Research Achievements (Oral/Poster Presentations)
Number of the published data : 25     Download a complete list of all data (tab-deliminated text format)
No. Type of Presentation Title Conference Date URL Summary Related information
1 Other
チーム医療の推進における看護師等の専門性向上・役割拡大に関する研究―看護師の専門職性の発揮の実際と発展―
第31回日本看護科学学会学術集会
2011/12/03



2 Oral presentation(general)
チーム医療の推進における我が国の看護師と看護補助者の連携の実情
第31回日本看護科学学会学術集会
2011/12/02



3 Oral presentation(general)
‘ Trends of Interprofessional Education and Team Approach in Japan ‘
International Perspectives on Interprofessional Education Conference
2011/09/07



4 Oral presentation(general)
看護師のキャリア開発意欲を高める要因
第15回日本看護管理学会年次大会
2011/08/27



5 Oral presentation(general)
これからの公衆衛生看護学教育に求められる実践力:医療政策論
全国保健師教育機関協議会 平成23年度教員研修会
2011/07/30



6 Oral presentation(general)
広域対応訪問看護ネットワークによる訪問看護事業所の基盤強化の方策
第30回日本看護科学学会学術集会
2010



7 Oral presentation(general)
ケースメソッドで「経営管理力」をトレーニング
第14回日本看護管理学会年次大会
2010



8 Oral presentation(general)
ハーバード・ケースメソッドで看護経営を考える!
第13回日本看護管理学会年次大会
2009



9 Oral presentation(general)
平成19年度厚生労働科学研究補助金による特別研究事業「行政処分を受けた看護師等に対する再教育プログラムの作成に関する研究」
第13回日本看護管理学会年次大会
2009



10 Oral presentation(general)
地方自治体における政策決定プロセスへの看護職の参画
第13回日本看護管理学会年次大会
2009



11 Oral presentation(general)
看護職の専門性の発揮と業務拡大を目指して
第28回日本看護科学学会学術集会交流集会
2008



12 Oral presentation(general)
中年期スタッフナースのキャリア形成支援に関する一考察
第12回日本看護管理学会年次大会
2008



13 Oral presentation(general)
看護職の専門性の発揮と業務拡大を目指して
第12回日本看護管理学会年次大会インフォメーションエクスチェンジ
2008



14 Oral presentation(general)
訪問看護事業のサービス提供体制のあり方に関する検討
平成19年厚生労働省補助金調査研究事業・中間報告会「在宅ケア最前線」
2008



15 Oral presentation(general)
7対1を越えて-急性期入院医療の未来を拓
第11回日本看護管理学会年次大会インフォメーションエクスチェンジ
2007



16 Oral presentation(general)
2006年度診療報酬改定のインパクト-7:1確保に向けた戦略-
第173回私立医科大学協議会病院部会看護部長会議
2006



17 Oral presentation(general)
次世代の管理者たちに託すもの
第36回日本看護学会シンポジウム
2006



18 Oral presentation(general)
医療制度改革大綱から考えるこれからの看護の基礎教育
第10回日本看護管理学会年次大会インフォメーションエクスチェンジ
2006



19 Oral presentation(general)
フィリピン人看護師受け入れに伴う課題
第10回日本看護管理学会年次大会口演発表
2006



20 Oral presentation(general)
看護の質を向上させるのは、卒後臨床研修の制度化か、基礎教育年限の延長か?
第9回日本看護管理学会年次大会インフォメーションエクスチェンジ
2005



21 Oral presentation(general)
特定機能病院における感染管理看護師の活動に関する調査
第9回日本看護管理学会年次大会
2005



22 Oral presentation(general)
療養支援室退院計画担当看護師による退院計画実施の評価-支援課程の分析から-
8th ACADEMIC CONFERENCE JAPAN ACADEMY OF ADMINISTRATION AND POLICIES
2004/08/21

わが国の看護政策に関する研修プログラム作成の資料を得る目的で、英国看護協会のPolitical Leadership Programmeと、スコットランド看護協会の活動事例Value Nurese Campain, Nurse Deliver Campainについて、実施状況および成果等について聞き取り調査を行った。

23 Oral presentation(general)
英国看護協会Political Leadership Programmeに関する調査報告
8th ACADEMIC CONFERENCE JAPAN ACADEMY OF ADMINISTRATION AND POLICIES
2004/08/21

わが国の看護政策に関する研修プログラム作成の資料を得る目的で、英国看護協会のPolitical Leadership Programmeと、スコットランド看護協会の活動事例Value Nurese Campain, Nurse Deliver Campainについて、実施状況および成果等について聞き取り調査を行った。

24 Oral presentation(general)
看護職出身の地方議員の活動に関する調査
8th ACADEMIC CONFERENCE JAPAN ACADEMY OF ADMINISTRATION AND POLICIES
2004/08/21

看護職出身の地方議員が取り組んでいる政策課題および活動を明らかにするために郵送調査を行った。看護職出身の地方議員は104名で、都道府県議会議員は7名であった。約90%が自身の看護職としての体験から政策課題を見出していたが、医療保健福祉領域だけなく、教育・環境問題など多様な領域の課題に取り組んでいた。

25 Oral presentation(general)
慢性関節リウマチ患者の疲労感,対処行動および疾患活動性との関連
第43回日本リウマチ学会総会・学術集会
1999/06/04

慢性関節リウマチ(RA)患者の疾患活動性と疲労感程度および自覚症状との関連,さらに疲労感と対処行動との関連を知ることを目的とした。対象の女性RA患者を,CRP値により非炎症群(81人),炎症群(119人)の2群に分け,健康女性81人を対照群とし,疲労感程度,自覚症状,対処行動を調査した。その結果,CRP高値群は低値群と対照群に比べ疲労感が強く,特に身体的な疲労感を強く自覚しており,対応的な対処行動をとる傾向が強かった。