研究業績(著書)
公開件数:23件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 『教科書を作る』(日本語教育叢書「つくる」)
平高 史也関正昭
3-18, 90-96, 98-106, 111-125
スリーエーネットワーク
2015/10/10




2 「近年の日本語教育史研究の動向から」徐一平・林忠鵬主編『中国与日本:文化交流与相互认识』中国日語教学研究文集11
平高 史也
22-35
大連理工大学出版社
2015/02




3 「移民に対するドイツ語教育の変遷と現状」富谷玲子・彭国躍・堤正典編『グローバリズムに伴う社会変容と言語政策』
平高 史也
165-192
ひつじ書房
2014




4 DaF in Japan. In: Ahrenholz, Bernt & Oomen-Welke, Ingelore (Hrsg.) Deutsch als Fremdsprache.
平高 史也
474-480
Schneider Verlag Hohengehren GmbH
2013




5 「第7章 日本語教育」多言語化現象研究会編『多言語社会日本 その現状と課題』
平高 史也
106-118
三元社
2013/09/10




6 『テストを作る』(日本語教育叢書つくる)
関正昭・平高史也編、村上京子ほか著

スリーエーネットワーク
2013/05/24




7 日本語・日本語教育の研究ーその今、その歴史
加藤好崇・新内康子・平高史也・関正昭・編著

スリーエーネットワーク
2013/05/23




8 モデル<1>-問題発見のドイツ語
アンドレアス・リースラント,藁谷郁美,木村護郎クリストフ,平高 史也

三修社
2004/02




9 言語政策の枠組み-現代日本の場合を例として-梅垣理郎編『総合政策学の最先端III-多様化・紛争・統合』
平高 史也
128-151
東京・慶應義塾大学出版会
2003/10/15
4-7664-1025-4



10 Der Erwerb der Temporalitaet im Japanischen als Zweitsprache. Eine Untersuchung zu Lernervarietaeten brasilianischer Immigranten


iudicium verlag
2001/12


第2言語として日本語を用いるブラジル出身移住者8名の発話データにおける時間性習得の実態を記述分析。ヨーロッパ言語を第2言語として習得する話者の発話データとの比較を通して、時間性概念の表現手段にどのような普遍性と個別性があるかを追究し、日本語のテンス・アスペクト研究にも貢献することを目的とした。

11 On the Language Environment of Brazilian Immigrants in Fujisawa City. Mary Goebel Noguchi & Sandra Fotos (eds.)Studies in Japanese Bilingualism
Fumiya Hirataka, Atsuko Koishi, Yosuke Kato
164-183
Multilingual Matters
2000/11


2つの言語権(母語学習および使用の権利、外国語学習の権利)という視点から、藤沢市在住のブラジル出身移住者の言語使用・習得状況や同市の外国人に対する言語施策を分析。いくつかの実効的な政策は見られるものの、とりわけ母語維持に関するサービスが不充分であるとする。

12 白水社



2000/10


初級から上級のドイツ語学習者を対象としたCD付リスニング参考書。人に関する情報、交通手段、店・レストラン、住居、飲食、余暇、旅行、議論の8課からなり、各課ともスタジオ録音を素材としたステップ1とベルリンでの現地録音を素材としたステップ2からなる。(154pp.)

13 日本語教育史論考-木村宗男先生米寿記念論集
木村宗男先生米寿記念論集刊行委員会編
97〜107(鹿子生儀三郎についての覚え書き)
凡人社
2000/09


今世紀初頭に京城高等師範学校、満鉄学務部で日本語教員として活躍した鹿子生儀三郎について、2冊の著書などを通して現在明らかになっていることを覚書としてまとめたもの。また、本論文を収めた『日本語教育史論考-木村宗男先生米寿記念論集-』の編集にも刊行委員として携わった。(283p.)

14 凡人社
木村宗男先生米寿記念論集刊行委員会編
97〜107(鹿子生儀三郎についての覚え書き)

2000/09


今世紀初頭に京城高等師範学校、満鉄学務部で日本語教員として活躍した鹿子生儀三郎について、2冊の著書などを通して現在明らかになっていることを覚書としてまとめたもの。また、本論文を収めた『日本語教育史論考-木村宗男先生米寿記念論集-』の編集にも刊行委員として携わった。(283p.)

15 Stauffenburg Verlag
Hans-R. Fluck & Jurgen J. Gerbig (Hrsg.)
155〜161

1999


「東アジア・中央アジアにおける教育と学習の伝統と外国語習得」と名づけられた国際学会での発表をまとめて本にしたもの。本稿では、立ち遅れている日本でのドイツ語教員養成のために、他言語や隣接領域との連携が必要であることを論じる。(244p.)

16 スリーエーネットワーク
土岐哲、関正昭、平高史也、新内康子、石沢弘子


1999/11


全10課からなる外国人日本語学習者向けの中上級教科書。右記の編著者との共同執筆。教師用マニュアルが同時に、中国語版、韓国語版が平成13年11月に同じくスリーエーネットワークから出版されている。(362pp.)

17 現代日本のコミュニケーション環境
関口一郎、平高史也、井下理、鈴木佑治、田中茂範、井上輝夫
41〜65 (外国人にとっての日本の異言語環境)
大修館書店
1999/04


2巻からなる「入門セミナー・現代コミュニケーション」の第2巻第2章「外国人にとっての日本の異言語環境」を執筆。ブラジル移住者の発話の分析、彼らが置かれている言語環境の検討を通して、ブラジル出身者に対する言語教育、とりわけバイリンガル教育の必要性を論じる。また、言語の多様性に心を開くことによって日本人の言語環境も改善されることにも言及。(191pp.)

18 藤沢市および藤沢市周辺在住のブラジル出身者の言語使用状況に関する調査
平高 史也,
古石篤子

慶應義塾大学湘南藤沢学会
1998




19 日本語教育史(NAFL選書)
関正昭、平高史也編
59〜83,111〜117,134〜135,.164〜165,180〜195
アルク
1997/04


アルクの月刊『日本語』誌上で7年にわたって連載された日本語教育史に関する記事をまとめ、加筆修正を加えて出版したもの。全6章のうち第3章「教授法でつづる日本語教育史」、第5章「地域別につづる日本語教育史」のドイツ、ハワイ、台湾ほかの項、第6章「言語政策から見た日本語教育史」の執筆を担当し、全体の編集を関氏と共同で行った。(202pp.)

20 アルク
関正昭、平高史也編
59〜83,111〜117,134〜135,164〜165,180〜195

1997/04


アルクの月刊『日本語』誌上で7年にわたって連載された日本語教育史に関する記事をまとめ、加筆修正を加えて出版したもの。全6章のうち第3章「教授法でつづる日本語教育史」、第5章「地域別につづる日本語教育史」のドイツ、ハワイ、台湾ほかの項、第6章「言語政策から見た日本語教育史」の執筆を担当し、全体の編集を関氏と共同で行った。(202pp.)

21 紀伊国屋書店
川島淳夫編集主幹ほか


1994/05


Zweitspracherwerb (第二言語習得)、Sprachlehrforschung(言語教育研究)、Fremdsprachendidaktik(外国語教育学)、neusprachliche Reformbewegung(現代語教育改革運動)などの項目の執筆を担当(項目多数のため個人担当箇所抽出不可能)、社会言語学、言語教育関連項目の編集を担当。(1527pp.)

22 Iudicium verlag
Osamu Dazai translated by Stefan Wundt and Fumiya Hirataka


1992


太宰治の短編17編のドイツ語訳。『思い出』『ダス・ゲマイネ』『満願』『桜桃』『トカトントン』『父』『母』『おさん』『家庭の幸福』『十五年間』『浦島さん』『かちかち山』『走れメロス』『きりぎりす』『狂言の神』『グッド・バイ』『新郎』を収録。全作品Stafan Wundt氏との共訳のため個人分担箇所抽出不可能。(313pp.)

23 Iudicium verlag
Osamu Dazai translated by Stefan Wundt and Fumiya Hirataka


1992


太宰治の短編17編のドイツ語訳。『思い出』『ダス・ゲマイネ』『満願』『桜桃』『トカトントン』『父』『母』『おさん』『家庭の幸福』『十五年間』『浦島さん』『かちかち山』『走れメロス』『きりぎりす』『狂言の神』『グッド・バイ』『新郎』を収録。全作品Stafan Wundt氏との共訳のため個人分担箇所抽出不可能。(313pp.)