English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
斎藤 英胤 
サイトウ ヒデツグ 
SAITO HIDETSUGU 

J-GLOBALへのリンク

その他の所属・職名
薬学部  教授 
医学部  内科学(消化器)  兼担教授 

学位
医学博士  慶應義塾大学  1988/09/26 

学術受賞歴(賞、称号)
三四会賞  1988/10/01 
日本消化器病学会研究奨励賞  1989/10/23 
ウイルス肝炎研究財団研究奨励賞  1992/06/01 
三越医学研究奨励賞  1997/06/01 
大和証券ヘルス財団調査研究賞  2012/12/01 
詳細表示...

研究業績(著書)
アルコール性肝障害 肝臓専門医テキスト   齋藤英胤.   247-251  南江堂  2016/11/15 
アルコール代謝 肝臓専門医テキスト   齋藤英胤.   22-25  南江堂  2016/11/15 
疾病と病態生理 改訂第4版   齋藤英胤.(分担執筆)市田公美、辻勉、秋葉聡編   67-90, 444-448  南江堂 東京  2016/08/20 
肝がん白書平成27年度  飯島尋子、井戸章雄、齋藤英胤、鈴木章記、建石良介、田中榮司、田中純子、中牟田誠、松﨑靖司、南祐仁、八橋弘.   一般社団法人日本肝臓学会 東京  2015 
系統看護学講座 専門分野Ⅱ 消化器 成人看護学5  松田明子、永田博司、宮島伸宣、齋藤英胤、金田智、長谷川由美、中村威、宮澤光男、南川雅子、三ツ井圭子、棟久恭子、渡邊千登世.  医学書院 東京  2015 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  On-treatment decrease of NKG2D correlates to early emergence of clinically evident hepatocellular carcinoma after interferon-free therapy for chorinic hepatitis C.  Chu PS, Nakamoto N, Taniki N, Ojiro K, Amiya T, Makita Y, Murata H, Yamaguchi A, Shiba S, Miyake R, Katayama T, Ugamura A, Ikura A, Takeda K, Ebinuma H, Saito H, Kanai T.  PLoS One  12/ 6, e0179096  2017 
研究論文(学術雑誌)  共著  Cluster microRNAs miR-194 and miR-215 suppress the tumorigenicity of intestinal tumor organoids  齋藤 英胤  Cancer Sci.  108/ 4, 678-684  2017/06  10.1111/cas.13165 
研究論文(学術雑誌)  Aberrant DNA Methylation as a Biomarker and a Therapeutic Target of Cholangiocarcinoma.  Nakaoka T, Saito Y, Saito H.  Int J Mol Sci 18(6)  18/ 6, E1111  2017/05/23 
研究論文(学術雑誌)  共著  A New Molecular Mechanism Underlying the Antitumor Effect of DNA Methylation Inhibitors via an Antiviral Immune Response.  Saito Y, Nakaoka T, Saito H.  Advances in Protein Chemistry and Structural Biology  106, 227-242  2017/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  microRNA-mediated resistance to hypoglycemia in the HepG2 human hepatoma cell Line.  Ueki S, Murakami Y, Yamada S, Kimura M, Saito Y, Saito H.  BMC Cancer  16/ 1, 732-744  2016 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  高脂肪食負荷NASH-HCCモデルにおける腸内細菌叢代謝物と肝内免疫細胞の検討  第61回日本薬学会関東支部大会  2017/09/16 
口頭発表(一般)  HCV 関連肝細胞癌既往のある症例における DAA 治療後早期再発因子の検討.  第53回日本肝臓学会総会   2017/06/09 
口頭発表(一般)  急性肝不全を呈する急性肝炎様自己免疫性肝炎の予後予測因子についての解析.  第53回日本肝臓学会総会   2017/06/09 
口頭発表(招待・特別)  オルガノイド培養技術による難治性がんの in vitro モデルの構築と創薬研究への応用. 依頼公演:次世代医療を見据えた生体高分子分析の最前線.  第77回分析化学討論会~異分野との融合から生まれる新しい分析化学~   2017/05/28 
口頭発表(一般)  カウンセリング効果の個体間変動要因:日本人におけるセロトニントランスポーター遺伝子に関する検討.  日本薬学会137年会   2017/03 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  臨床実習に関する小委員会委員  2003/10/01-2005/09/30 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  がん幹細胞集団の調製方法、異種移植片の調製方法、スクリーニング方法、miR-34aの発現量を低下させる方法及びがん幹細胞増殖抑制剤.  特願2015-142164  2015/07/16 
特許  Potentiator for interferon and an antiviral activity-potentiating composition containing interferon and its potentiator  US005730971A  Pt No. 411998  1998/05/24 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本抗加齢医学会優秀演題賞   オルガノイド培養法により樹立した腸管上上皮幹細胞における stem cell aging の検討.   2016/06  プログラム・抄録集: 174, 2016/6/10-12. 
日本抗加齢医学会優秀演題賞   高脂肪食摂取時の脂肪組織における老化マーカー遺伝子の発現変化とDNAメチル化阻害薬の効果.   2016/06  プログラム・抄録集: 170 2016/6/10-12. 
詳細表示...

所属学協会
ACG 
AASLD 
AGA 
AACR 
日本薬学会 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら