English
慶應義塾大学 
医学部 
産婦人科学(産科) 

顔写真 准教授 
丸山 哲夫 
マルヤマ テツオ 
MARUYAMA TETSUO 

Tel.03-3353-1211  
Fax.03-5363-3578  
http://www.obgy.med.keio.ac.jp/04research/03rep-endo.html  

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学医学部産婦人科助手〈医学部産婦人科学〉  1990/06-1992/06 
慶應義塾大学 助手〈医学部産婦人科学〉  1990/06-1992/06 
神戸海星病院出向 医院〈産婦人科〉  1992/07-1992/08 
神戸海星病院産婦人科 医長  1992/09-1994/06 
京都大学ウイルス研究所 研修員・都倉病院産婦人科 非常勤医  1994/07-1996/06 
米国国立衛生研究所(NIH) 客員研究員  1996/07-1997/09 
米国国立衛生研究所(NIH) 訪問研究員  1997/10-1997/12 
日本学術振興会 海外特別研究員(NIH)・同NIH 客員研究員  1998/01-1999/12 
慶應義塾大学 助手・診療医長〈医学部産婦人科学〉  2000/01-2002/03 
慶應義塾大学 専任講師・診療医長〈医学部産婦人科学〉  2002/04-2015/02 
金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・医薬保健研究域医学類 非常勤講師  2014/07-2015/03 
慶應義塾大学 准教授・診療医長〈医学部産婦人科学〉  2015/03-現在 

学歴
慶應義塾大学  医学部  1986/03  卒業 

学位
博士(医学)  慶應義塾大学  1986/07/08 

学術受賞歴(賞、称号)
慶應義塾大学医学部三四会 北里賞  2015/06/12 
神澤医学研究振興財団 第14回神澤医学賞  2012/06/01 
日本医師会 医学研究奨励賞  2008/11/01 
坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金 医学研究奨励賞  2008/01/05 
日本内分泌学会 研究奨励賞  2007/06/14 
詳細表示...

免許・資格
日本内視鏡外科学会 ロボット手術(ダ・ビンチ) 研修終了認定  2016/05/31 
日本周産期・新生児医学会認定 周産期専門医(母体・胎児)  2015/12/01 
日本産科婦人科学会認定 産婦人科指導医  2015/08/01 
日本再生医療学会再生医療認定医  2015/01/01 
東京都難病指定医  2014/12/01 
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コース(A コース)インストラクター  2014/11/08 
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コース修了認定  2014/06/07 
厚生労働省認定臨床研修指導医  2010/07/31 
日本産科婦人科学会生殖医療に関する遺伝カウンセリング  2010/07/04 
日本人類遺伝学会認定 臨床遺伝専門医  2009/12/01 
日本内分泌学会認定 内分泌代謝科専門医・日本内分泌学会認定 内分泌代謝科指導医・教育責任者  2008/04/01 
日本生殖医学会認定 生殖医療専門医  2006/04/01 
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医  1991/10/01 

研究分野
産婦人科学 
生殖医学 
内分泌学・生殖内分泌学 
臨床遺伝学 
周産期学 
生殖免疫学 
幹細胞学 
再生医学 

研究キーワード
不妊症 
不育症 
子宮内膜症 
子宮筋腫 
早発性卵巣不全 
着床不全 
排卵障害 
幹細胞 
再生医療 
周産期 
胎盤 

研究テーマ
雌性生殖器官における幹細胞の同定とその生理学的・病理学的役割の解明 - 子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜癌などの雌性生殖器官関連疾患に対する幹細胞を標的とした新しい治療法・治療薬の開発-  2000/10/01-現在 
組織工学と幹細胞を用いた子宮の再生・再建の基盤研究  2011/06/01-現在 
着床・脱落膜化など子宮内膜機能を担う細胞分子生物学的機序の解明  1990/06/01-現在 
不妊症を含めた生殖内分泌疾患の分子遺伝学的機序の解明とその臨床  2000/01/01-現在 
流産を反復する不育症(習慣流産)の基礎と臨床  1990/06/01-現在 
生殖現象および産婦人科疾患におけるエピジェネティクス制御の解明 - ブロモドメイン蛋白BRD4を中心に -  2000/01/01-現在 
胎盤における薬剤輸送などを担う分子メカニズムの解明  2011/02/18-現在 

競争的資金等の研究課題
【挑戦的研究(萌芽)】脱細胞化骨格を用いた霊長類子宮の再生とその機能解析  2017-2019 
【基盤研究(C)】ヒト着床期子宮内膜上皮細胞層の破壊/再構築機序の解明  2017-2019 
【基盤研究(C)】 新規子宮内膜症モデルの作成と内膜症の発症および進展メカニズムの解明  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016-2018 
【基盤研究(C)】 着床面における子宮内膜細胞局所的細胞死の合目的副次効果の解明  2016-2018 
【基盤研究(C)】 子宮筋腫に対する新規治療戦略の開発  2016-2018 
詳細表示...

研究業績(著書)
Uterine Fibroids and Adenomyosis  Ono M, Maruyama T, Fujiwara H, Bulun SE  Stem cells and uterine fibroids.  Springer  2017 
Uterine endometrial Function  Maruyama T  Stem/Progenitor Cells in the Human Endometrium.  Springer  2016 
Endometriosis: Pathogenesis and Treatment  Maruyama T  Role of stem cells in the pathogenesis of endometriosis.  Springer  2014 
Translational Research in Uterine Biology  Maruyama T  Regeneration potential of stem cell systems in the human endometrium and myometrium.  Elsevier  2008 
Cell and Molecular Biology of Endometrium in Health and Disease  Maruyama T, Yamamoto Y, Sakai N, Sakurai R, Shimizu A, Hamatani T,Yoshimura Y  Protein tyrosine kinases and tyrosine phosphorylation in differentiating human endometrial stromal cells.  Soeisya  2002 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Contributions of system A subtypes to α-methylaminoisobutyric acid uptake by placental microvillous membranes of human and rat.  Takahashi Y, Nishimura T, Maruyama T, Tomi M, Nakashima E  Amino Acids  49/ 4, 795-803  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Impact of borderline-subclinical hypothyroidism on subsequent pregnancy outcome in women with unexplained recurrent pregnancy loss.  Uchida S, Maruyama T, Kagami M, Miki F, Hihara H, Katakura S, Yoshimasa Y, Masuda H, Uchida H, Tanaka M  Obstet Gynaecol Res  43/ 6, 1014-1020  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  ZEB1 expression is a potential indicator of invasive endometriosis.  Furuya M, Masuda H, Hara K, Uchida H, Sato K, Sato S, Asada H, Maruyama T, Yoshimura Y, Katabuchi H, Tanaka M, Saya H  Acta Obstet Gynecol Scand  96/ 9, 1128-1135  2017 
研究論文(学術雑誌)  単著  Debris makes “MR DC” hustle on endometriosis.  Maruyama T  Fertil Steril  107/ 1, 68  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Bioengineered uterine tissue supports a pregnancy in a rat model.  Hellström M, Moreno-Moya JM, Bandstein S, Bom E, Akouri RR, Miyazaki K, Maruyama T, Brannstrom M  Fertil Steril  106/ 2, 487-496  2016 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
Differential epithelial-mesenchymal transition status between types of endometriosis and adenomyosis.  33rd Annual Meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE2017)  2017/07 
Differential status of epithelial-mesenchymal transition in each endometriotic lesion: ZEB1 as a potential indicator of endometriotic invasiveness.  13th World Congress on Endometriosis (WCE2017)  2017/05 
口頭発表(招待・特別)  Current concept and knowledge on the pathogenesis and aetiology of endometriosis.  13th World Congress on Endometriosis (WCE2017)  2017/05 
口頭発表(招待・特別)  Stem cell of uterine fibroids and bioengineering uterine tissue for repair.  3rd congress of the Society of Endometriosis and Uterine Disorders (SEUD2017)  2017/04 
子宮内膜症発症における幹細胞学仮説.  第38回日本エンドメトリオーシス学会  2017/01 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
慶應義塾大学医学部三四会 北里賞  2015/06/12 
神澤医学研究振興財団 第14回神澤医学賞  2012/06/01 
日本医師会 医学研究奨励賞  2008/11/01 
坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金 医学研究奨励賞  2008/01/05 
日本内分泌学会 研究奨励賞  2007/06/14 
詳細表示...

社会活動
【審査・評価】 2015 日本生殖医学会 (JSRM)/国際生殖医学会 (IFFS)演題  2015-現在 
【審査・評価】 2015 SGI/SRI 62st Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts  2015-現在 
【審査・評価】 2014 SGI/SRI 61st Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts  2014-現在 
【研究グラント】 2013年 National Science Centre, Poland  2013-現在 
【審査・評価】 2012 SGI 59th Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts  2012-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本ロボット外科学会 
日本産科婦人科手術学会 
American Association for Gynecological Laparoscopy (AAGL)/米国婦人科内視鏡学会(正会員) 
International Society for Immunology of Reproduction (ISIR)/国際生殖免疫学会(正会員) 
Japan endometriosis Forum(世話人) 
詳細表示...

委員歴
日本産科婦人科学会  生殖・内分泌小委員会 委員長  2017/06/24-現在 
日本産科婦人科学会  生殖・内分泌委員会 委員  2017/06/24-現在 
日本生殖医学会  編集部委員  2015/04/01-2016 
Executive Editor, Reproductive Medicine and Biology  編集委員  2015/04/01-2016/06 
日本内分泌学会  研究奨励賞選考委員  2015/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら