English
慶應義塾大学 
理工学部 
機械工学科 

教授 
小茂鳥 潤 
コモトリ ジュン 
KOMOTORI JUN 

1963年生まれ  
Tel.045-566-1502  
Fax.045-566-1502  
 
http://www.komotori.mech.keio.ac.jp  

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学(理工学部) ,助手  1990/04-1994/03 
慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師  1994/04-1998/03 
慶應義塾大学(理工学部) ,助教授  1998/04-2007/03 
慶應義塾大学(理工学部),准教授  2007/04-2008/03 
慶應義塾大学(理工学部),教授  2008/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  理工学部  機械工学科  1985/03/31  卒業 
慶應義塾大学  理工学研究科  機械工学専攻  修士  1987/03/31  修了 
慶應義塾大学  理工学研究科  機械工学専攻  博士  1990/03/31  修了 

学位
工学   慶應義塾大学  1990/03/31 

総合紹介
チタン合金やステンレス鋼のような金属系バイオマテリアルには様々な特性が要求されます。我々は、新しい金属系生体材料を開発するために表面改質法に関する研究に取り組んでいます。詳細はホームページをご覧ください。 

研究分野
機械材料・材料力学 
構造・機能材料 

研究キーワード
表面改質 
生体材料 
疲労設計 
材料強度学 

研究業績(著書)
初心者のための疲労用語の解説  小茂鳥 潤ほか  日本材料学会  2015/08/31 
Electrolytic In-Process Dressing (ELID) Technologies  H.Ohmori, Ioan D. Marinescu, K.Katahira,Y.Watanabe, H.kasuga, J.Komotori, S.Yin,M.Mizutani,T.Naruse,  CRC Press  2011 
改訂 材料強度学  小茂鳥潤ほか  日本材料学会  2005 
先端医療シリーズ・歯科医学1 歯科インプラント  小茂鳥潤,李秉濬  76-81  先端医療技術研究所  2000/01  (第2章・第6節) 
日本機会学会  小茂鳥潤,他988名  日本機械学会  1997/08 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Dynamic recrystallization of Fe-Cr alloys by atmospheric-controlled induction-heating fine particle peening  S. Kikuchi, I. Tanaka, S. Takesue, J. Komotori, K. Matsumoto  Surface and Coatings Technology  344, 410-417  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of Cr Diffused Layer Formed by AIH-FPP Treatment on Adhesion of DLC Films to a Carbon Steel Substrate  S. Takesue, H. Akebono, M. Furukawa, S. Kikuchi, J. Komotori, H. Nomura  Materials Transactions  59/ 4, 642-647  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Ti合金にAIH-FPP(雰囲気制御高周波誘導加熱微粒子ピーニング)を用いて創成した金属間化合物被膜の表面特性  武末翔吾,齋藤周也,小茂鳥潤,三阪佳孝,川嵜一博  熱処理  58/ 1, 11-16  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of atmospheric-controlled induction-heating fine particle peening on electrochemical characteristics of austenitic stainless steel  K.Kikuchi, S.Iwamae, H.Akebono, J.Komotori, K.Kadota  Surface and Coatings Technology  334, 189-195  2018 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of Cooling Stimulus on Collection Efficiency of Calf Chondrocytes Cultivated on Metal Surface  Y. Kurashina, S. Miyata, J. Komotori  Int. J. of Automation Technology  11/ 6, 925-931  2017 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  チタン材の表面窒化処理方法  特願201680026872.2  2017/11/08 
特許  チタン材の表面窒化処理方法  特願15/569988  2017/10/27 
特許  表面処理装置及び表面処理方法  特願2008-322985  2008/12/18 
特許  チタン材の表面窒化処理方法  特願10-2017-7031496  2017/10/30  特開10-2017-0131686  2017/11/29 
特許  鋼材の表面処理方法  特願2015-142852  2015/07/17  特開2017-025360  2017/02/02 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
工作機械技術振興賞(論文賞)  純チタンへのナノ秒パルスレーザ照射による生体活性表面の創成  2016/06/20 
砥粒加工学会賞論文賞  純チタンへのナノ秒パルスレーザ照射による生体活性表面の創成  2016/03/04 
Best Paper Award  Resonance Vibration and Temperature Modulation Enhances Cell Detachment from Cultivation Substrate  2015/11 
学術貢献賞  2014/05  金属材料の表面改質に関する研究と材料学会活動への貢献 
功労賞  2013/07  日本材料科学会の進歩発展に対する貢献 
詳細表示...

所属学協会
日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2012/07-現在 
日本溶接協会  2010/10-現在 
日本材料科学会  2008/04-現在 
日本金属学会  2007/10-現在 
日本鉄鋼協会  2005/07-現在 
詳細表示...

委員歴
日本金属学会  会誌編集委員・欧文誌編集委員会査読委員  2018/04/23-2020/04/30 
日本材料科学会  第29期理事  2017/06/27-2019/05/31 
日本材料試験技術協会  理事  2017/05/01-2019/04/30 
日本材料学会  第66期関東支部長  2017/05/01-2018/04/30 
日本溶接協会  原子力研究委員会 FQA3小委員会 副主査  2017/04/20-2019/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら