English
慶應義塾大学 
理工学部 
情報工学科 

教授 
斎藤 英雄 
サイトウ ヒデオ 
SAITO HIDEO 

 
http://www.hvrl.ics.keio.ac.jp  

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学(理工学部) ,助手  1992/04-1995/03 
日本体育大学 ,非常勤講師  1994/04-1997/08 
慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師  1995/04-2001/03 
米国カーネギーメロン大学 ,訪問研究員  1997/08-1999/08 
慶應義塾大学 理工学部 助教授  2001/04-2006/03 
慶應義塾大学 理工学部 教授  2006/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  理工学部  (電気工学科)  1987/03/31  卒業 
慶應義塾大学  理工学研究科  電気工学専攻  修士  1989/03/31  修了 
慶應義塾大学  理工学研究科  電気工学専攻  博士  1992/03/31  修了 

学位
工学  慶應義塾大学  1992/03/23 

学術受賞歴(賞、称号)
フェロー  2017/03/23 
フェロー  2011/03/30 
詳細表示...

研究分野
計算機科学 
情報通信工学 

研究キーワード
画像処理 
コンピュータビジョン 
パターン認識 
ヒューマンインタフェース 

研究業績(著書)
人工生命「5.3 金融市場シミュレーションへの応用」分担  尹 煕元,斎藤英雄,棚橋隆彦  同文書院 編 井上春樹  2002  金融市場の株価の変動をGAを用いて解析する手法を提案し,実際の価格変動データを利用して解析結果の妥当性を検討した. 
'アドバンスド・センサ・ハンドブック, 「9-2-2 CT手法の産業応用」分担'  '斎藤英雄, 中島真人'  培風館  1994  CT手法の産業応用例について解説した。 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Line-based SLAM Considering Directional Distribution of Line Features in an Urban Environment  Kei Uehara, Hideo Saito and Kosuke Hara  Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)  6, 255-264  2017/02/27 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Application of LSD-SLAM for Visualization Temperature in Wide-area Environment  Masahiro Yamaguchi, Hideo Saito and Shoji Yachida  Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)  4, 216-223  2017/02/27 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Primitive Shape Recognition via Superquadric Representation using Large Margin Nearest Neighbor Classifier  Ryo Hachiuma, Yuko Ozasa and Hideo Saito  Proceedings of the 12th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP2017)  5, 325-332  2017/02/27 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Eating and Drinking Recognition via Integrated Information of Head Directions and Joint Positions in a Group  Naoto Ienaga, Yuko Ozasa and Hideo Saito  Proceedings of the 6th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2017)  Science and Technology Publications  527-533  2017/02/26 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  First Deployment of Diminished Reality for Anatomy Education  Ienaga Naoto, Bork Felix, Meerits Siim, Mori Shohei, Fallavollita Pascal, Navab Nassir, Saito Hideo  The second International Workshop on Diminished Reality as Challenging Issue in Mixed and Augmented Reality (IWDR2016), 2016 IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR-Adjunct)  IEEE  294-296  2017/01/30  10.1109/ISMAR-Adjunct.2016.0099 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  Speaker Identification Based on Integrated Face Direction in a Group Conversation  The First International Workshop on Human Activity Analysis with Highly Diverse Cameras (HDC2017)  2017/03/30 
口頭発表(一般)  Measuring grasp posture using an embedded camera  The First International Workshop on Human Activity Analysis with Highly Diverse Cameras (HDC2017)  2017/03/30 
口頭発表(招待・特別)  Augmented Visualization:望みどおりに見るための映像生成に向けて  2017年電子情報通信学会総合大会  2017/03/23 
その他  Diminished hand: A diminished reality-based work area visualization  IEEE Virtual Reality 2017  2017/03/20 
口頭発表(一般)  実践知能アプリケーション構築プラットフォームPRINTEPSにおける教師ロボット連携授業のためのクイズモジュール  情報処理学会第79回全国大会  2017/03/18  PRINTEPSは人と機械が協働可能な総合知能アプリケーションを開発するプラットフォームである.本研究では,PRINTEPSを用いて教師とロボットが連携した授業における,クイズモジュールを提案する. 具体的には,授業内でロボットが出題したクイズに対し生徒が○×などの回答札をあげ,その結果を画像処理により取得し,その結果に応じてロボットがインタラクションを行う. 本モジュールの評価として,小学校でのクイズモジュール導入事例を示す. 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
Best Paper  Marker-less AR framework using on-site 3D line segment based model generation  2016/02/17 
査読功労賞  2015/08/27 
Jon Campbell Best Paper Prize  Specular 3D Object Tracking by View Generative Learning  2014/08/27 
活動功労賞  パターン認識・メディア理解研究専門委員会活動への貢献  2014/06/11 
日本バーチャルリアリティ学会論文賞  線分記述子(LEHF)を用いた実時間SLAM  2013/09/19 
詳細表示...

社会活動
(マシンビジョンの応用に関する国際ワークショップ)  1997/08-1998/11 
「第3回画像センシングシンポジウム」 (1996年6月)  1996/10-1997/06 
「第2回画像センシングシンポジウム」 (1996年6月 13日、14日)  1995/11-1996/06 
(マシンビジョンの応用に関する国際ワークショップ)  1995/09-1996/11 
電子情報通信学会学生会連絡会  1995/05-1997/05 
詳細表示...

所属学協会
日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会  2013/01/01-現在 
the 23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT 2013)  2012/12-2013/12 
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, MIRU Conference Editorial Board  2012/10-現在 
情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  2012/04/01-現在 
日本バーチャルリアリティ学会  2012/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
電子情報通信学会 情報システムソサイエティ  副会長(技術会議担当)  2016/06/01-2018/05/31 
日本バーチャルリアリティ学会  評議員  2016/04/01-2018/03/31 
情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会  運営委員  2016/04/01-2018/03/31 
電子情報通信学会 汎光線時空間映像学研究専門委員会  専門委員長  2016/04/01-2017/03/31 
日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究会  委員長  2013/01/01-2015/12/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら