高齢者のwell-beingに与える影響  第18回日本疫学会学術総会  2008/01/26 
口頭発表(一般)  日本人高齢者の皮膚エイジング指標の定量評価と関連するライフスタイル・環境要因の検討  第18回日本疫学会学術総会  2008/01/26 
ポスター発表  エイジングにおけるDHEA-Sの役割:地域在住高齢者コホート研究より  第18回日本疫学会学術総会  2008/01/25 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  入学試験検討委員会委員  2003/10/01-2005/09/30 
教育上の業績  カリキュラム委員会委員  2003/10/01-2005/09/30 
教育上の業績  入試検討委員会委員  2001/10/01-2003/09/30 
教育上の業績  カリキュラム委員会委員  2001/10/01-2003/09/30 
教育上の業績  カリキュラム委員会委員  1999/10/01-2001/09/30 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本衛生学会奨励賞  二硫化炭素曝露作業者の健康影響に関するコホート研究  2005/03/28 
日本産業衛生学会奨励賞  疫学手法を用いた2,2-Dichloro-1,1,1-trifluoroethane(HCFC-123)の肝毒性の確立  2003/04/26 
詳細表示...

担当授業科目
基礎疫学 
公衆衛生マネジメント 
公衆衛生学 
衛生学 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら