English
慶應義塾大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
不破 有理 
フワ ユリ 
FUWA YURI 

J-GLOBALへのリンク

経歴
大学助手(経済学部)  1982/04-1991/03 
大学助教授(経済学部)  1991/04-1998/03 
大学学生部委員(日吉支部)  1991/10-1993/09 
大学経済学部学習指導副主任  1995/10-1997/09 
大学経済学部学習指導副主任  1997/10-1999/09 
大学教授(経済学部)  1998/04-現在 
日吉英語部会 代表幹事  2002/10-2004/09 
経済学部 運営委員  2005/10-2009/09 
教養研究センター副所長  2008/10-2010/09 
慶應義塾大学 教養研究センター所長  2010/10-2014/09 

学歴
ケンブリッジ大学ホマトン・コレッジ  1979/06/30  その他  英国 
ウェールズ大学(バンガー校)  修士  1990/09/30  修了  イギリス 
慶應義塾大学  文学研究科  修士  1982/03/31  修了 
慶應義塾大学  文学研究科  博士  1985/03/31  単位取得退学 

研究分野
アーサー王文学 

研究キーワード
マロリー、サー・トマス 
テニスン、アルフレッド 

研究テーマ
ウェールズとイングランドの国家意識の変遷からみる社会史としてのアーサー王伝説研究  2007-2009 
トマス・マロリー『アーサーの死』の出版史から探る18、19世紀英国の中世主義  2016-現在 

競争的資金等の研究課題
トマス・マロリー『アーサーの死』の出版史から探る18、19世紀英国の中世主義  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016-現在 
ウェールズとイングランドの国家意識の変遷からみる社会史としてのアーサー王伝説研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2007-2009 
18,19世紀英国における中世主義の復興と変容の研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  1995-1997 
ウェールズの文献から捉えた18,19世紀英国の中世主義の研究  補助金  1992-現在 
詳細表示...

研究業績(著書)
Reprinting Malory: Walker, Wilks, and Southey  不破 有理   pp.3-46  Edition Synapse/ Eureka Press  2017/02/20 
アーサー王物語の集大成:サー・トマス・マロリーの『アーサー王の死』(Sir Thomas Malory,Morte Darthur,1485年)Walker版(1816年)、Wilks版(1816年)、Southey版’1817年)の復刻によせて  不破 有理  51-101  発行所:エディション・シナプス  発売元:ユーリカ・プレス  2017/02/20 
「よりよいテクスト」探索の旅: サー・トマス・マロリー『アーサーの死』をめぐる数奇な出版事情と編集者たち」『旅の書物・旅する書物』  不破 有理  39-71  慶應義塾出版会  2015/09/30  978-4-7664-2261-0 
The Editor at Work: Joseph Haslewood’s Edition of Malory (1816)  不破 有理  59-68  名古屋:楽瑯書院  2011 
War and Peace: New Perspectives in European History and Literature, 700-1800  不破 有理  349-375  Berlin:Walter de Gruyter  2011 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
単著  Does Format Matter? ―トマス・マロリー『アーサー王の死』 1816年版Walker editionの判型を解読する  不破 有理  慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学  68, 1-24  2016/10/31 
単著  The Editor at Work: Joseph Haslewood’s Edition of Malory (1816)  不破 有理  Mythes, Symboles et Images I  篠田知和基  59-68  2011 
研究論文(学術雑誌)  単著  負の英雄の誕生―アーサー王の息子・甥モードレッド  不破 有理  アジア遊学(特集古今東西のおさな神)  87, 120-132  2006/05/20 
研究論文(学術雑誌)  単著  偶然の悲劇―トマス・マロリー『アーサー王の死』におけるunhappyとジョン・リドゲイト  不破 有理  『言語文化(アーサー王特集)』  22, 38-51  2005 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  単著  アルフレッド・テニスンの『国王牧歌』における紋章 (その1)  不破 有理  Mythes Symboles Litterature 『神話・象徴・文学』  III, 557-565  2003/12/25 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
口頭発表(一般)  頭韻詩『アーサーの死』とルナールの息子  国際アーサー王学会日本支部年次大会  2016/12/17 
口頭発表(基調)  「マロリー以降――『アーサーの死』の出版史と中世復興と大英帝国」  第35回日本ケルト学会  2015/10/18 
口頭発表(一般)  Paving the way for the Arthurian Revival--William Caxton and Sir Thomas Malory’s King Arthur in the eighteenth century  国際アーサー王学会英国支部大会  2015/09/08 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  シンポジウム「いま「十字軍」を問う---14世紀の資料・文学から読み解く十字軍の表象」において「誰と戦うのか---Alliterative Morte Arthureを通してみる14世紀の異教徒と十字軍」  第85回日本英文学会   2013/05/25 
口頭発表(一般)  The Editor at Work: Joseph Haslewood's Edition of Malory (1816)  第23回国際アーサー王学会  2011/07/30 
詳細表示...

研究業績(芸術系活動、フィールドワーク等)
教育上の業績  経済学部英語共通科目StudySkillsのテキスト (Writing Section)作成  2003/11-2004/04 
詳細表示...

担当授業科目
英語セミナー(上級) 
Study Skills 
英語セミナー(上級) 
自由研究セミナー「英詩と絵画で読むアーサー王物語――“Lady of Shalott”の世界」 
詳細表示...

所属学協会
日本中世英語英文学会  2010/04/01-現在 
日本中世英語英文学会  2009/01-2009/12 
日本中世英語英文学会  2007/12-現在 
国際アーサー王学会(日本支部)  2006/01/01-2008/12/31 
日本ケルト学会  2003/10-現在 
詳細表示...

委員歴
国際アーサー王学会(日本支部)  会長  2015/01-2017 
日本中世英語英文学会  編集委員  2010/04/01-現在 
日本中世英語英文学会  大会準備委員長  2009/01-2009/12 
日本中世英語英文学会  評議員  2007/12-現在 
国際アーサー王学会(日本支部)  副会長  2006/01/01-2008/12/31 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら