研究業績(著書)
公開件数:14件     一覧情報の全データをタブ区切りテキスト形式でダウンロード
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要 関連情報
1 『Hello!毎日かあさん英会話DVDブック〈2〉』
田中 茂範
63
講談社
2012/10
9784062179492



2 ひつじ書房
山田進 他13名
15-30

2000/02


「AはBである」という表現形式に注目し、この同一形式が記述文、定義文、隠喩文に用いられるのはどうしてかについて意味論的な考察を行った。

3 大修館書店
関口一郎編 他5名
121-138

1999/04


英語を国際実用語とみなすことは英語教育にどういう意味を持ちうるかを考察したもの。

4 大修館書店
関口一郎編 他6名
68-82

1999/04


日常言語の意味の捉え方をめぐる種種の理論を批判的に検討し、生の営みと連接する意味理論のあり方を提案した。

5 有斐閣
井上輝夫 他9名
103-118

1998/11


「個の視点と英語教育論」の章を執筆。EglishからWorld Englishes、さらにはmy Englishへの視点移動が言語規範と英語教育にどういう示唆をもたらすかを考察したもの。

6 紀伊国屋書店
深谷昌弘、田中茂範


1998/06


「コトバの意味づけ論」が意味づけ論の認知理論であるのに対して、本書は社会理論として意味づけ論を展開したもの。特に注目した主題は意味の共有感覚である。全390頁

7 研究社出版
松本曜、田中茂範
3-134

1997/10


空間表現の意味と機能に注目し、日本語空間詞の特徴、前置詞の多義の多義性、周辺空間詞の使用原理などを主題としつつ日英語比較の可能性を探ったもの。

8 アルク
鈴木佑冶、吉田研作、霜崎実、田中茂範
8-19, 38-55, 68-83, 169-182

1997/05


「国際語としての英語」という視点から規範の問題、my English論、異文化教育論について持論を展開した論集。

9 紀伊国屋書店
深谷昌弘、田中茂範


1996/06


構成主義の立場から意味づけという内的営みを理論化し、概念形成論、隠喩論、換喩論、皮肉論、言語行為論を統合的に取り扱う試み。全354頁

10 創文社
井上達夫 他11名
5-49

1994/08


合意形成の問題を合意をめぐって人々が展開するコミュニケーションのプロセスとしてとらえ、意味の多義性、不確定性を前提にすえた、創造的な意味生成理論のスケッチ。

11 桐原書店
塩沢利雄他5名


1994/04


【英語教材】高等学校英語検定教科書 SPECTRUM 1(桐原書店)の編集。塩沢利雄他5名と共同。

12 三友社出版



1990/05


基本動詞の多義現象に対して認知意味論的な考察を行い、コア・プロトタイプ・ネットワーク理論を提唱した。全173頁

13 桐原書店
原口庄輔他5名


0


高等学校英語検定教科書 PRO-VISION(桐原書店)の編集。原口庄輔他5名と共同。

14 桐原書店
塩沢利雄他5名


0


高等学校英語検定教科書 SPECTRUM 2 (桐原書店)の編集。塩沢利雄他5名と共同。