日本語
KEIO UNIVERSITY 
Institute of Physical Education 

Associate Professor 
YOSHIDA YASUMASA 

Career
森村学園中等部・高等部 ,常勤講師  1985/04-1987/03 
大学助手(体育研究所)  1990/04-1995/03 
大学専任講師(体育研究所)  1995/04-2005/03 
Associate Professor  2005/04-Present 
大学准教授(体育研究所)  2007/04-Present 

Academic Background
University of Tsukuba  School of Health and Physical Education  1983/03/31  Graduated 
University of Tsukuba  Graduate School, Division of Physical Education  コーチ学専攻  Master's course  1985/03/31  Completed 

Research Themes
The difference of the Shomen-suburi due to the guidance-Especially the guidance point of the sinai-positions when they swing up-  1999-2005 

Funded Research Projects (Competitive Research Funds, etc.)
剣道における正面素振り動作のバイオメカニクス的研究  2001-Present 
View details...

Research Achievements (Books)
剣道医学 Q&A  朝日茂樹、新井俊之、伊藤元明、伊藤保憲、産賀敏彦、大久保康一、大祢広伸、小倉肇、鏡山博行、神山五郎、佐々木健、柴田和弥、霜礼次郎、鈴木仁一、十河勝正、高幣民雄、竹内敏郎、棟山富也、中曽栄吾、長野拓三、中山尚夫、百鬼史訓、西本昭夫、野見山延、浜弘毅、堀進吾、堀江貴、前田宏治、松井英互、三原茂、宮坂信之、宮坂昌之、武藤政春、村岡倫子、毛利平、山崎衛、由布雅夫、湯村正仁、横山直也、吉田泰将、渡辺博義  財団法人全日本健道連盟  2001/07  財団法人全日本剣道連盟医科学委員会の監修により、剣道実施者の障害・傷害・疾病についての疑問・質問に答える文献を作成した。その中でテーピングの基礎知識の章を担当し、執筆した。 
剣道 社会体育教本  岡村忠典、網代忠宏、角正武、田口栄治、林邦夫、宮澤美一、矢野博志、脇本三千雄、吉田泰将、坪井三郎、福本修二、百鬼史訓、伊藤元明、井上茂明、松永政美、杉江正敏、大保木輝雄  財団法人全日本剣道連盟  1999/08  全日本剣道連盟公認社会体育指導員養成講習会のテキスト 
教育剣道を培った人々  中村民雄、大保木輝雄、横山直也、香田郡秀、長尾進、植原吉朗、吉田泰将、数馬広二、菊本智之、加藤純一、武藤健一郎、池田孝博、高山基紀  東京 いなほ書房  1996/03  東京高等師範学校の剣道専門課程について指導者・教育方針・剣道界の流れなどをまとめたもの。 
View details...

Research Achievements (Original Articles and Commentaries)
Research paper (university periodical or reasearch institution)  Joint  剣道における心理的競技能力調査について  YOSHIDA YASUMASA  慶應義塾大学体育研究所紀要  44/ 01, 25-34  2005/01/15 
Research paper (university periodical or reasearch institution)  Joint  剣道における指導内容の相違による正面素振り動作の変化ー振り上げ最高時の剣先位置の指導法についてー  YOSHIDA YASUMASA  慶應義塾大学体育研究所紀要  44/ 01, 35-42  2005/01/15 
Research paper (university periodical or reasearch institution)  Joint  剣道の正面打突における踏み切り動作  望月康司,植田史生,吉田泰将,佐々木玲子,村山光義  慶應義塾大学 体育研究所紀要  41/ 1, 31-37  2002/01 
Research paper (university periodical or reasearch institution)  Joint  剣道の素振りにおける指導法に関する一考察  植田史生、吉田泰将、佐々木玲子、 村山光義、小森康加、福本修二  慶應義塾大学体育研究所紀要  41/ 1, 23-30  2002/01 
Research paper (scholarly journal)  Joint  その後の大学体育⑥「慶應義塾大学、独立自尊の教えの下に」  吉田 泰将  「バイオメカニクス 研究」編集事務局 バイオメカニクス研究  2/ 3, 190-194  1999/03 
View details...

Research Achievements (Oral/Poster Presentations)
Oral presentation(general)  地面反力からみた剣道の面打ちにおける踏み切り動作  日本武道学会第33回大会 武道学研究第33巻別冊  2000/09  剣道面打ちの踏み切り動作について、静止状態からと一歩踏み込んでからの2動作を地面反力から比較した。いずれの動作も軸足となる左足が力発揮を担っていた。しかし、一歩踏み込みの方が大きな力発揮を行っていた。 
Oral presentation(general)  剣道における素振りの指導法について(その2) -空間打突停止位置における上肢動作の相違についてー  日本武道学会第33回大会 武道学研究第33巻別冊  2000/09  剣道の素振り指導法について,剣先を相手の面に停止するものと、拳を肩の高さで止めるものの2つに着目し、未経験者を対象に動作分析した。剣先速度は熟練者同様面の高さで止める場合に大きかった。しかし、筋放電様相からは肘関節の屈曲伸展の利用がないこと、最大速度が振り下ろし前半に生じるなどの特徴が示された。 
Oral presentation(general)  剣道の素振りにおける竹刀と足の動きについて  第16回日本バイオメカニクス学会大会 第16回日本バイオメカニクス学会大会抄録集  2000/08  剣道の素振りにおける竹刀の動きと足さばきのタイミングについて検討し、また個人間での違いについても比較した。 
Oral presentation(general)  剣道の素振りにおける剣先軌跡の三次元的分析  日本武道学会第32回大会 武道学研究第32巻別冊  1999/09  剣道の素振りの指導法について、振り上げ最高時の剣先位置の違いと正中線からの剣先・拳のずれの関係を三次元解析から検討した。その結果、いずれの素振りパターンにおいても、振り上げ局面では正中線に沿った軌跡を辿るのに対し、振り下ろし局面でやや右側を通ることが示された。 
Oral presentation(general)  剣道における素振りの指導法に関する調査研究  日本武道学会第32回大会 武道学研究第32巻別冊  1999/09  剣道の素振りの指導法について,剣先を相手の面に停止するものと、拳を肩の高さで止めるものの2つに着目し、剣道開始時に受けた指導と現在の指導現場での留意点についてアンケート調査を行った。その結果、剣先を相手の面に停止するものが66%を占め、素振り動作では左拳への意識が顕著であった。 
View details...

Research Achievements (Artistic, Fieldwork, etc.)
Media coverage or interview (newspaper, etc.)  Single  思い出の一本158  2005/04-Present 
Newspaper, magazine, etc. (column, essay, etc.)  Joint  連載 徹底教授 中野八十二の上達秘訣(実技モデル)  2005/02-Present 
Educational accomplishment  Single  関東学生剣道セミナー 分科会 講師  2004/02-Present 
Newspaper, magazine, etc. (column, essay, etc.)  Single  時計の針を戻して、目指せ日本一  2003/04-Present  第1回全日本学連剣友剣道大会レポート 
Educational accomplishment  Single  國學院大學文学部スポーツ身体文化Ⅰ  2003/04-Present 
View details...

Social Activities
慶應義塾体育会剣道部(三田剣友会)助教  2005/03-Present 
全日本学生剣道連盟総務委員会  2004/10-Present 
慶應義塾大学医学部剣道部師範代行  2004/10-Present 
関東学生剣道連盟将来構想委員会  2003/04-Present 
財団法人 全日本剣道連盟 情報システム委員会 委員(委員会へ昇格)  1999/10-Present 
View details...

Memberships in Academic Societies
日本スポーツ教育学会 会員  1996/04-Present 
日本体育学会 会員  1987/04-Present 
日本武道学会   1987/04-Present 
日本武道学会 会員  1985/04-Present 
View details...

Committee Experiences
全日本学生剣道連盟総務委員会  Committee Member  2004/10-Present 
関東学生剣道連盟将来構想委員会  Committee Member  2003/04-Present 
View details...

  Link to KOARA(Japanese Only) About KOARA(KeiO Associated Repository of Academic resources)(Japanese Only)
  About KOARA(KeiO Associated Repository of Academic resources)(Japanese Only)