English
慶應義塾大学 
医学部 
小児科学 

専任講師(有期・医学部) 
三橋 隆行 
ミツハシ タカユキ 
MITSUHASHI TAKAYUKI 

J-GLOBALへのリンク

経歴
慶應義塾大学医学部特別研究助手  2006/04-2007/03 
慶應義塾大学医学部特別研究講師  2007/04-2012/06/30 

学歴
慶應義塾大学  医学部  医学科  1997/03/31  卒業 
慶應義塾大学  医学研究科  内科系小児科学  博士  2001/03/31  単位取得退学 

学位
博士(医学)  慶應義塾大学  2002/03/31 

研究分野
解剖学一般(含組織学・発生学) 
小児科学 
胎児・新生児医学 

研究キーワード
小児神経 
神経発生 
大脳皮質 
大脳皮質構築異常 
発達障害 
知的障害 

競争的資金等の研究課題
胎児脳・未熟脳における星状グリアの産生メカニズムの解明と治療応用にむけた機能解析  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2017/04/05-2020/03/31 
母体低栄養がエピジェネティックに大脳皮質構築に与える影響に関する研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2016/04/06-2019/03/31 
先天奇形症候群の大脳皮質発生異常にエピジェネティクス機構が果たす役割に関する研究  補助金  科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)  2014/04/06-2017/03/31 
神経細胞数の増加に伴う大脳皮質の肥厚化が高次脳機能に与える影響の解析  その他  公益財団法人小児医学研究振興財団 平成25年度  2014/04/01-2015/03/31 
抗てんかん薬胎内曝露による大脳皮質発生障害メカニズムの解明とその予防戦略の模索  その他  公益財団法人 てんかん治療研究振興財団 平成25年度 研究助成  2013/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

研究業績(著書)
ガイドラインと最新文献で学ぶ小児科学レビュー2016-17  高橋孝雄,藤村公乃,三橋隆行.  脳形成異常  総合医学社  2016/05  978-4-88378-640-4 
続・イメージからせまる小児神経疾患50 ―症例から学ぶ 診断・治療プロセス―  三橋隆行,高橋孝雄.  脳回形成メカニズムと大脳皮質内神経細胞数の変動について  診断と治療社  2015/11/25  978-4-7878-2231-4 
ネルソン小児科学 原著第19版  三橋 隆行  26部 586章 小児期における発作(和訳)  エルゼビア・ジャパン  2015/04/27  978-4-86034-293-7 
発達科学入門2 胎児期~児童期  三橋隆行,吉井 聡,高橋孝雄.  3-19  東京大学出版会  2012/02/29  978-4-13-015142-9 
Encyclopedia of Neuroscience  Mitsuhashi T, Takahashi T.  588-591  Springer-Verlag, Berlin  2009  978-3-540-23735-8  URL 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  共著  Adverse effects of prenatal and early postnatal exposure to antiepileptic drugs: Validation from clinical and basic researches.  Fujimura K, Mitsuhashi T, Takahashi T.  Brain & Development  The Japanese Society of Child Neurology  39/ 8, 635-643  2017/09  10.1016/j.braindev.2017.03.026 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  小児におけるてんかん症候群  三橋 隆行  診断と治療  診断と治療社  105/ 7, 859-863  2017/07/06 
(MISC)書評,文献紹介等  単著  メチルフェニデートによるADHD治療 開始後早期に心筋梗塞と不整脈のリスクが増加  三橋 隆行  MMJ  毎日新聞出版  13, 20-21  2017/02/15 
(MISC)総説・解説(商業誌)  脳幹・小脳の発生異常  高橋孝雄, 三橋隆行.  小児疾患診療のための病態生理3 改訂5版 小児内科  東京医学社  48, 247-251  2016/11 
研究論文(学術雑誌)  共著  In utero exposure to valproic acid induces neocortical dysgenesis via dysregulation of neural progenitor cell proliferation/differentiation.  Fujimura K, Mitsuhashi T, Shibata S, Shimozato S, Takahashi T.  Journal of Neuroscience  36/ 42, 10908-10919  2016/10/19  10.1523/JNEUROSCI.0229-16.2016 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
ポスター発表  Valproic acid exposure in utero causes neocortical dysgenesis: Altered proliferation/differentiation pattern of neural progenitor cells  Neuroscience 2015  2015/10/21 
ポスター発表  In Utero Exposure to Valproic Acid Causes Cerebral Cortical Dysgenesis in Mice  The 13th Asian and Oceania Congress of Child Neurology  2015/05/15 
ポスター発表  バルプロ酸ナトリウム胎内曝露がマウス大脳皮質発生に与える影響  第49回慶應ニューロサイエンス研究会  2015/02/21 
口頭発表(一般)  小児急性リンパ性白血病治療関連けいれんの原因の変遷  第55回日本小児神経学会学術集会  2013/06/01 
ポスター発表  In utero exposure to dioxin causes neocortical dysgenesis through the actions of p27Kip1.  The 41st annual meeting for Society for Neuroscience  2011/11/14 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
平成17年度 私立大学情報教育協会賞  患者データベースを用いた臨床実習システム  2006 
平成17年度 太田敬三記念賞  ダイオキシン胎内曝露が大脳皮質発生に与える影響に関する研究  2006/06 
詳細表示...

教育実績
遠隔カンファレンスシステムを活用した臨床医学教育の推進  2012/07-現在  地域中核病院と大学病院とを遠隔カンファレンスシステムにより接続し、大学における講演会を最大12か所の教育関連施設と接続して年平均6回開催した。また医学部の専修医センターと連携し、専修医センター主催の講演会についてe-learning化し、他科の大学病院・教育関連施設間連携を推進した。 
ストリーミング配信システムを活用した臨床医学教育の推進  2007/07-現在  小児科学教室で開催される講演会、抄読会、クルズスを録画し、インターネット経由で視聴可能とするストリーミング配信システムを構築した。IDとパスワードで管理された当科e-learningサイトから視聴できるようにした。 合計2,780件のコンテンツを作成し、ストリーミングを視聴した研修者は延べ6,884名であった。学習者は主に教育関連施設に在籍中の専修医、在宅女性医師、留学中の医師、医学生、教室関連の開業された医師であり、教育環境の均てん化に貢献した。 
詳細表示...

所属学協会
日本小児科学会  1997/05-現在 
Society for Neuroscience  1999/10-現在 
日本小児神経学会  2002/03-現在 
乳幼児けいれん研究会  2002/05-現在 
国際小児神経学会  2006/05-現在 
詳細表示...

委員歴
日本小児科学会  会員  1997/05-現在 
Society for Neuroscience  会員  1999/10-現在 
日本小児神経学会  会員  2002/03-現在 
乳幼児けいれん研究会  会員  2002/05-現在 
国際小児神経学会  会員  2006/05-現在 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら