English
慶應義塾大学 
文学部 
人文社会学科 人間関係 

教授 
伊東 裕司 
イトウ ユウジ 
ITOH YUJI 

1955年生まれ  
 

J-GLOBALへのリンク

経歴
大学助手(文学部)  1982/04-1988/03 
大学専任講師(文学部)  1988/04-1992/03 
大学通信教育部学生部副部長  1991/10-1993/09 
大学助教授(文学部)  1992/04-2000/03 
大学通信教育部学習指導主任  1993/10-1995/09 
大学通信教育部副部長  1995/10-1997/09 
大学通信教育部副部長  1997/10-1999/09 
大学教授(文学部)  2000/04-現在 
社会学研究科委員  2005/04-現在 

学歴
慶應義塾大学  文学部  1977/03/31  卒業 
慶應義塾大学  社会学研究科  修士  1979/03/31  修了 
慶應義塾大学  社会学研究科  博士  1982/03/31  単位取得退学 

学位
博士(心理学)  慶應義塾大学  2005/02/22 

研究分野
実験心理学 

研究テーマ
顔の記憶における言語隠蔽効果:生起条件と生起メカニズムの解明  2006-2008 
目撃者の記憶における同調効果:MORIテクニックによる検討  2004-2007 
裁判員の判断における個人差:認知欲求得点との関連  2006-2008 

研究業績(著書)
Memory and Society: Psychological perspective  伊東 裕司  159-169  London, New York: Psychology Press  2006 
目撃者の心理学  S. L. Sporer, R. S. Malpass, and G. Koehnken  ブレーン出版  2003 
日常認知の心理学  伊東 裕司  88-106  北大路書房  2002 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  単著  法と心理学のまなざしと、その再検討:協働をもとめて 一心理学者からのコメント  伊東 裕司  法と心理  9/ 1, 61-62  2010 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  未来についての想像が顔の再認課題へ及ぼす影響  日根恭子・野内類・伊東 裕司  慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要  69, 145-156  2010 
研究論文(学術雑誌)  単著  Effects of defendant's background on lay judges’ decisions  伊東 裕司  CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility  3, 191-196  2010 
研究論文(学術雑誌)  共著  The verbal overshadowing effect in memory for pictures  伊東 裕司  CARLS Series of Advanced Study of Logic and Sensibility  2, 233-246  2009 
研究論文(学術雑誌)  単著  目撃供述の信頼性:人物同一性判断を中心に  伊東 裕司  言語  38/ 9, 20-27  2009 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
心理学における実証的研究とガイドライン  法と心理学会第4回大会  2003/10/11 
証拠の採用・不採用が他の証拠の理解・判決に及ぼす影響  法と心理学会第4回大会  2003/10/11 
話し合い,および同調に対する注意が目撃者の記憶に与える影響  法と心理学会第4回大会  2003/10/11 
情動的ストレスが記憶に及ぼす影響:空間的中心性と内容的中心性  第1回日本認知心理学会大会  2003/06/28 
空間表象方略が整列効果に与える影響  第1回日本認知心理学会大会  2003/06/28 
詳細表示...

所属学協会
The Society for Applied Research in Memory and Cognition  2004-現在 
日本認知心理学会  2003-現在 
法と心理学会  2000-現在 
日本心理学会  1977-現在 
詳細表示...

委員歴
The Society for Applied Research in Memory and Cognition  会員  2004-現在 
日本認知心理学会  理事  2003-現在 
法と心理学会  編集委員  2000-現在 
日本心理学会  会員  1977-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら