English
慶應義塾大学 
理工学部 
機械工学科 

教授 
志澤 一之 
シザワ カズユキ 
SHIZAWA KAZUYUKI 

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学理工学部(機械工学実験) ,非常勤講師  1988/09-1989/03 
慶應義塾大学理工学部 ,助手  1989/04-1992/03 
慶應義塾大学理工学部 ,専任講師  1992/04-1996/03 
慶應義塾大学理工学部(機械工学科) ,助教授  1996/04-2004/03 
ワシントン州立大学 ,訪問教授  1996/09-1997/09 
兼慶應義塾大学理工学部 (在)機械工学科 ,教室幹事  1998/04-1999/03 
兼慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻 ,学習指導副主任  2000/04-2002/03 
兼名古屋大学大学院工学研究科非常勤講師  2002/04-2003/03 
兼慶應義塾大学理工学部 ,学部学習指導副主任  2003/04-2005/03 
慶應義塾大学理工学部(機械工学科) ,教授  2004/04-現在 
兼慶應義塾大学大学院理工学研究科,AO事務局長  2005/04-2006/03 
兼山形大学大学院機能高分子工学専攻非常勤講師  2007/04-2008/03 
兼慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻マルチディシプリナリ・デザイン科学専修, 専修主任  2010/04/01-2012/03/31 
兼慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻マルチディシプリナリ・デザイン科学専修, 専修主任  2016/04/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  工学部  機械工学科  1981/03/31  卒業 
慶應義塾大学  工学研究科  機械工学専攻  修士  1984/03/31  修了 
慶應義塾大学  工学研究科  機械工学専攻  博士  1987/03/31  単位取得退学 

学位
工学博士  慶應義塾大学  1987/07/31 

学術受賞歴(賞、称号)
(称号)フェロー  2013/01/16 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  Evaluating Microscopic Hardness in Ferritic SteelBased on Crystallographic Measurements via Electron Backscatter Diffraction  Hayakawa, M., Tomatsu, K., Nakayama, E., Okamura, K., Yalnamoto, M. and Shizawa, K  Materials Science and Engineering A  Elsevier  700, 281-290  2017/07/17  10.1016/j.msea.2017.05.081 
研究論文(学術雑誌)  共著  Development of Simulation Technology for Production of Porous Polymeric Membranes  Nada, H., Kudo, M., Takahashi, J., Yamamoto, T., Hara2, H. and Shizawa, K.  Key Engineering Materials  Trans Tech Publications  725, 261-266  2017/01  10.4028/www.scientific.net/KEM.725.261 
研究論文(学術雑誌)  共著  Multiscale Simulation of Dynamic Recrystallization for α-Mg Phase in Mg/LPSO Alloys Based on Multi-phase-field and Dislocation-based Crystal Plasticity Models  Kimura, Y., Kujirai, S., Ueta, R. and Shizawa, K.  Key Engineering Materials  Trans Tech Publications  725, 243-248  2017/01  10.4028/www.scientific.net/KEM.725.243 
研究論文(学術雑誌)  共著  Development of Micro-Shear Fatigue Test and lts Application to Single Crystal of Pure lron  Hayakawa, M., Nakayama, E., Okamura, K., Yalnamoto, M. and SHIZAWA KAZUYUKI  Procedia Engineering  Elsevier  160, 167-174  2016/10/04  10.1016/j.proeng.2016.08.877 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  非線形FEMシミュレーションによる高分子材料の損傷・破壊挙動  志澤 一之  成形加工  プラスチック成形加工学会  28/ 9, 362-366  2016/08/20 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  繰返し負荷過程における非線形転位セル崩壊を考慮したフェライト双結晶の転位-結晶塑性解析  日本材料学会第3回材料WEEK  2017/10/10 
口頭発表(一般)  微小試験片を用いた鉄単結晶のせん断疲労特性評価  M&M2017材料力学カンファレンス  2017/10/08 
口頭発表(一般)  回位密度を考慮した結晶塑性Cosseratモデルに基づくMg基LPSO相のキンク帯形成に関するメッシュフリー解析  M&M2017材料力学カンファレンス  2017/10/07 
口頭発表(一般)  結晶性ポリマに対する寸法依存性を考慮した分子鎖塑性モデルおよびその大変形シミュレーション  第30回計算力学講演会  2017/09/16 
口頭発表(一般)  熱硬化性ポリマにおける自由体積回復を考慮した分子鎖塑性モデルおよびその繰返し負荷解析  第30回計算力学講演会  2017/09/16 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
2016年度日本機械学会賞(論文)  広ひずみ速度域に対応したクレーズ挙動のモデル化とその結晶性ポリマの破壊予測シミュレーションへの応用  2017/04/20 
(社)日本材料学会平成26年度塑性工学部門委員会優秀学生講演発表賞(指導学生受賞)  クレーズ進展形分子鎖塑性モデルを用いた非晶性ポリマの三次元大変形FEM解析  2014/11 
(社)日本機械学会材料力学部門優秀講演表彰(指導学生受賞)  Phase-field-転位-結晶塑性モデルを用いたHCP金属における双晶変形誘起の粒内応力場の評価  2014/03 
(社)日本材料学会平成25年度塑性工学部門委員会優秀学生講演発表賞(指導学生受賞)  繰返し負荷を受けるフェライト単相双結晶に対する転位‐結晶塑性シミュレーション  2013/11 
(社)日本材料学会優秀講演発表賞(指導学生受賞)  HCP結晶の双晶変形による局所ひずみを考慮したPhase-field-転位-結晶塑性連成FEM解析  2013/05 
詳細表示...

社会活動
東京農工大学 テニュアトラック教員外部専門家レビューアー  2013/08/01-現在 
(社)日本技術者教育認定機構 2013年度基準総合調整委員会  2013/05/27-現在 
東京農工大学 テニュアトラック教員選考外部評価委員  2012/05/01-2013/03/31 
(社)日本技術者教育認定機構 2012年度認定会議委員  2012/04/01-2013/03/31 
(社)日本技術者教育認定機構 2011年度認定会議委員  2011/04/01-2012/03/31 
詳細表示...

所属学協会
(社)日本鉄鋼協会 正会員  2010/01/01-現在 
(社)日本塑性加工学会 正員  1999/10/01-現在 
(社)日本金属学会 正員  1999/09/01-現在 
Society of Engineering Science  1998/09/01-2002/12/31 
(社)日本材料学会 正員  1996/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
(一社)日本塑性加工学会  論文賞推薦委員会委員  2017/09/27-2018/03/31 
(一社)日本塑性加工学会  学生奨励賞推薦委員会委員  2017/06/08-現在 
(一社)日本塑性加工学会  学会賞推薦委員会幹事  2017/06/08-現在 
(一社)日本塑性加工学会  産学連携委員会委員  2017/06/08-現在 
(一社)日本塑性加工学会  学会活性化委員会幹事  2017/06/08-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら