English
慶應義塾大学 
薬学部 
薬学科 

准教授 
齋藤 義正 
サイトウ ヨシマサ 
Saito Yoshimasa 

研究業績(著書)
遺伝子診断と個別化医療.「ゲノム創薬科学」  齋藤 義正  pp269-287  裳華房  2017/10/20 
エピジェネティクスとアンチエイジング医学.「アンチエイジング医学の基礎と臨床」第3版.  齋藤 義正  pp42-44  メジカルビュー社, 東京  2015/09/20 
Advanced Glycation End-products (AGEs)阻害薬がOLEFTラットの肝および脂肪組織に及ぼす影響. 「酸化ストレスと肝疾患 8巻」.  木村真規、南雲まい、飯田陽子、山田華名、齋藤義正、齋藤英胤.  pp67-72  株式会社嵯峨野, 東京  2012/09 
加齢と消化器系の変化.「高齢者用食品の開発と展望」.  齋藤義正、齋藤英胤.  pp7-12  シーエムシー出版, 東京  2012/07 
詳細表示...

研究業績(原著論文・解説)
研究論文(学術雑誌)  Bile acid metabolism regulated by the gut microbiota promotes non-alcoholic steatohepatitis-associated hepatocellular carcinoma in mice.  Yamada S, Takashina Y, Watanabe M, Nagamine R, Saito Y, Kamada N, Saito H.  Oncotarget  9/ 11, 9925-9939  2018/06/06 
研究論文(学術雑誌)  共著  機能性食品とアンチエイジング 消化機能低下の予防  齋藤 義正、齋藤 英胤  モダンフィジシャン  新興医学出版社  38/ 4, 357-359  2018/04/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  Induction of differentiation of intrahepatic cholangiocarcinoma cells to functional hepatocytes using an organoid culture system.  Saito Y, Nakaoka T, Muramatsu T, Ojima H, Sukeda A, Sugiyama Y, Uchida R, Furukawa R, Kitahara A, Sato T, Kanai Y, Saito H  Sci Rep  8/ 1, 2821  2018/02/12  10.1038/s41598-018-21121-6 
研究論文(学術雑誌)  共著  Gut microbiota-mediated generation of saturated fatty acids elicits inflammation in the liver in murine high-fat diet-induced steatohepatitis.  Yamada S, Kamada N, Amiya T, Nakamoto N, Nakaoka T, Kimura M, Saito Y, Ejima C, Kanai T, Saito H  BMC Gastroenterol.  17/ 1, 136  2017/11/29  10.1186/s12876-017-0689-3 
共著  Aberrant DNA Methylation as a Biomarker and a Therapeutic Target of Cholangiocarcinoma.  Nakaoka T, Saito Y, Saito H.  Int J Mol Sci.  18/ 6, E1111  2017/05 
詳細表示...

研究業績(口頭・ポスター発表)
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  慢性胃炎・胃がんとピロリ菌  第102回日本消化器病学会関東支部市民公開講座  2018/09/15 
ポスター発表  企業におけるヘリコバクターピロリ感染に関する意識調査  第24回日本ヘリコバクター学会学術集会  2018/06/30 
ポスター発表  Helicobacter pyloriに対する3次および4次除菌治療におけるボノプラザンの効果に関する検討  第24回日本ヘリコバクター学会学術集会  2018/06/30 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  常在細菌の代謝産物butyrateはH. pylori感染胃粘膜において発がんリスクを増強する  第24回日本ヘリコバクター学会学術集会  2018/06/29 
口頭発表(一般)  胆道系悪性腫瘍由来オルガノイドの長期培養と創薬研究への応用  第54回日本肝臓学会総会  2018/06/15 
詳細表示...

研究業績(知的財産権等)
特許  がん幹細胞集団の調製方法、異種移植片の調製方法、スクリーニング方法、miR-34aの発現量を低下させる方法及びがん幹細胞増殖抑制剤  特願2015-142164  2015/07/16 
詳細表示...

受賞歴(賞、称号)
第18回日本抗加齢医学会総会 最優秀演題賞  腸管上皮オルガノイドを用いたステムセルエイジングの検討  2018/05/27 
日本抗加齢医学会優秀演題賞   オルガノイド培養法により樹立した腸管上上皮幹細胞における stem cell aging の検討.   2016/06  プログラム・抄録集: 174, 2016/6/10/12. 
日本抗加齢医学会優秀演題賞   高脂肪食摂取時の脂肪組織における老化マーカー遺伝子の発現変化とDNAメチル化阻害薬の効果.   2016/06  プログラム・抄録集: 170, 2016/6/10/12. 
慶應義塾大学薬学部学部長賞  2015 
Best poster award  Dysfunctional gastric emptying with downregulation of muscle-specific microRNAs in Helicobacter pylori-infected mice.  2012/01 
詳細表示...

  KOARAへのリンク KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら
  KOARA(慶應義塾大学学術情報リポジトリ)についてはこちら