English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

教授 
斎藤 英胤 
サイトウ ヒデツグ 
SAITO HIDETSUGU 

J-GLOBALへのリンク

その他の所属・職名
薬学部  教授 
医学部  内科学(消化器)  兼担教授 

学歴
慶應義塾大学  医学部  1981/08/31  卒業  日本 
慶應義塾大学  医学部/医学研究科  内科学  博士  1986/03/31  単位取得退学  日本 

学位
医学博士  慶應義塾大学  1988/09/26 

学術受賞歴(賞、称号)
三四会賞  1988/10/01 
日本消化器病学会研究奨励賞  1989/10/23 
ウイルス肝炎研究財団研究奨励賞  1992/06/01 
三越医学研究奨励賞  1997/06/01 
大和証券ヘルス財団調査研究賞  2012/12/01 
詳細表示...

研究業績(著書)
Principal Pharmacotherapy  亀井淳三、齋藤 英胤  ネオメディカル  2018/04/03  978-4-904634-24-0 
やさしい臨床医学テキスト 第4版  星恵子、青山峰芳、齋藤 英胤、増子佳世、三木知博、水谷顕洋、武藤章弘、山下直美  消化器疾患  薬事日報社  2018/01/30  978-4-8408-1423-2 
新看護学9成人看護[1]  齋藤 英胤  消化器  医学書院  2018/01/06  978-4-260-03180-6 
アルコール性肝障害 肝臓専門医テキスト   齋藤英胤.   247-251  南江堂  2016/11/15 
アルコール代謝 肝臓専門医テキスト   齋藤英胤.   22-25  南江堂  2016/11/15 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Liver fibrosis markers improve prediction of outcome in non-acetaminophen-associated acute liver failure.  Uramura A, Chu P-S, Nakamoto N, Taniko N, Ojiro K, Hibi T, Shinoda M, Obara H, Masugi Y, Yamaguchi A, Shiba S, Morikawa R, Usui S, Ebinuma H, Kitagawa Y, Saito H, Kanai T.  Hepatic Commun  2/ 11, 1331-1343  2018/10 
研究論文(学術雑誌)  共著  Nrf2-mediated anti-oxidant effects contribute to suppression of non-alcoholic steatohepatitis-associated hepatocellular carcinoma in murine model.  Yamada S, Kimura M, Saito Y, Saito H.  J Clin Biochem Nutr  63/ 2, 123-128  2018/09 
研究論文(学術雑誌)  共著  Epigenetic and aging  Saito Y, Saito H  Glycative Stress Research  5/ 3, 129-134  2018/09/30 
共著  脂質・胆汁酸、腸内細菌の変化と肝病変  齋藤英胤、山田翔士  肝胆膵  アークメディア  77/ 1, 47-55  2018/07/28  0389-4991 
共著  Dual effects of the Nrf2 inhibitor for inhibition of hepatitis C virus and hepatic cancer cells.  Murakami Y, Sugiyama K, Ebinuma H, Nakamoto N, Ojiro K, Chu P-S, Taniko N, Saito Y, Teratani T, Koda Y, Suzuki T, Saito K, Fukasawa M, Ikeda M, Kato N, Kanai T, Saito H.  BMC Cancer  18/ 1, 680  2018/06/25  10.1186/212885-018-4588-y 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  In situ hybridization法を用いた菌の検出による非代償性肝硬変患者の予後の検討.  第60回日本消化器病学会大会  2018/11/01 
ポスター発表  胆管がん及び膵臓がんオルガノイドにおけるエピジェネティック治療のもつ新たな抗腫瘍メカニズムの検討  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/29 
ポスター発表  がん抑制遺伝子miR-34aによる肝内胆管がん患者由来オルガノイドの抑制  第77回日本癌学会学術総会  2018/09/29 
Organoid培養法により樹立した腸管上皮幹細胞に対するNMN (nicotinamide mononucleotide)による抗老化効果の検討  第2回慶應ライフサイエンスシンポジウム  2018/09/13 
口頭発表(一般)  胆道系悪性腫瘍由来オルガノイドの長期培養と創薬研究への応用  第54回日本肝臓学会総会  2018/06/15 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  臨床実習に関する小委員会委員  2003/10/01-2005/09/30 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  がん幹細胞集団の調製方法、異種移植片の調製方法、スクリーニング方法、miR-34aの発現量を低下させる方法及びがん幹細胞増殖抑制剤.  特願2015-142164  2015/07/16 
特許  Potentiator for interferon and an antiviral activity-potentiating composition containing interferon and its potentiator  US005730971A  Pt No. 411998  1998/05/24 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本抗加齢医学会優秀演題賞   オルガノイド培養法により樹立した腸管上上皮幹細胞における stem cell aging の検討.   2016/06  プログラム・抄録集: 174, 2016/6/10-12. 
日本抗加齢医学会優秀演題賞   高脂肪食摂取時の脂肪組織における老化マーカー遺伝子の発現変化とDNAメチル化阻害薬の効果.   2016/06  プログラム・抄録集: 170 2016/6/10-12. 
詳細表示...

所属学協会
ACG 
AASLD 
AGA 
AACR 
日本薬学会 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら