English
慶應義塾大学 
理工学部 
応用化学科 

教授 
藤本 啓二 
フジモト ケイジ 
FUJIMOTO KEIJI 

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学(理工学部) ,助手  1990/04-1996/03 
米国マサチューセッツ州立大学訪問研究員  1994/09-1995/08 
慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師  1996/04-1999/03 
慶應義塾大学(理工学部) ,助教授  1999/04-2008/03 
大学院学習指導副主任(物質科学専攻)  2000/04-2002/03 
応用化学科教室幹事  2001/04-2003/03 
生命倫理委員会委員  2001/12-2012/03 
学習指導副主任(日吉基礎)  2002/10-2004/09 
大学院広報委員  2005/10-2007/09 
キャンパスキャンペーン幹事  2005/10-2007/09 
大学院学習指導副主任  2007/04-2009/03 
生物学部会拡大委員会委員  2007/04-現在 
慶應義塾大学(理工学部),教授  2008/04-現在 
学習指導副主任(応用化学科)  2009/04-2011/03 
キャンパスキャンペーン委員長  2009/10-2011/09 
生命倫理委員会副委員長  2011/04-2012/03 
広報委員会委員長  2011/10-2013/09 
大学院基礎理工学専攻生物化学専修主任  2014/04-2017/03 
学科主任(応用化学科)  2017/04/01-2019/03/31 

学歴
京都大学  工学部  高分子化学科  1985/03/31  卒業 
京都大学  工学部工学研究科  高分子化学専攻  修士  1987/03/31  修了 
京都大学  工学部工学研究科  高分子化学専攻  博士  1990/03/23  単位取得退学 

学位
京都大学博士(工学)  京都大学  1993/03/23 

免許・資格
昭和62年国家公務員採用1種「化学」試験合格 
昭和63年国家公務員採用1種「化学」試験合格 

研究分野
ナノバイオマテリアル 
生体医工学・生体材料学 
ナノ材料・ナノバイオサイエンス 
高分子化学 
生体関連化学 
有機・ハイブリッド材料 
高分子表面 
高分子・繊維材料 
複合材料・表界面工学 

研究キーワード
高分子微粒子 
高分子ナノ粒子 
医用高分子 
バイオマテリアル 
ドラッグデリバリーシステム 
バイオベースポリマー 
バイオミメティック 
高分子ゲル 
ソフトマテリアル 
ナノコーティング 
有機無機ハイブリッド 
エコマテリアル 
高分子表面 
高分子界面 
高分子コロイド 
接着 
粘着 
粘着 
環境浄化 
マイクロプラスチック 

共同・受託研究希望テーマ
細胞表層改質 
組織マテリアル工学 
リポナノカプセル 
高分子コアシェル粒子の作製と機能化 
高分子ゲル粒子の作製と機能化 
詳細表示...

研究業績(著書)
高分子微粒子ハンドブック  藤本 啓二  高分子微粒子とは, 1-14  シーエムシー出版  2017 
高分子微粒子ハンドブック  藤本 啓二  ポリマー鎖の会合によって微粒子を作る, 114-121  シーエムシー出版  2017 
高分子微粒子ハンドブック  藤本 啓二  コアシェル微粒子の作製と機能化, 167-175  シーエムシー出版  2017 
高分子微粒子の創りかたと医用高分子への活かしかた  藤本 啓二  工業材料  2017 
中空微粒子の合成と応用  福井有香、藤本啓二  1-10  シーエムシー出版  2016/11/24  978-4-7813-1181-4 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Generation of mucin gel particles with self-degradable and -releasable properties  藤本 啓二  J. Mater. Chem. B  RSC  6, 781-788  2018 
共著  Creation of hybrid polymer particles through morphological tuning of CaCO3 crystals in miniemulsion system  Y. Fukui, H. Takamatsu, K. Fujimoto  Colloids and Surfaces A  Elsevier  516, 1-8  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Preparation of free-standing hybrid colloidal membranes via assembly of liponanocapsules  Y. Fukui, S. Kameyama, K. Fujimoto  J. Biomaterials Science, Polymer Edition  Taylor & Francis  10-12, 1010-1024  2017/07/16 
共著  Preparation of protein nano-objects by assembly of polymer-grafted proteins  Y. Fukui, D. Sakai, K. Fujimoto  Colloids and Surfaces B  Elsevier  148, 503-510  2016 
共著  Fine-tuning in mineral cross-linking of biopolymer nanoparticle for incorporation and release of cargo  Y. Fukui, N. Kabayama and K.Fujimoto  Colloids and Surfaces B: Biointerfaces  136, 168-174  2015 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  酵素の連鎖反応を用いたゲル微粒子への炭酸カルシウムの複合化  第29回高分子ゲル研究討論会  2018/01 
口頭発表(一般)  コアシェル型粒子を用いた中空ゲル粒子の作製  第29回高分子ゲル研究討論会  2018/01 
ポスター発表  PHEMA微粒子をコアとする重合型および積層型表面層の構築  第29回高分子ゲル研究討論会  2018/01 
口頭発表(一般)  ポリマー積層化リポソーム(リポナノカプセル)の酵素分解による機能発現  日本バイオマテリアル学会シンポジウム2017  2017/11 
口頭発表(一般)  ポリマーグラフト化酵素からなるナノオブジェクトを用いた細胞環境操作ツールの開発  日本バイオマテリアル学会シンポジウム2017  2017/11 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  共同  有機化学演習(高分子化学)  1991/04/01-現在 
教育上の業績  共同  応用化学実験第2  1991/04/01-現在 
教育上の業績  共同  自然科学実験(化学)  1991/04/01-現在 
教育上の業績  単独  応用高分子化学  1996/04/01-1999/03/31 
教育上の業績  単独  天然高分子  1999/04/01-2000/03/31 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
BEST POSTER PRIZE in 2010 MRS Fall Meeting  Development of a particle nano-imprinting technique by core-shell particles  2010/12/01 
スマートポリマー国際シンポジウム・ベストポスター賞  1998/06 
高分子学会研究奨励賞  1997/05 
日本MRS学会研究奨励賞  1993/12 
詳細表示...

担当授業科目
高分子化学 
バイオマテリアル特論 
高分子化学基礎 
詳細表示...

所属学協会
日本DDS学会 
高分子学会  2011/04/01-現在 
日本バイオマテリアル学会  2002-現在 
高分子学会機関誌「高分子」  1997/06-1999/05 
詳細表示...

委員歴
高分子学会  代表会員  2011/04/01-現在 
日本バイオマテリアル学会  評議委員  2002-現在 
高分子学会機関誌「高分子」  編集委員  1997/06-1999/05 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら