English
慶應義塾大学 
理工学部 
外国語・総合教育教室 

教授 
加藤 万里子 
カトウ マリコ 
KATO MARIKO 

http://user.keio.ac.jp/~mariko/index.html  

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学(理工学部),非常勤講師  1981/04-1986/03 
慶應義塾大学(理工学部),専任講師  1986/04-1993/03 
イリノイ大学,客員助教授  1990/04-1992/03 
慶應義塾大学(理工学部),助教授  1993/04-現在 
慶應義塾大学(理工学部),教授  2004/04-現在 

学歴
立教大学  理学部  物理学科  1976/03/31  卒業 
立教大学  理学研究科  原子物理学専攻  修士  1978/03/31  修了 
立教大学  理学研究科  原子物理学専攻  博士  1981/03/31  修了 

学位
理学   立教大学  1981/03/31 

総合紹介
天文学 

研究分野
天文学 

競争的資金等の研究課題
新星からIa型超新星へ~連星系理論の精密化  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2015/04/01-2018/03/31 
新星の理論的全天サーベイ  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤C  2010/04/01-2015/03/31 
新星理論の総合的研究  補助金  慶應義塾学事振興資金  2009/04/01-2010/03/31 
新星の超エディントン光度の理論的解明と 標準光源の確立  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会) 基盤C  2004/04-2007/03 
大学1年生の物理への関心度と知識度調査  補助金  慶應義塾学事振興資金 研究補助・共同研究  2002/04-2003/03 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  A Millennium-long Evolution of the 1 yr Recurrence Period Nova -- Search for Any Indication of the Forthcoming He Flash  Mariko Kato, H.Saio,I. Hahisu  ApJ  844/ 143, 1-11  2017/08/01  10.3847/1538-4357/aa7c5e 
研究論文(学術雑誌)  共著  A Self-Consistent Model for a Full Cycle of Recurrent Novae- Wind Mass-loss Rate and X-Ray Luminosity  Mariko Kato, H.Saio,I. Hahisu  ApJ  838/ 153, 1-10  2017/04/01  10.3847/1538-4357/838/153 
研究論文(学術雑誌)  共著  M31N 2008-12a- The Remarkable Recurrent Nova in M31: Panchromatic Observations of the 2015 Eruption SwiftNondetection  Darnley, M.J., Henze, M., Bode, M., Hachisu, I., Hernanz, M.,Mariko Kato et al.  ApJ  833/ 149, 1-38  2016/12/20  10.3847/1538-4357/833/2/149 
研究論文(学術雑誌)  共著  X-ray Flashes in Recurrent Novae: M31N 2008-12a and the Implications of the SwiftNondetection  Mariko Kato, Saio, H., Henze, M., Ness, J-U et al.  ApJ  830/ 40, 1-12  2016/10/10  10.3847/0004-637X/830/1/40 
研究論文(学術雑誌)  共著  Shortest recurrence periods of forced novae  I. Hahisu, H.Saio, Mariko Kato  ApJ  824/ 22, 1-62  2016/06/10  10.3847/0004-637X/824/1/22 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(招待・特別)  A Millenium-long evolution of a very short recurrence period nova - 1500 outbursts until He ignition  WS on M31N 2008-12a  2017/03/07 
口頭発表(一般)  1年周期の回帰新星 M31N 2008-12a  連星系・変光星・低温度星研究会  2016/10/30  URL 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  From Novae to Type Ia Supernovae  CSIC Friday lunch seminar  2016/03/04 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Theoretical model of short recurrence period novae  CSIC nova WS  2016/03/03 
口頭発表(基調)  新星の理論と現在の問題点(レビュー)  新星の世界戦略WS  2016/01/18 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
新聞・雑誌等(コラム・エッセイ等)  単独  創刊30周年、歴代編集委員の思い 『編集委員の遊びゴゴロ:「パリティ」の楽しみ方』  2015/05/01-現在 
取材・インタビュー(新聞その他)  単独  「天文学のおもしろさ」とジェンダー・フリー  2014/12/26-2014/12/26 
対談・パネラー等  単独  天文学者の立場からー学問の発展に必要なことは?  2014/12/01-2014/12/01 
教育上の業績  共同  大学1年生の自然科学への関心度と知識度2012年度調査 --10年前、20年前との比較  2013/03/25-現在 
新聞・雑誌等(書評・論評等)  単独  いつのまにか宇宙科学時代  2012/10/06-現在 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
日本天文学会 林忠四郎賞  新星風理論の構築とIa型超新星の起源の解明  2004/03  新星風理論による定量的な研究で新星の分野の研究を大きく前進さ せたこと.Ia型超新星の研究に 大きな進展をもたらしたことによる. 
詳細表示...

教科書・教材
100億年を翔ける宇宙  2015/03 
詳細表示...

社会活動
連星系・変光星・低温度星研究会  2016/10/29-2016/10/31 
日本学術振興会  2009-2010/03 
「回帰新星 U Sco の世界戦略」ワークショップ  2009-2009 
『新星の世界戦略』ワークショップ  2009-2009 
ヘリウム新星V445 Pup のミニ国際ワークショップ  2009-2009 
詳細表示...

所属学協会
国際天文学連合  1986-現在 
日本天文学会  1977/04-現在 
詳細表示...

委員歴
IAUシンポジウム 281:連星系とIa 型超新星  科学組織委員 (SOC)  2010/04-2012/01 
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員  2009-2010/03 
「回帰新星 U Sco の世界戦略」ワークショップ  企画実行責任者  2009-2009 
『新星の世界戦略』ワークショップ  企画実行責任者  2009-2009 
ヘリウム新星V445 Pup のミニ国際ワークショップ  企画実行責任者  2009-2009 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら