English
慶應義塾大学 
法学部 
法学部共通 

顔写真 教授 
下村 裕 
シモムラ ユタカ 
SHIMOMURA YUTAKA 

 
http://user.keio.ac.jp/~yutaka/  

J-GLOBALへのリンク

経歴
東京大学理学部助手  1989/04-1991/03 
大学専任講師(法学部)  1991/04-1995/03 
大学通信教育部学習指導副主任  1993/10-1995/09 
大学助教授(法学部)  1995/04-2000/03 
英国ケンブリッジ大学留学  2000/03-2002/03 
ケンブリッジ大学クレアホール訪問教授  2000/04-2001/03 
大学教授(法学部)  2000/04-現在 
大学学習指導副主任(法学部)  2003/03-2006/09 
大学教養研究センター副所長  2003/10-2004/09 
慶應義塾志木高等学校 校長  2006/10-2012/09 
大学法学部日吉主任  2013/10/01-2017/09/30 

学歴
東京大学  理学部  物理学科  1984/03/31  卒業 
東京大学  理学系研究科  物理学専門  修士  1986/03/31  修了 
東京大学  理学系研究科  物理学専門  博士  1989/03/31  修了 

学位
理学  東京大学大学院理学系研究科  1989/03/31 

総合紹介
身近でありながら未解明の物理現象を力学的に研究している。 

研究分野
物理学一般 

研究キーワード
古典力学 
流体力学 
乱流モデル 
乱流の統計理論 
回転卵 

研究テーマ
回転卵の運動、回転流表面に形成される多角形渦、乱流  身近でありながら未解明の物理現象を力学的に研究している。  1985-2026 

研究業績(著書)
犬も歩けば物理にあたる ― 解き明かされる日常の疑問  ジャール・ウォーカー, (訳)下村 裕  慶應義塾大学出版会  2014/09/20  978-4-7664-2164-4 
卵が飛ぶまで考える―物理学者が教える発想と思考の極意  下村 裕  日本経済新聞出版社  2013/08/22  978-4532168834 
新 物理の散歩道〈第3集〉  下村 裕  筑摩書房  2009/12/09 
乱流工学ハンドブック  下村 裕  358-362  朝倉書店  2009/11/20 
乱れと流れ  下村 裕  53-70  培風館  2008/07 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
(MISC)その他記事  三つになると難しい  下村 裕  ケース研究  公益財団法人 日本調停協会連合会  324, 197-200  2015/10/25 
(MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)  共著  回転流と跳水に形成される多角形境界構造の類似性  柿野 寛将、陳 謙、森田 貴紀、梁川 みつき、下村 裕  慶應義塾大学日吉紀要 自然科学  慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  58, 1-10  2015/09/30 
研究論文(学術雑誌)  共著  Cyclone–anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from a co-rotating vortex pair in rotating shallow water  N. Sugimoto, K. Ishioka, H. Kobayashi and Y. Shimomura  Journal of Fluid Mechanics  Cambridge University Press  772, 80-106  2015/06  10.1017/jfm.2015.209 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  単著  走り抜けるよりベースタッチが早いヘッドスライディングの方法  下村 裕  教養論叢  慶應義塾大学法学研究会  136, 111-119  2015/02  04516087 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  ジャイロスコープの3次元動画解析による歳差運動公式の検証  橋本広大、金坂友里香、乙ヶ迫綾野、竹下有節、下村 裕  慶應義塾大学日吉紀要 自然科学  慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  54, 11-23  2013/09/30 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  文科系学生に対する力学  第24回理論応用力学国際会議  2016/08/26 
口頭発表(一般)  軸対称性の僅かな破れによって誘発される回転する回転楕円体の奇妙な運動  第24回理論応用力学国際会議  2016/08/22 
口頭発表(一般)  Secular motions of spin-down tops and planets  The 23rd International Congress of Theoretical and Applied Mechanics(ICTAM2012)  2012/08/23  Analytical solution is derived for the secular motions of spin-down tops, which keep contact with a fixed point. It predicts the change of the spin-axis orientation and precession rate when the spin slows down due to frictions, which agree well with the numerical simulation of the full Euler’s angular-momentum equations. Especially, it finds their asymptotic limits when the spin rate goes to zero. Similar analytical solutions are also obtained for the secular motions of planets, whose oblatenesses are assumed to be the only factors to cause the moments by the gravity of Sun. According to them, their obliquities (the spin-axis orientations) are very stable for long time, as is true for the spinning tops. 
口頭発表(招待・特別)  An open question in mechanics of a spinning egg  Advanced Problems in Mechanics — 2007  2007/06/24 
口頭発表(招待・特別)  回転たまご問題における我々の冒険  乱流、捻れ、糖蜜  2005/04/22 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  共同  Summer Science Exhibition 2007  2007/07/02-2007/07/05 
講演  単独  「飛び跳ねながら立ち上がる回転ゆで卵 」  2006/09/16-現在 
教育上の業績  単独  新入生歓迎行事企画:ジョン・チャヌ「愛」のコンサート  2005/05/10-現在 
教育上の業績  共同  リベラル・アーツ教育の総合モデル構築(グループ①):研究分担者。「スタディ・スキルズ」の授業立ち上げ、検討・準備と実践  2000/04-2005/03 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
平成20年度 義塾賞  『ケンブリッジの卵―回る卵はなぜ立ち上がりジャンプするのか』に至る回転卵運動に対する一連の力学的研究  2008/11 
詳細表示...

所属学協会
日本流体力学会 
日本物理学会 
詳細表示...

委員歴
日本流体力学会  会員 
日本物理学会  会員 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら