English
慶應義塾大学 
法学部 
法学部共通 

教授 
横山 千晶 
ヨコヤマ チアキ 
YOKOYAMA CHIAKI 

 

経歴
大学専任講師(法学部)  1989/04-1997/03 
大学語学視聴覚教育研究室主事  1993/10-1994/03 
大学法学部学習指導副主任  1996/04-1997/09 
大学助教授(法学部)  1997/04-2002/03 
大学法学部学習指導副主任  1997/10-1999/09 
大学法学部学習指導副主任  1999/10-2001/09 
大学教授(法学部)  2002/04-現在 
慶応義塾教養研究センター所長  2004/10-2010/09 
慶應義塾大学日吉メディアセンター長  2017/10/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  文学部  (英米文学専攻)  1984/03/31  卒業 
慶應義塾大学  文学研究科  修士  1986/03/31  修了 
慶應義塾大学  文学研究科  博士  1989/03/31  単位取得退学 
ランカスター大学  英文学  19世紀イギリス研究  修士  1995/12/01  修了  英国 

競争的資金等の研究課題
ヴィクトリア朝における労働者教育――芸術教育をめぐって  補助金  文部科学省  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2018/04/01-2021/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
進化する初年次教育  横山 千晶  第13章(pp. 146-158)「身体と心をひらくということ――身体知とコミュニティ」  世界思想社  2018/09/20  978-4-7904-1722-5 
ジョン・ラスキンの労働者教育――「見る力」の美学  横山 千晶  慶應義塾大学出版会  2018/03/31  978-7664-2515-4 
深読み名作文学 O.ヘンリー「最後の一葉」  横山 千晶  慶應義塾大学出版会  2015/07/29 
初年次教育の現状と未来  横山 千晶  第12章(pp. 177-189)  世界思想社  2013/01/30  978-4-7907-1581-8 
しょうない鵜渡川原人形  横山 千晶  (出版地)山形県酒田市 (出版社)本間光枝・松浦正子  2013/01/12 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  もう一つの兄弟団(ブラザーフッド)―労働者大学におけるラスキン、ロセッティ、そしてラファエル前派  横山 千晶  ヴィクトリア朝文化研究  第15, 25-44  2017/11  1882-3029 
研究論文(学術雑誌)  単著  共にいるということ――居場所「カドベヤで過ごす火曜日」  横山 千晶  質的心理学フォーラム  日本質的心理学会  9, 14-22  2017/09/20  1884-2348 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  日吉メディアセンター所長挨拶「図書館と私のささやかな夢」  横山 千晶  Media Net  21, 4-4  2014/12/26 
研究論文(学術雑誌)  単著  「ホワイトチャペルの息子たち―ロンドンのイースト・エンドと現代芸術」  横山 千晶  芸術と福祉―アーティストとしての人間  大阪大学出版会  63-87  2009/06/15 
研究論文(学術雑誌)  単著  「大学初年次の経験を豊かなものとするために」  アレクサンダー・W・アスティン 翻訳 横山千晶  初年次教育学会誌  初年次教育学会  1/ 1, 2-19  2008/11/29 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  名もなき工芸家たち――モリス商会を支えた人々  第3回ウィリアム・モリス研究会(意匠学会デザイン史分科会)  2018/12/15 
口頭発表(一般)  From Drawing to Design--John Ruskin's Teaching and Morris & Co.  International Conference on Design History and Studies 10th +1 Barcelona 2018   2018/10/31 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  「ぼくもわたしもラスキンだ!――21世紀のアートの意味を、声と身体と手を使って探る読書会」  ジョン・ラスキン生誕200周年記念事業 Ruskin in Japanプレ企画  2018/10/14  でもどうしてアートは生きていくうえでそんなに大切なのだろう。 この大切な問いを、ジョン・ラスキンや彼の周りの人々の「言葉」を「からだ」を使って読み解くことで考えてみるワークショップ。 ラスキンや彼の周りのアーティストたち、思想家たちの言葉(手紙や本からの引用、講演からの引用)を声に出して、彼らになりきって演じてみることで、どんな世界が見えてくるだろうか。ジョン・ラスキンの言うとおりに描いてみるとどんな景色が見えてくるだろう。この読書会は、本を目で読むだけではなく、声に出す、身体を使う、描いてみることで体当たりでラスキンの世界に入り込むワークショップである。案外思ってもみないラスキンが立ち現れるかもしれない。そのうえで、再び21世紀におけるアートの意味を考えてみることがワークショップの目的である。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  「美」とは何か――ヴィクトリア朝の芸術教育におけるルールと作法  2018年慶應義塾大学日吉キャンパス公開講座「ルールと作法」  2018/10/13 
口頭発表(一般)  労働者大学とモリス商会――教育からデザインの現場へ  意匠学会第60回大会  2018/08/09 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  単独  先端学問特別講座[TKK(東大・京大・慶應大)講座]【私たちの生きる社会、思いをキーワード化する――「英語」と社会問題】  2018/11/17-2018/11/17 
教育上の業績  先端学問特別講座[TKK(東大・京大・慶應大)講座]【言葉を体で考えよう――英語と日本語】  2017/11/25-2017/11/25 
教育上の業績  単独  先端学問特別講座[TKK(東大・京大・慶應大)講座]【からだがあるから言葉がある・・・英語と日本語を「音」と「目」で楽しもう】  2016/11/26-2016/11/26 
教育上の業績  単独  先端学問特別講座[TKK(東大・京大・慶應大)講座] 【言葉について身体で考えよう・・・「音」から考える英語と日本語】  2015/11/14-2015/11/14 
教育上の業績  共同  2015年度 商学部英語スピーチコンテスト  2015/11/05-2015/11/05  審査員の一人 
詳細表示...

社会活動
横浜市旭区民文化センター指定管理者選定評価委員会会長  2018/12/01-2020/11/30 
公益財団法人下中記念財団  2018/04/01-現在  公益財団法人下中記念財団【上野眞資記念事業「日本を知ろう」】審査委員 
鵜渡川原人形伝承の会会長  2014/03-2016/03/31  鵜渡川原人形伝承の会は山形県庄内地方で制作されている鵜渡川原人形の伝統を研究するとともに、その制作方法を次世代へ伝え、庄内のみならず広く東北に伝わる土人形・大衆に愛された人形文化の伝統を守ることを目指している。 
全国大学観光まちづくりコンテスト準備委員会  2010/12/20-2013/03/31 
居場所「カドベヤで過ごす火曜日」運営委員会代表  2010/06/01-現在  石川町5丁目にあるオルタナティブスペース「カドベヤ」にて、毎週火曜日に様々な背景を持つ人々が自由に集える居場所を運営し、と創造的な活動を通して包括的な社会の在り方を探り、形成していく。 
詳細表示...

所属学協会
日本質的心理学会  2017/07/01-現在 
第9回『芸術と福祉』国際会議 ~芸術は社会のために何ができるか・社会は芸術のために何ができるか~  2009/08/17-2009/08/19 
日本英文学会  2009/05/01-現在 
初年次教育学会  2008/04/01-2019/03/31 
日本ヴィクトリア朝文化研究学会  2002/11/01-現在 
詳細表示...

委員歴
全国大学観光まちづくりコンテスト準備委員会  委員  2010/12/20-2013/03/31 
第9回『芸術と福祉』国際会議 ~芸術は社会のために何ができるか・社会は芸術のために何ができるか~  コーディネーター  2009/08/17-2009/08/19 
初年次教育学会  理事  2008/04/01-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら