日本語
KEIO UNIVERSITY 
Sports Medicine Research Center 

Associate Professor 
HASHIMOTO TAKESHI 

Year of Birth:1959  
Telephone No.045-566-1090  
Fax No.045-566-1067  
http://home.f01.itscom.net/takeha/  

Link to J-GLOBAL(Japanese Only) ]

Other Affiliation
School of Medicine  医学部スポーツ医学総合センター  associate professor 
Graduate School of Health Management  准教授・研究科委員 

Profile
橋本 健史
 はしもと たけし

医学博士
専門 整形外科(足の外科)、スポーツ医学

スポーツ医学研究センター 准教授 副所長
1984年慶應義塾大学医学部卒。同年、慶應義塾大学整形外科学教室助手。1994年から1995年にスウェーデン、カロリンスカ研究所に留学し、歩行解析を中心としたバイオメカニクスの基礎研究をおこなった。1996年慶應義塾大学整形外科助手。1999年より慶應義塾大学医学部専任講師、同大学月が瀬リハビリテーションセンター整形外科医長。2003年より慶應義塾大学医学部助教授、同部長。2011年より慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授。2016年より同副所長。2017年より大学院健康マネジメント研究科研究科委員。
厚生労働省国家試験委員会幹事委員。日本足の外科学会評議員(学術研究委員長)、日本靴医学会評議員(編集委員長)、関東足の外科研究会世話人、日本整形外科学会会員、国際足の外科学会会員、日本臨床スポーツ医学会会員。日本整形外科学会認定専門医、スポーツ医、リウマチ医、脊椎・脊髄病医、運動器リハビリテーション医。専門は足の外科を中心とした整形外科、靴の医学、スポーツ医学。2020年、第45回日本足の外科学会学術集会会長(予定)。 

Career
大学医学部研修医(整形外科)  1984/05-1986/04 
大学医学部助手(専修医)(整形外科学)  1986/05-1990/04 
大学医学部助手(整形外科学)  1990/05-1994/04 
大学助手(医学部整形外科学)  1990/07-1991/04 
大学助手(医学部整形外科学)  整形外科  助手  1996/01-1999/09 
大学専任講師(医学部・月が瀬リハビリテーションセンター)  整形外科医長  専任講師  1999/10-2003/03 
associate professor  整形外科部長  助教授  2003/04-2011/09 
Sports Medicine Reserch Center, Keio Univeristy  准教授  2011/10-Present 
医学部  スポーツ医学総合センター  准教授(兼担)  2014/04/01-Present 
慶應義塾大学スポーツ医学研究センター  准教授・副所長  2016/04/01-Present 
大学院健康マネジメント研究科  准教授・研究科委員  2017/04/01-Present 

Academic Background
Keio University  Faculty of Medicine  医学科  1984/03/31  Graduated 

Academic Degrees
医学  Keio University  1996/04/08 

Licenses and Qualifications
日本整形外科学会認定専門医  1991/02/28  公益社団法人日本整形外科学会認定の整形外科専門医資格 
日本整形外科学会認定スポーツ医  1994/02/28  公益社団法人日本整形外科学会認定 スポーツ医 
日本整形外科学会認定リウマチ医  2003/03/31  公益社団法人日本整形外科学会認定 リウマチ医 
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医  2005/03/31  公益社団法人日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医 
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医  2008/03/31  公益社団法人日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医 

Message from the Faculty Member
21世紀は、骨・運動器の整形外科の時代です。中でも、足の外科は、いまだ詳細には検討されておらず、しかも地面に足を着く重要な器官です。一緒に足の外科を勉強しましょう。
私は、現在、メガネ型のウェアラブルセンサーの研究をしています。かけるだけで、手軽に動作解析を行えるデバイスです。アスリートのスポーツ障害予防やパフォーマンス向上に役立てていきたいと考えています。 
 

Research Areas
Orthopaedic Surgery 
Sports science 

Research Keywords
ankel 
foot 
spoorts medicine 
biomechanics 
ligament 
orthotics 

Research Themes
study of function of foot arch  The kinematic study of the biomechanics of foot arch system.  2000-2010 

Proposed Theme of Joint or Funded Research
The study of the biomechanics of foot arch  Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.)  Commisioned research 
View details...

Funded Research Projects (Competitive Research Funds, etc.)
basic study of in vitro measurement system of human leg using intravenous perfusion system  Research grant  Keio University, Tsukigase Rehabilitation Center  Grant-in-Aid for Scientific Research  2003/04/01-2005/03/31  I have made the measuring system for the potential of nerve of rat nerve using ringel solution I made. 
View details...

Research Achievements (Books)
整形外科研修マニュアル  HASHIMOTO TAKESHI  297-314  2004 
整形外科研修マニュアル  HASHIMOTO TAKESHI  80-86  2004 
おもしろ健康教材第10集  HASHIMOTO TAKESHI  93-97  2004 
今日の整形外科治療指針  HASHIMOTO TAKESHI  813-817  2004 
新OSNOW No.17 装具療法―モデルと適応のすべて―  HASHIMOTO TAKESHI  148-151  2003 
View details...

Research Achievements (Original Articles and Commentaries)
Research paper (scholarly journal)  Joint  後脛骨筋腱の切断により生じた外反扁平足の1例  Ikezawa Yuuko, Hashimoto Takeshi, Oohira Tamio, Toyama Yoshiaki  関東整形災害外科学会誌  33/ 5, 298-301  2002/10 
Research paper (scholarly journal)  Joint  観血的整復を要した第2趾PIP関節脱臼の1例  Kataoka Tsugukazu, Hashimoto Takeshi, Oohira Tamio, Toyama Yoshiaki  関東整形災害外科学会誌  33/ 4, 191-193  2002/08 
Research paper (scholarly journal)  Single  変形性足関節症の保存治療  Hashimoto Takeshi  関節外科  21/ 5, 553-560  2002/05 
Research paper (scholarly journal)  Joint  装具療法 モデルと適応のすべて 足 糖尿病足部潰瘍に対する硬性治療靴  Hashimoto Takeshi, Inokuchi Suguru  新OS NOW  17, 148-151  2002/02 
Research paper (scholarly journal)  Joint  陳旧性足関節外側靱帯損傷―Chrisman-Snook法と人工靱帯―  Inokuchi Suguru,Usami Norio,Hashimoto Kenji  関節外科  20/ 11, 40-45  2001/11 
View details...

Research Achievements (Oral/Poster Presentations)
Other  バイオペックスを使用した踵骨骨折の治療―術後の病理所見を中心として―  第3回静岡県東部バイオアクティブ・ペースト研究会  2003/01 
Poster presentation  外反母趾の成因に関する研究―中足足根靭帯および足底楔舟靭帯と足根骨変位の関係についての生力学的検討  第17回日本整形外科学会基礎学術集会  2002/10 
Oral presentation(general)  外傷性の頚髄不全損傷に合併した嚥下障害の経験  第22回日本リハビリテーション医学会関東地方会  2002/10 
Oral presentation(general)  外傷性の頚髄不全損傷に合併した嚥下障害の経験  第22回日本リハビリテーション医学会関東地方会  2002/10 
Oral presentation(general)  リン酸カルシウム骨ペーストを使用した踵骨骨折の治療経験  第51回東日本整形災害外科学会  2002/10 
View details...

Courses in Charge of
大学医学部整形外科学系統講義 足の外科 
View details...

Social Activities
厚生労働省国家試験問題作成委員会  2013/04/01-Present 
View details...

Memberships in Academic Societies
日本整形外科学会  1984/05/01-Present 
日本足の外科学会  1988-Present 
日本靴医学会  1994/10-Present 
International Federation of foot and ankle surgery  2000-Present 
Japanese Society of Clinical Sports Medicine 
View details...

Committee Experiences
日本整形外科学会  Member  1984/05/01-Present 
Journal of Orthopaedic Science  Edirorial board member  2013/10/01-Present 
日本足の外科学会  Board of Councillors  1988-Present 
日本靴医学会  Board of Councillors  1994/10-Present 
Japanese Society of Clinical Sports Medicine  Member 
View details...

  Link to KOARA(Japanese Only) About KOARA(KeiO Associated Repository of Academic resources)(Japanese Only)
  About KOARA(KeiO Associated Repository of Academic resources)(Japanese Only)